Sat,September 08,2012

CSI:ベガス11#21「この世の地獄」

えーと、前回の続きなので、つまりまたハスケル話なのでウンザリ!なのだけれど、続けてああいう書き方もどうかと思うので一応いつもの形に……うーんでも書くことないかもしれない。ハスケルにはウンザリよって話しか。しかし凄いサブタイトルだこと。

■CSI:ベガス11#21「この世の地獄」

身元不明の死体。ハスケル。前回の続き。

続きを読む
posted by sei at 23:00 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sat,September 01,2012

CSI:ベガス11#20のこと

……の日なのですが。今日のハスケルネタなのよ。私ホントにこのシリーズ飽きまして、うんざりしているのよね。教授はとても好きなんだけれど、ハスケル絡みはウンザリ。もうあの顔見たくないし、彼のとりまき女性陣もウンザリなの。

というわけでもう感想はパスします、という話。もういっそ普通に飛ばしてもいいかなと思ったんだけれど、後で自分で見てなんで飛んでるんだろう、とか思いかねないので、書いておくことにしました。ゴメン。

あ、サブタイトルは「惨劇へのプロローグ」でした。つまりまだこれが続くっていうね……。教授はもっと見ていたいのだけれど、ハスケル関係はもういいよというこのジレンマ。困るわ。ただ、顔を整形した可能性があるというのはほんのちょっとありがたいかもしんない。あくまでも可能性だけれど。顔というか俳優さんが変わるとちょっと気分変わるからね。でもあんまり貧相でも困るわ。
と思っていたのだけれど、ラストにちょっと出たし。整形といえば整形でしょうか。うーん分かんない。あんまり変わらないよね。

……それにしてもグロいエピソードでありました。死体がね、腐ってたりとかですね、それがまあわらわらとですね……。勘弁してください。

でもインサイドにロビンス先生がでてきてくれたから、かなり癒されたよ。
posted by sei at 22:51 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sat,August 25,2012

CSI:ベガス11#19「レディ・ヘザーの治療室」

最近、家にはいても次の日でかけるからとかで全く落ち着かないことが少なくないのだけれど、今回もそれです全くもう。せっかくのレディ・ヘザーなのに。しかも、出かける前にトラブルがあってまいったまいった。でも出かけている間じゃなくて良かったかもしれない。
……ただ、本当のところ、動くパワーが残っていないのです……。これを書くのにパワーを使っている場合ではないような気も。まあ最近簡略化してしまっているけれど。最近短く短く書く必要があることが多すぎる。どんどん長いものが書けなくなってきて……そうでもないね。長い時は長いわ。

■CSI:ベガス11#19「レディ・ヘザーの治療室」

山で死んだ女性。彼女は生前にレディ・ヘザーのセラピーを受けていた。教授、サラ担当。
クローゼットの中で首を釣っていた女性。妊娠しており、現場にかけつけたロビンスとニックは赤ん坊をとりあげる。

続きを読む
posted by sei at 23:50 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sun,August 19,2012

CSI:ベガス11#18「ギャンブルラボ」

オリンピックは終わったものの、今度はゲームモード入ってしまったというか強制的に入れられたというか、つまり今ドラクエ中で話にならないのです。何このスケジュール。しかもこんなことばかり書いていると仕事してないみたいだわ。勿論しています。で、無理して今ちょっと風邪っぽくて怖い。

■CSI:ベガス11#18「ギャンブルラボ」

ラボで殺人・事故死・自殺の3種類が、ひとつのシフト中に起こっているという話が出る。残るは自然死。このサイクルヒットが出るかどうか?皆で賭けをする。

続きを読む
posted by sei at 09:39 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Mon,August 13,2012

[Game]レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章

レゴシリーズが大好きなものですから。ハリー・ポッターの第四章までならけっこう何度か見たりしているからより良いだろうと思ったものですから。ただし1は良く見ているし今でも放送タイミングが合うと見る、2も見るほうかな……なのだけれど、3は途中で寝てしまうし4はあんまり見ていない(多分2回見たかどうか)なので微妙に不安ではあったのです。レゴシリーズって、そこが良いところでもあるのだけれど、ゲームとしての出来は良いと思うけれどあくまでも「パロディ」として作られているから、元が好きで良く知っている人が更に倍以上楽しめる、という作りだからね。

どうだったかというと、そのへんは流石レゴシリーズ。雰囲気とかエピソードとか再現半端ない、と私は思いました。ハリー・ポッターシリーズの大ファンというわけではは全く無いので(第一作でその世界観が素晴らしいなと思ったくらい?)評価が甘いのは承知で言いますが。
そしてレゴなので相変わらずカワイイ。ちまちま動く様はもう大好きです。レゴなのにまさにそのキャラに見えるっていうのが流石。

ただ、そういやハリー・ポッターなので、今までレゴでプレイした、スターウォーズやバッドマンのようにドンパチじゃないわけですよ。そういう作りには出来ないわけです。ある程度の対戦はあるにしてもそれはメインではないわけで、つまり、やることは結果的にいつものレゴではあるのだけれど、ドンパチではないので、一体全体なんだって私はこんなことをしているんでしょう、という気にならないでもないのよね。いつものレゴとやることは一緒なんだけれど。オブジェを破壊しまくって組み立ててパズル的要素で先に進むっていうのは。更にそれに「無駄な戦闘がない」ことで行き詰まり感もかなり減って入るのですが、その分やっぱり「自分何やってるんですかね」的な気分になってしまう。ただハリーポッターの世界に入り込んで少しずつ魔法を覚えてそれでちょっかい出すだけ、みたいな。
正直、くどいようですが今までのレゴシリーズも仕組みが違うだけでお約束としては一緒で、ゲームとしての作りは全く問題ないのだけれど、それでも時々我に返ってしまうのよ。「なんでここで魔法使って暴れているんですかね私は」って。学校とか壊しまくりだしね!いやスターウォーズでもやっていることは一緒だったんですが、明らかな敵がいるかいないか、ってこんなに雰囲気が違うものかと……。

あと、漏れ聞こえてきたバグがちょっとひどい。パーフェクトプレイをしたい身にとってはキツイ。私が覚えているのは「とある場所のレッドブロックを先にとってしまうとその後ゴールドブロックがゲットできなくなる」というヤツですが。どんなバグですか治して下さいお願い。
このバグと、最初は楽しいホグワーツのマップが煩雑過ぎるが故にパーフェクトプレイは投げてしまったよ。きちんと攻略して、またここにまとめを書こうと思っていたのに……。残念すぎます。最初は本当に頑張ってメモをとっていたのだけれど、そんなわけで怖くてレッドブロックがとれない(※その場所がどこか分かっていなかったので)≒ゲームを有利に進められない、更に同じところを何度もウロウロする羽目に陥り、やる気があった頃は自力で写真撮ってマップを作ろうかと思ったくらいでしたが、どう考えても面倒くさすぎたのであっさり挫折。早。ちょうどPCがイカレて新しいものにしたばかりの時期で、使い慣れたソフトが入っていなかったせいもトテモあると思います。なんという理由。あと、外部から他の大変楽しいゲームが来てしまったことがありますがそれはとりあえずおいときます。

つまり、いつものステキなレゴシリーズなのですが、バグが残念すぎるっていうのが結論かな?基本の出来がいいだけに勿体無い話だこと。

一応私的にこれはまずいなと思ったところだけ羅列しておきます。
・バグが致命的。(私が挙げた以外にもあるようなので、気になる人は調べて頂けたらと)
・ホグワーツのマップが広い上に煩雑すぎ。アイテム集めに興味なければ問題ないところではあります。
・キャラが無駄に多くてチョイスが面倒。正直、パーフェクトプレイを求めていなければ、ある程度効率だけ考えてキャラを購入していったほうが良さげ。
レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章(通常版)レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章(通常版)

ワーナー・エンターテインメント・ジャパン 2011-04-21
売り上げランキング : 5968

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 21:48 | TrackBack(0) | Game | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。