Tue,January 02,2007

新年のご挨拶と「リ・ジェネシス」を見た話

Frohes neues Jahr!(新年あけましておめでとう!)

実に穏やかな正月でめでたい限りです。天候を気にしないでいいというのは、着物も着やすく出かけるのも出かけやすく、とてもありがたいもの。

というわけで何かとふらふらでかけてしまうので、今年は珍しく年末年始恒例の映画鑑賞を殆どやっていません。大晦日は結局Soccerを見ていたし。夕飯時に丁度3位決定戦を放送してくれていたのが嬉しくて。だってあの試合面白かったもの。

でも身内数人に、私はカーンファンなのだと思われていると気付いてちょっとびっくり。彼が写る度に教えてくれなくていいから。ごはん食べられなくなっちゃうから。
確かにカーンも大好きな選手の一人です。いいGKだし面白いもの。しかし「大好きな選手の一人」であって特別彼だけというわけではないのでおかしいなと一瞬考え込んだものの、多分、Soccerをそんなに知らない人の場合、ドイツ代表といったらやっぱり彼しか知らないんだという、それだけの理由な気が、凄くしました。
あとは多分、私は基本的にチームの説明を求められると先ずGKから細かく説明し出すから、印象が強いんだと思われます。しょうがないでしょ、詳しいのがGKなんだから。開き直り。

そして本日……じゃないわ、既に日が変わっているので昨夜ですが、元旦の夜は基本的に酒盛りをしているのでその間は見ているようで見ていないから色々ダメです。
但し、22時からは、やっぱりちょっと気になっていた「リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班」を見てみました。1話は殆ど寝ていたような気がしないでもないんですが。

というわけでこのドラマの1.2.3話を観賞。
タイトルから勝手に思いこんでいた事。一話完結もの、或いは続いても1.2話とか、そんな気がしていたんですが、コレ、思いっきり続きものタイプなんですね。してやられたわ。

ちょっと珍しいカナダ産のドラマです。
内容の軸は……えーと、サブタイトルの通り、バイオ犯罪に立ち向かう皆さんのお話、と思っていたんですが、それはそれで間違いではないんですが、見始めるとちょっと印象が違います。「犯罪」という言葉の印象が強すぎて、それに立ち向かうと言われてしまうと、なんとなく直で警察系といいますか、そっち系になるんだろうかと思ってしまったのですが、主役が博士とか言われているようにそっち系のスペシャリストであって国家権力ではないっぽい。いやこれはこれでそういうチームなのかも。
一話で多分半分くらい寝ていた私もとても悪いと思うんですが、だから先ず最初の設定を把握するまでにちょっとかかってしまいました。キャラ設定が分からないというか。

先ずはショッキングな、何かに感染したと思われる死体の山(ちょっといいすぎ)が強烈な始まりなわけですが、多分肝心な部分を見落としたと思われる私には、とてもまったり気味な展開に見えます。内容のわりには怒濤の展開ではなくてスピードもがんがん来ないので、ある程度安心してゆったり見ることが出来るドラマ。いや内容的にはそう安心は出来ませんが。
ただ、比較しても仕方ないんですけれども、コレ、同じ系のネタを「24」でやったら息つく暇もないだろうなと思うので、そういう所では独特のテンポを持ったドラマかなと感じます。
次々に色々な事が同時進行はしているんだけれども、そんなに無茶苦茶混乱しないので、そう極端に不安を煽られないというか……うまく説明出来ませんが、そんなかんじ。

ただし、単に私がアルコールをとりすぎて麻痺していた、とか、ウッカリ寝ていたから呆けていた、とかいう可能性も低くはないので、普通に見たらまた違うかもしれません。……見る時期が、とてもとても悪かった気が致します。そして、こんな見方しかしていないのに、それでも何か記そうとしている私も間違っている気がします。でも書きたい。たちわるいし。

とにかくそのせいでなんだか呆けた記し方になってしまっていますが、でも見ている間は結局気になって夢中で見ていたし、続きは凄く気になってしまうので、やっぱりこれから数日22時からは開けておかないとダメかもしれない。録画に頼るのが一番安心かも。

そういえば本日は、場所によっては「プリズンブレイク」の一挙放送があるみたいで、いいなあとか思ってしまったわ。こっちでもやっていたら録画してもいいなとちょっと思ったのよ。でもまあいっか。他のドラマも色々あるんだしね。

さてでは毎年この時期のネタはちっともまとまりませんが、コレも多分定番なので。
Alles Gute auch fu:r das Jahr 2007.(2007年のご多幸をお祈りします。)


posted by sei at 01:47 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sat,December 30,2006

[Bier]ビットブルガー(Germany)

ドイツビールは他のものを色々買いすぎて既に色々飲んでいるのでどれがセットのものだったかがアヤシイのですが、多分これじゃないかと思います。多分ですが。違っていたらゴメンナサイ。

というわけでとても今更ですがドイチュランドです。W杯2006のホスト国です。

大会前は、それはもうアレで話にならなくてもうダメだと思っていたし、若いのも少なくないのでひょっとしてEURO2008がねらい目ですか?みたいなところもあったし、大体監督がいつもはGermanyにいないわ何かっていうとアメリカに帰ってしまうわベテラン選手に敬意は払わないわで色々あって不信感も強く抱いてしまっていたし、元々が好きな選手だっただけに切なかったものです。

が、流石ホスト国。勢いに乗ったら怖い。
グループリーグのほうは、これで決勝に残らなかったらどれだけ叩かれるか分かんないわよってくらい楽勝グループだったので、ホントにW杯の組み合わせって裏で色々あるわねとか思ってしまっていたのは否めないんですが、でも、それでも心配になるのがドイツ代表。開幕戦、いくらvsコスタリカでも、そりゃあ心配でしたとも。(※今更かもしれませんが、基本的に私はドイツを贔屓しています)

でも大舞台に強い若者、ラームの先制弾で皆が調子に乗ってあれよあれよと言う間に4-2なんていう乱打戦をやって下さって、そしてグループリーグは全勝して決勝トーナメントへ。もうこのあたりになると皆がのりまくってしまっている上にホームですから。もう止まらないかんじ。ドイツを止めるのはどこだ状態になっていた気が致します。なんたってホームですから。

結局3位だったわけですが、ドイツの試合はどれもこれも面白く見れたし、多分ドイツ好きでなくてもそれなりに楽しめる試合をしていてくれたと思います。vsイタリア戦は事実上の決勝戦だと言われているしね。確かそうよね。違ったかしら。違っていたらスミマセン。

とにかく今大会のドイツは、とてもいい印象を残したと思います。

ビールは「ビットブルガー」。多分ですが。

続きを読む
posted by sei at 21:05 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Thu,December 28,2006

本日の日記(主に天文系の話?)

動かない体をなんとか動かしてほんの少しでも年末掃除っぽい事をしようかなー、とさっき少し始めたりはしてみたのですが、まあちょっとしんどい事もあってつい、ウッカリ、片付けの時の定番ではありますが、ついつい本に見入ってしまっておりました。ダメじゃん。
天文年鑑を入れ替えないと、と思ったところで、ついそのあたりのシリーズに魅入られてしまっておりました。
この系統はヤバイ。特にその近くにまとめておいてある天文系写真集は危険度が高いです。頭を使わないでぼーっと見てしまう上に、そこで終わらずについつい外に出てしまうから。今日は上弦の月が美しゅうございます。そんなわけで身体が冷え切った上に片付けパワーが切れました。何をしていたのカシラ私。

年末年始といったら天体はやはり「初日の出」かなと思いますが、基本的に元旦というものは年末の疲れが響いて起きられない率の高い日です。少なくとも私はそうです。加えて言うと大晦日も疲れが響いて普段の日よりずっと起きていられません。だから二年参りに行ける率もとても低いです。それ以前に寒いし暗いし滑るしそんな所歩きたくないし車出すのはもっとバカだしとかうだうだやってしまう率も低くはないものです。
でも今年はこのままだと穏やかな年末年始になりますかね。どうなんだろ。そうであって欲しいと願います。

そんな初日の出情報。強引。
2007年の初日の出を見よう

ついで。
世界の天文台からクリスマスレターと新年のあいさつ

コレ↑を見て、しまった忘れていたわと思ったのが、サイトの年始用ご挨拶カード。仕事のものですが、毎年用意して切り替えるわけです。
普段は大体年賀状と共に一気に用意をしてしまうのですが、今年は諸事情につき年賀状そのものが出せるか出せないかの瀬戸際だったりしたこともあって、珍しくも仕事で作成する年賀状が初期に出来上がっていたりしたので(※仕事用のを後回しにしているわけではなくて、注文・返事等がなかなか出ないので結果的に最後のほうになる事が多いということです)、それはもう綺麗さっぱり忘れていたし。良かったわ思い出して。

あとは全然関係ないネタです
posted by sei at 00:07 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sat,December 23,2006

[Bier]ギネス(England)

ギネスは実際のところ特別とりあげる必要ゼロだなと思ってはいたんですが、それでもセットに入っていたものだし、ということで一応。更にツッコミどころがあるんじゃないかと思いますがそれは後述。

というわけでイングランドです。
実は最近、イングランドは私にとってあまり興味がない事が少なくないです。ゴメン。理由としては、ゴールキーパーが面白くない率が高いというこの一言に尽きるのですが。なんでだろうイングランド。ここのところ本当にGK日照りな国だと思います。

ところでイングランドですが、サッカー発祥の地、伝統あるサッカーの国です。
今回はBグループで、スウェーデン、パラグアイ、トリニダード・トバゴと同グループ。因縁のスウェーデンが一緒なのがいいかんじで、実際vsスウェーデンの試合は非常に面白いものになってくれて興奮致しました。やっぱりイングランドはスウェーデンに勝てないのね。

但し他の試合はというと失礼ながら面白いと思えたものが非常に少なく、というかぶっちゃけ途中で気がつくと寝てしまっている事が少なくなく、途中から「イングランドの試合は見なくてもいいかもしんない……」とか思うようになってしまっていた事は秘密です。
ただ、途中からハーグリーブスがスタメン起用して頂けるようになってしまったので、結果的に夢中で見ていましたが。彼は大活躍だったのでとても嬉しかったものです。

ビールは、なんかホントに今更なんですが、「ギネス」。
自慢じゃないですがわりと飲む率が高いビールです。好きなのよ。だから今更写真を撮る事自体がちょっと馬鹿馬鹿しかったんですがそんなことは秘密。

続きを読む
posted by sei at 00:10 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Wed,December 13,2006

[Bier]グロールシュ(Netherlands)

気がついたら残ってしまっていたオランダビールです。まだ他にもあるんですが、でも他のものは私が飲んだ事のあるものだから故に残っているだけなのに、オランダは何故。多分瓶の色がグリーンだったからだと思いますがこのあたりは後述。

さてオランダです。
オランダと言えば無敵艦隊、真のサッカー好きが好きになるのがオランダだとかいう話もあります。真のサッカー好きの「真」って何よとか思っている私にはけっこうどうでもいい事なのですが、そうはいってもオランダのサッカーは面白いものです。

問題は、大体昔から言われているのが無秩序だということ、じゃないか、チームとしてのまとまりがない事だと言われている気がします。自己主張が激しいのね皆さん。個々それぞれなかなか素晴らしい選手がいるだけに。
特にFWはいつも魅力的な人がいるimage。私が好きなのは今現在言わずもがなマカーイなのですが、残念ながらW杯代表選出時に絶不調で、絶好調の時すらきちんと使って貰っていなかったくらいだから当然あっさりと外されてしまってちょっと残念だったものです。それでもファンデルサールは好きだしファンニステルローイも好きなのでいいや、と思いはしましたが。

しかしオランダというチームは理由はよく分からないけれどもスペインと並んで結果が「期待はずれ」に終わる事が少なくなくて、だから今回も楽しみだけれども期待はしないでおくかな……みたいな消極的な気持ちで見ていた覚えがあります。
だって、開始前は「死のグループ」と言われていたCだもの。ここはでもオランダよりアルゼンチンのほうが心配でしたが。アルゼンチンはくじ運がなさすぎなのよ。

結果的には全く死のグループではなかったわけですが、それでも最初は間違いなく厳しいと思っていたもの。それに、グループCはコート・ジボワールにも頑張って欲しかったしセルビア・モンテネグロも好きだしでそういうえば見ていて混乱したんだったかな。多分一番応援していたのはアルゼンチンですが。今大会こそ決勝トーナメントに行って欲しかったから。

話がずれちゃった。ちょっと久しぶりなものでつい。
で、オランダですがグループリーグでは全体的に地味な試合が多かったかな。vsアルゼンチンはスコアレスドローだったし。vsコートジボワールはコートジボワールというかドログバの印象が圧倒的に強かったし。

そして決勝トーナメントはというと、あの強烈なvsポルトガル戦。荒れすぎだから。まあ主審の問題も多々あったとは思いますが、それにしても荒れすぎだから。勘弁して下さい。始まりが凄く面白い試合だっただけに、未だに惜しいと思ってしまいます。

ビールは「グロールシュ」。

続きを読む
posted by sei at 00:25 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sat,December 02,2006

2006.12月の夜空

そろそろ天体観測に非常に向いている季節になりました。とはいえ当然ながらとっても寒いので完全防備でドウゾ。

先ずはやっぱりコレ、ふたご座流星群。
しかもピークが14日の21時あたりです。月も欠けつつあります。というかこの時間帯だとまだ出ていません。完璧。晴れるといいね。先月のしし座流星群の時は天候がダメダメだったから。
とはいっても一日だけチェックするとダメな可能性が高いので、前後数日チェックするのがいいかと思います。あと、そんなわけだから珍しく夜半過ぎは観測しにくいと思われます。月が出てきてしまうから。

いい時期なのよねふたご座流星群は。大体この時期は意識していなくても流星を見る気がします。そのくらいの時間帯に外を歩いている事も少なくないし、故にぼーっと上を見ながら歩いているだけで見かける事も。
但し車に轢かれないよう要注意。私の場合はどっちかっていうとどこかの溝にはまらないよう要注意、ですが。田舎なので。

toアストロアーツの記事↓
2006年 ふたご座流星群

更にもう一つの流星群、こぐま座流星群。ピークは23日の6時頃と推測されています。朝方ですが、朝強い人なら少し早くに起きるだけで見ることが出来るかもしれません。月も殆どない時期だし。私には無理かも。

惑星はやっと少しずつ見れるようになってくるんだったかな。明け方だけれども。まあその程度。以前あれだけ明るい火星と金星が見えていた事を思い出してしまうと、ちょっと寂しかったりしなくもないです。


今回の写真はコレかな。「ひので」の記念すべき初期観測成果です。
「ひので」の初期成果:ダイナミックな太陽の姿
posted by sei at 00:06 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Mon,November 27,2006

[Bier]レモンビール(USA)

このSeriesいつ以来だろう、と思いつつ。9月以来ですか。まだビールがおいしい季節じゃないですか。今は今で暖房の中で飲むビールがおいしい……かどうかは謎です。
どっちにしろ私は夏だろうが冬だろうが冷たいお酒ばかり飲みますが。日本酒でもお冷やばっかりです。熱燗だと甘くなってしまうから、かな。キレのいい、と一般的に言われる類の日本酒が好きなせいもありそうです。

じゃなくてビールの話、の前に、これ、当然あのSeriesのものなので、先ずW杯の話から。流石にかなり記憶が薄まってしまっていますが。

Soccer後進国と言われるAmerica、USAです。
でもここ数回はいずれも「一生懸命」Soccerを見せてくれるので、見ていると自然と応援してしまう、そんなチームになっていたと思います。いつもなんのかんの言って多分最大限頑張ってくれて、決して華麗でもなんでもないけれどもそれでも気持ちのいい試合をしてくれる、そんなチーム。

……と思っていたんですが、今回は影が薄かったかな。あんまり見た記憶がないです。どういうこと。
Eグループで、ここはイタリア、ガーナ、チェコと一緒のグループ。と並べてみると納得です。明らかに一番影が薄いわコレは。ガーナの決勝進出、チェコの敗退、と考えてしまうと。印象にあるのは、荒れたイタリア戦くらい?それは切ない。
……四年後に、期待します。

というところでビールですが、「レモンビール」。
これも店頭で普通に見かけるビールです。が、例によって私は飲んだことがありませんでした。

続きを読む
posted by sei at 02:00 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。