Wed,August 17,2005

眠りへのいざない

オハヨウゴザイマス。
気がついたら眠っていました。でも寝る前に妙な行動をしたらしく、TVのタイマーで起きてしまいました。そんな密かな音でも(音声自体は何故かoffになっていて、だからそれこそTVのスイッチが入った音のみ)起きてしまう自分がちょっとどうかと思います。だから熟睡したい時は安定剤とかに頼らないとならなくなってしまうのだけれど。

とはいってもあの類の薬も怖いので、使うのは旅行先とかでくらい。ある程度きちんと時間がとれないと起きた時にどうしようもなくなってしまうし。
しかしいつだったか同行した人に貰った、これだと軽いから平気、って貰ったいわゆる睡眠導入剤、なのかな?あれは、私にとっては無意味ではありました。眠れない!っていう場合だけだったらいいのかもしれないけれど、その後の睡眠が浅いから困るんであって、最初に眠りに入れたら良し、というタイプではないから問題です。

こういうのって、一緒に眠る人にも神経使わせるから良くないなと思うのですが、実際の所私の周りにはそんなに神経細かい人はいないんだった。同質の人はいるのだけれど。血は争えない、と思います。いいんだか悪いんだか。

元々幼少時からどうしようもなく夜行性だったらしい私なので、そのあたりもますますまずいのだとは思うのですが、あれだけ改善しようとして色々やって、でも身体はそれに対応しても脳は対応しないから半分死んでるような状態になって、っていうのは本気で人間として如何なものかと思う次第。

しかし最近読んでいる本のおかげで、とにかく寝てしまうのです。多分お盆で色々あって疲れているというのもあるんでしょうが、それ以前から読んでいる気もするので多分半分は本のおかげです。なかなか進まないなあアレ。感想書きたいなと思っているんですけれど。感想というか勉強後の成果、かもしれない。

それで今日というか昨夜も気がついたら寝てしまっていたのですが、起きた時間が3:30すぎくらいだったせいかどうか、起きしなにもかかわらず頭が回転しているわけです。起きた時からフル回転です。いいタイミングで起きようがなんだろうが朝は弱い!という自覚がある私ですが、この時間であるならばまだきっと朝ではないんですね。
でもこれ書いている最中に私の身体の中での朝が来てしまったようなので、もうヤバイなと思いつつの記事です。読み直しが効かないからヤバイかも。明日、じゃないや、今夜読んで気が遠くなりそうな予感も少し。まあいっか。

さてもうちょっと寝ようっと。なんにせよロクな内容じゃないわねコレ。スイマセン。


posted by sei at 04:26 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Wed,August 10,2005

今月の星空

ディスカバリーが無事に帰還したようで一安心。今回は時間帯的に生放送はなかったっぽいけれど、普通帰還の映像は生放送とかやんないか今時。
それでもとりあえずチャンネル回しまくる私はなんなんでしょう。ちょっと酔っぱらっていたというのもあると思うんだけれど。今日は一体なんだってビール一杯で酔いが回ったのかって空きっ腹に一気飲みしたからなのは分かっているんだけれど。でもこういう酔いは10分くらいしか持たないのよね。そのまま飲み続ければ別なんだろうけれど。ガッカリ。

ちなみに個人的には黒ビールがとってもとっても大好きです。量はいらないの、コクのあるヤツをそこそこの量頂きたいの。でないと炭酸でお腹がいっぱいになっちゃう、というか無駄にお腹がふくらんで後でしんどくなることがあるから。

ディスカバリーの話です。

野口さん搭乗のディスカバリー、無事帰還

いやでも何事もなかったようだから、これから更に話展開することが出来ないような気が。

では今月の天体の話でも。既に上旬過ぎていますが。

8月って言ったら定番のペルセウス座流星群です。12日がピークかな?月も上弦の月で早い時間帯に沈んでしまう筈だから、晴れてさえいればかなり好条件な筈。もーざくざく流れる筈。学生時代よく天体観測したものです。そして首を痛めたり耳を痛めたり(FM観測も併用したので)したものです。いやー懐かしいね。ナントナクまだ酔っぱらってる気がします。スミマセン。全然10分で醒めてないし。その後また飲んでただろうっていうツッコミはナシでオネガイシマス。
で、えーと、でも冬場よりやっぱり空の透明度が低いので、その分見にくいのが残念ですけれど。夏場って下手すると近場でナイターとかやっていて明るくて星空見にくいわー!とかいうこともあるし。

そういえば、以前どこかで新しい惑星のNewsを寝ぼけながら見たはずなのにどこにも出てこない!と嘆いていたことがありますが、多分コレの話。

■太陽系に第10惑星か、冥王星の1.5倍 NASA発表
http://www.asahi.com/special/space/TKY200507300143.html

多分ですが。だって私がなんとなく見たと思っている時期と被っていないんだもの。ドウイウコト。やっぱり他の話なのかなあ。でも多分太陽系の惑星の話だったと思うのよね。
posted by sei at 00:18 | TrackBack(2) | 雑記 | 管理用

Tue,August 09,2005

珍しく今日(既に昨日だけれど)話題一番(多分)のNews

否決かー。解散かー。

という話題は私のこのブログには如何なもんかと思うので適当にお茶を濁しますが。というかそれ以前にこの内容で何か大層なことが書けるわけではない脳みその持ち主である、ということが問題な気もしますが。

ただ、こういうことがあると、政治に興味が持ててそして関心が高まったりするのが悪くないかな、とちょっとだけ思うのでした。自民党はどうなるのかな?とか面白いところだと思うし。面白いだけじゃないけれど。人ごとでもない問題だし。

しかし今回は、いつもそんなに集中して見たり読んだりしないニュースをやっぱりぼーっと聞いていたせいか、そういや憲法7条ってどんなんだっけ?とか思ったのです。なんたってそういうものを学んだ過去からかなり経ちますので記憶が朧気なのです。ダメっぽい。
でも分からなかったり思い出せなかったら調べればいいのです。試験じゃないんだから。

で、調べて。あっそーか、天皇の国事行為の話だったか、と。そういえば衆議院の解散ってそっちだったわね。完全に忘れていたけれど。ホントに頭が弱くて失礼します。というか、このあたりを学んだ時って、表面上の言葉として適当に覚えただけで、内容考えて覚えたわけではないっていう無駄勉強しただけだったから、やっぱりそういう知識ってすっぽり抜けるもんなんだなあと思った次第です。どれだけ要領が良くないとか無駄だとか言われても、そういう内容が伴わない知識というのは無駄なことが多いなと思う次第です。少なくとも、私には。

そして後は総選挙待ち(※話が戻ってます)。
こっちは第54条…だっけ?数字で第○条とかってなかなか覚えられないのだけれど、っていうか覚えてどうするっていうかやっぱりそれも無駄かなあとか、思わないでもないですが。第9条とかみたいな有名どころはさておき。
まあとにかく、それに従って今日(スイマセンもう昨日でした)から40日以内に総選挙、そして30日以内に召集です。投票は9月11日でしたか?忘れないようにしなくては。

しかしこの空白の期間、色々と大丈夫なんですかね。まあなんとかなるものだけれど。
posted by sei at 00:34 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Mon,August 08,2005

トラックバックの文字化けとか

そういえば目一杯文字化けってるんだけれど、原因はなんなんだろう、とちょっと気になっただけの話です。今まで自分のところではなかったような気がするのです。ヘンなのが入っているのは、何かのタグがそのまま出ているとかそういうものだけだった気がするのです。何か、どこからか決まったところからのは文字化ける率が高いとか、そういうことがアリなんでしょうか。知らないでいいかげんなこと言っていますが。

でも気になりつつ、調べる余裕がないのです。ただでさえちょっと時間がとれない日々なのですが、それ以上に何より暑さで頭が弱っている時間帯が長いのです。メールすらまともに対応出来ていません(ゴメンナサイ)。

だけど、ちょっとパソコンから離れていることが多かったせいか、ここのところ背中に走っていた激痛が緩和されている気がするのです。気のせいかもしれないけれど、ちょっとめでたい。

というか、こんな話書いてる場合じゃなくて、ブンデス開幕!とか世界陸上開幕!とか書きたいわけですが、それ以上話展開出来ないのが問題でそのまま。バイエルンの試合見れるのはいつになるんだろう……。勝ったということだけは分かっているのだけれど。やっぱりFWのツートップはマカーイとロケだったことも知っているんだけれども。
posted by sei at 00:20 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sun,August 07,2005

「マリカの永い夜/バリ夢日記」という本

実は吉本ばなな氏の本をきちんと読んだのは初めて。手にとったことはゼロではないし、褒められた話ではないけれど、店頭で一気読みしてしまったことならある。本屋さんゴメンナサイ。
でも吉本ばなな氏の作品っていうと、そのくらい軽くて流し読みで充分で、その程度の時間しかとられないお手軽なものというイメージ、そして実際のところ特別心惹かれなかった、んだから仕方ない。

という文章を枕詞に持ってくると、「今まではそうだったんだけれど違う本に出会って印象が変わり、買ってみました」って展開の文章が続きそうだなーと自分でも思うのだけれど、スイマセン今回は図書館借り。ゴメン。単に最初本屋で探したのになかった、って話ではあるんだけれど。だからって取り寄せとかAmazon注文とかかったるくてやってらんなかった、ってのもあるんだけれど。つい最近とある本Amazon注文で取り寄せた癖に、とかそんなことは秘密で。

んで、借りた本はコレ。
4877280065マリカの永い夜;バリ夢日記
吉本 ばなな

幻冬舎 1994-03
売り上げランキング : 302,450
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バリが舞台になっている作品を探していたので読んでみたのです。身内に、旅行に行く前には出来ればその場所を扱っている小説を読みたい、という人物がいて、それが面白いと思っていたので。ガイドブック等もいいけれど、そういうのも面白い。実際それが逆の人だっているんだし。小説読んで、だからこそその場所に行ってみたくなるとか、そういうの。

しかし私は基本的には旅行記とかそっち系は好きなのです。小説も読むけれど、この本のように両方入ってしまっている場合、当然のように順番等無視してそちらから読んでしまいます。
そんなわけで先に「バリ夢日記」を読んでしまっていたので……「マリカの永い夜」は、そっちの何かをなぞらえているだけにしか読めなくて、ちょっと勿体なかった。順番は守るべきです。ゴメンナサイ。
だって「マリカの永い夜」、多重人格者のお話なんだけれど、それなのに重くなくて優しくてふわっと切ない話で、なかなかいいんだもの。多重人格の話っていうとダニエル・キイスの「24人のビリー・ミリガン」(※)あたりしか思いつかないので、余計かも。
でも「バリ夢日記」読んでしまった後だと、舞台裏分かりすぎなんだもの。私がやったことって、最初に後書き読んでしまったようなもの?もっとたち悪い?って思いました。

ただ、どちらにしろ、読むとバリに行きたくなるような本ではあると思いました。吉本ばなな氏が、バリにとてもいい印象を持っているということ、独特な雰囲気のある場所だということが伝わってくる。
もっとも、1994年の本らしいので、今のバリはどうなのかな?と思うけれど。サヌールってそんなに寂れてるの?とか、ウブドはやっぱりちょっと魅力的、とか。クタ&レギャンはやっぱり未だに爆破されたイメージが強いのだけれど復興後どうなっているのかなとか、そういえばこの本はその前の話なわけですが。
バリといえば観光地で、日々それはそれはめまぐるしく変わっていくところだと聞いているから、お店系は情報入れていってもあまりあてにならないんだろうけれど、ホテルですらあまりあてにならない、というか新しいものがどんどん出来ているからそういう意味で選択肢が増えすぎていたりするんだろうけれど、それでも行く前に読んでおくには悪くない作品だと、そう思いました。

で、バリに行くんかいと言われると今のところその予定なんだけれど……私が積極的に行きたいー!と言ったわけではない上に大変そうな旅行なので心のどこかで少々気が重くないことはないのだけれど、そんなもんは無視して楽しもうよー!と切り替えるのが私なので、気合い入れて気分転換を図っている今日この頃です。
でもさー、どうせならタイに行きたい(誰に言っているのか)。タイ好き。あそこの食べ物大好き。シンハー大好き。花より団子。でも行ったことのない所に行くのもいいもんよね。ケチャ見て来なくては。バロンダンスも捨てがたい。


※「アルジャーノンに花束を」が昔好きだったので、これも出た時にとびつきました。実話であるが故の強烈さはなかなか。ヒットしたからドキュメンタリーとかで映像も少しTVで見た覚えがあるけれど、非常に分かりにくい病気だなと感じました。少なくとも私は身近にいたら逃げるしか出来ないんじゃないかと思ってしまう。無理。ホント、無理。
……で、続編にあたる「ビリー・ミリガンと23の棺」も読んだけれど、とても半端な気がして、そして無駄に堂々巡りで、いや事実だとしても一応本の形をとっているんだからもう少しすっきりさせて下さいとか、なんか色々思いつつガッカリしてしまったのを覚えています。実際どうなんだろう……。未だによく分からない類のことです。
posted by sei at 00:40 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Fri,August 05,2005

「ハロー・オズワルド」の話

壁紙の話をした時に「ハロー・オズワルド」のことをついでに出しましたが、壁紙貰ってきている癖にそんなに詳しいわけではありません。

というかアニメそのものは数回しか見たことはありません。
ただ、デビルフィッシュなキャラクターがとてもとても気になっていたのと、数年前になると思いますが、何か飲料系のものにオマケであれのアイテムがついていて、それが犬だったこと、なんとなくかわいくてそのまま使っていること、等から少しだけ気になっていたキャラものでした。

WOWOWで放送していたのは知っていたし、その当時確かsoccer系の何かの前後にやっていたことがあったと思います。それでオープニングを見たりしたことはあって(ビデオにそのあたりだけひっかかっていたりしたから)、デビルフィッシュのわりにはなんか牧歌的で平和でとっても子供向きな優しいかんじの作品なのだなと、勝手に思っていました。音楽のせいもあるかもしれません。ほわほわしたかんじのものだったし。

が。
それでも一回機会があれば見てみようと思っていて、見た時の衝撃。
あの犬って、友達じゃなくてペットなのね……デビルフィッシュの。だってデビルフィッシュ、つまりタコです、しかも青色の(色は関係ないけれど)。タコのくせに犬をペットにしているだなんて普通思わないでしょうに。思わないのは私だけかもしれませんが、ずっとずっとあの犬は友達なんだと信じていたしタコがしゃべるんであればヤツだってしゃべるんだと思っていたのにワンワンとしか言わないし。そのわりに花とかはしゃべってるし。

この段階で、勝手に牧歌的な作品だと思っていた「ハロー・オズワルド」、私の中で「非常にシュールな作品」にイメージがすり替わりました。加えて言うなら、衝撃と共に好感度があがりました。

あがったはいいけれど、そんなわけで相変わらず詳しいわけではないので、今オフィシャルページ見ていたんですが……犬、犬ではないんですか!更なる衝撃。しかもメスなんですか!「イヌではなくホットドッグ」って意味が分かりませんが!
……そうか……イヌじゃなかったんだ……じゃあペットでも仕方がないね、と言うと思ったら大間違いだー!一体どういう作品なんですか。WOWOWでやってるうちにもう少し見ておけば良かった。

前回の記事にもリンクはりましたが一応。せっかくだからバナーも貰ってきてみました。どれにしようか悩んでしまったけれど、イヌ(じゃないらしいけれど)付のもので。

100*75.gif
posted by sei at 00:23 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sat,July 30,2005

出先より一筆

「塊魂病」が密かに再発し密かに進行していることに、数日前まで全く気がつきませんでした。おそるべし塊魂。

ビル群を見ると巻き込みたくなるのです。一年ちょっとぶりです。一年前主に巻き込みたかったものはプランターとかだったと思います。そのあたりは出なかったので治ったと思っていました。恐るべし塊魂。

バイエルンの試合の話は気が向いたらこっちにも書くかもしれないけれど期待せずにお願いします。そんな人いないって話も。
とはいえ、記念なのでバイエルンモデルにデザイン変更しときます。人のとこで何やってんだか。
posted by sei at 00:04 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。