Thu,October 04,2007

2007.10月の夜空

今月は流星群が2つあるよ!ということで先ずはこれから。

ひとつはジャコビニ流星群。9日の午前5時くらいが極大です。
また明け方ですか。私には厳しいのよ明け方。ものすごくその気になっていれば見ますが、一番睡眠が深い時間帯だから実はあんまり起きない。とはいっても流星群って明け方多いし綺麗に見えるのも明け方だから、起きないといいつつけっこう起きてみている気がします。無理しても大丈夫な時は。でも9日は無理してる場合じゃない気がした。月も殆どない時期だし観測には向いていると思うのだけれども。

もう一つはオリオン座流星群。21日22時が極大予想。これはなかなかいい時間帯。こっちのほうがいいかな?日曜日だっていうのがネックな気はしますが。月が沈むの待ちかも。

と、どちらもなかなか悪くない流星群があるんですけれども、いかんせん10月は秋の長雨の季節なわけで、星空どころじゃない可能性も高いわけで……っていうかそれ以前にここのところまともに一日晴れた日ってない気がします。雲の切れ目はあるけれども。まあでも涼しくなったからそれだけでも良し。暑さに弱い私です。

こう考えると日本ってなかなか天体観測出来ない国?とか思うようになってしまうわねなんとなく。いっつも向かないのなんだの書いているような気がせんでもないです。気のせいだと思いますが。

あとはここのところの定番を。
惑星全部見ようよキャンペーンs
惑星はけっこう見頃なのよね。
先ず天王星と海王星。南方面の空で見やすくなっている筈。問題は、肉眼だとまず分からないってことですか。私は目が宜しくはないから双眼鏡頼りです。
それから土星。7,8日は明け方東の空で三日月や金星、ししの大鎌と共に見られる模様。これも綺麗かも。
水星は24日が内合。だからその少し前が見頃でしょうか。
火星は今現在どんどん地球に近づいてきている頃なので、今も更に見頃。M35に近づくんでしたか。って今調べたら今日(4日)が見頃と書いてありました。ギリギリすぎ。ゴメン。でも多分天候が良くなくて見えないに違いない。残念だけれども。

写真Pickup。
ぎょしゃ座流星群、ほぼ予想どおりに出現
写真というか、先月慌ててとりあげたぎょしゃ座流星群その後の話。

宇宙望遠鏡がとらえた、個性豊かな惑星状星雲
「かぐや」搭載のハイビジョンカメラが地球を撮影


posted by sei at 00:14 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Fri,August 31,2007

2007.9月の夜空

いつもに比べるとちょっと早いんですが、今回コレ↓があるので。
「異質の流星」に注目、9月1日にぎょしゃ座流星群が突発出現の可能性
とにかく謎の流星群なので、見ることが出来るかどうかもよく分からないんですけれども、日本で見られる可能性がある時間帯はチェックがしやすい時間帯でもあると思うので、覚えておいてもソンはないかもしれないなと。
あっでも土曜日だ。土曜日は多分そんな事してる余裕そのものがなさそう……。駄目かな。残念。

さて今回の惑星。
惑星全部見ようよキャンペーンs

8月にもとても見やすかった金星が、夜明け前更に光度を増して見ることが出来ます。日のある時でも見られるくらい。こういう時期の金星は本当にとても美しい。どの星より光り輝いて見えるし分かりやすいし。ちなみに最大光度-4.6等になるのは24日。
それから天王星。10日に衝。うまくすると肉眼でも見れるみたい。
火星。30日の夜明け前に恒星食が見られます。
木星。宵の南の空で見頃。
あと、海王星も見頃だし土星も出始める筈です。

と、自分で書いておきながらなかなか見られないのも事実。心の余裕がないわね。というより多分夜活発に動くタイプなので、他の事を色々やらかしているからマズイんだって話がないでもないです。この間の月食にははりついていたけれども。

そうそう、月といえば中秋の名月。秋ですから。今秋って書くと、秋っぽくなってきているとはいえまだまだ暑いから、なんだかあこがれてしまいます。えーと今年は25日かな?満月は27日。

今回の写真pickup。
北海道、九州地方などで見られた28日の皆既月食
先月の皆既月食。私も赤く禍々しい月を、けっこう長い間見ていました。その時間帯はちょっとばかり雲がかかってしまっていたので、余計なんか気味悪かったんですが。月が出始めたらそのかかっていた雲が流れたものだから、たまたまのタイミングとはいえちょっと感動したっていうのは秘密で。

ダークマターから追い出された銀河たち
銀河とダークマターが分離しています。これは珍しい。何事でしょう。今後の研究に期待。

美しくもキモいらせん状星雲。
posted by sei at 00:10 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Thu,August 09,2007

2007.8月の夜空

やっと夜空が楽しめる時期になってきたでしょうか。まだ日々雲が厚い事も多いけれども、その合間から見える月や星もおつなもんではなかろうかと思います。

先ずは最近のパターンで、コレから。
惑星全部見ようよキャンペーンs
私はやっと金星だけ登録したというていたらくですが、この時期は木星も土星も見える筈。というか、土星はとっとと見ておいたほうがいいのよね。22日以降見られなくなってしまうから。でも今望遠鏡用意するのしんどいんですが……とか言っていないでとりあえず肉眼で見ればいいのか。でも肉眼で見ると土星は地味だし、というかあの輪っかが見えないから残念なのよね。
まあでもとりあえずは木星でしょうか。31日に東矩ですし。

惑星の話はこのくらいにして。
8月といったらなんといってもペルセウス座流星群。12〜13日が極大ですが、なんたって今回新月だし。絶好すぎるほど絶好。天気さえ良ければ。夏場は凍える事もないし、だから天候さえ良ければ、雲さえ少しひいてくれれば。……最近でも本当に雲が多いからどうかな、と思ってしまうけれども……。
そして起きていられれば、或いは早起きをすれば、火星と共に流星群が見られそうな予感。というか、明け方が一番多く見られそうなのよね。ピークは7時みたいだし。このパターン多い気もしますが。
参考:2007年ペルセウス座流星群の出現予測

そして今月はもう一個あるし。皆既月食が。
AstroArts: 【特集】2007年8月28日 皆既月食
なかなかいいかんじです。時間帯もいい……かな、ちょっとある意味微妙ですが、仕事中ならちょっと休んで、夕飯中ならちょっと手を休め……るか、時間をずらして、そんなかんじで見ることが出来る時間帯だし。

さて今回の写真Pickup。
もうコレしかないかなと思ってストックしておいたもの。ただしAFPのこの手のニュースは少し経つと消されてしまうものも少なくないので、大丈夫かな、と思っていたんだけれども、誰かが引用すると消えないのかもしれません。すごくいいかげんな事を言っている気がしますが。

それからもう一枚。ちょっと重くなってしまうかな、記事が。スミマセン。
土星60番目の衛生、「フランク」(仮称)だそうです。カッシーニは地味によく頑張っているよね。5つ目の発見だそうです。
posted by sei at 00:09 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Mon,August 06,2007

[Bier]レーベンブロイ他(Germany)

このシリーズは、当然ながら既にWMセットを飲み終わった段階で終わっているのですけれども、でもせっかく飲んだから。

lowenbrau01.jpglowenbrau02.jpg
内容量 334ml
原材料 麦芽、ホップ

麦芽100%ビールならではのまろやかなコクと、すっきり飲みやすいキレ味。600年以上の歴史を持つ本場ドイツの味をお楽しみください。

といってもドイツビールでレーベンブロイっていったら有名だわ。有名だけれども私今までに飲んだ事あるかな……あると思うけれども記憶には既に残っていないんだった。
しかも、今回飲んだものも既に記憶に残っていなくて、いやまあ出張前、ばたばたしている時に飲んだから、っていうのもあるんだけれども、だからそれこそ忘れていたんだけれども、今見たら写真が入っていたのでびっくりよ。そういえば飲んだわねって。しかも写真を撮ったっていう事は、それがかなりアヤシイものであっても(手ぶれとかヒドイです。ごきげんすぎ)、記事にする気満々だったっていうことです。
でも覚えていない。覚えているのは、トテモおいしいビールだったっていうことだけよ。話になんないわ。

で、それでも何故とりあげようと思ったか、って、実はついでに書きたい事があったから。それで、せっかく写真撮ってあるし、と、このビールからとりあげてみたというわけです。なんてまだるっこしい。

続きを読む
posted by sei at 00:07 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Thu,July 05,2007

2007.7月の夜空

毎日これだけ天候が悪いと夜空も何もあったもんじゃないってかんじですが。この時期はいつもそうかな。天候がそこそこ良かったとしても、観測には向かない時期なのは致し方なく。

一応今月は29日がみずがめ座δ流星群が最大だったり、30日はやぎ座流星群が最大だったりするのですが、いかんせん30日が満月です。向かなさすぎ。

それよりはやっぱり惑星観測でしょうか。土星と金星が近いし。木星は見るのにとてもいい時期だし、火星も見える。やっぱり今の時期「惑星ぜんぶ見ようよ☆」に気合いを入れるべきかもしれません。天気が良ければ。

ところでこれなんですが、せっかくだから私も一応参加してみようかなってことで、今登録してみました。
必要な情報はメールアドレスとパスワードのみ。これですぐメールが届くので折り返しアクセスしたら即マイページが確認出来ます。

が、このマイページでいきなり現在、8惑星のうち1個を観察しています。とか出たんで、いやまだ何もしてないし報告もしていないんですけど、とか思ったら
地球
私たちが住んでいる惑星です。毎日観察しています。
って。
……そうだね……。やられた。とりあえず私はブロンズを目指したいと思います。というか既に金星火星は普通に見ていますが、いつどう見たかって言われると厳しい気がしてしまったわ。最近そういえば見ていない気はします。天気が良くないのと、日が長いせいかしら。
惑星全部見ようよキャンペーンs←一応せっかくだからはっておきます。

さて今回の写真ピックアップ。写真っていうより……な気はします。
木星が見せた劇的な縞模様の変化
木星繋がりで二つ。個人的には最初の一つ目がピックアップ対象ではあるんですが、せっかくAFPにもいいものが掲載されていたのでなんとなく。スイマセン。縞模様の変化がいいかんじです。

惑星繋がりでコレも。
ハーシェルは天王星のリングを見たか

写真じゃないけれども、今色々漁っていて思い出したので。
AstroArts: 【特集】七夕 - なぜ梅雨どきに七夕祭り?
素直に8/7にやったほうがいいのはよく分かっているのよ。7/7なんて殆どいつも雨だもの。というか、私が育った田舎は普通に旧暦で色々やるので、ひな祭りだって4月ではあります。そして七夕はどう考えても8月にやったほうがいいみたい。天候いい日も多そうだしね。
posted by sei at 00:04 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sat,June 02,2007

太陽系の惑星を全部見てみよう(2007.6月の夜空)

ネタが宇宙だし6月入ったしで6月の夜空ネタと共に出張から帰ってきてから、と思っていたんですけれども、タイムリーすぎてどうしても今のほうがいい気がしたの。

惑星ぜんぶ見ようよ☆
惑星ぜんぶ見ようよ


こちらの記事→【イベント情報】「惑星ぜんぶ見ようよ☆」キャンペーン 〜惑星観察認定証をもらおう〜で知ったのですけれど、惑星観察認定証が貰えるのですよ!って欲しいんかいとつっこまれると悩みますが。でもブロンズなら簡単に貰えそうなのが嬉しい配慮。
とりあえず期間は一年あるので、なかなか悪くはないんじゃなかろうかと思います。
コレ→月刊 星ナビ 2007年 07月号 [雑誌]にも詳細が載るみたい。

とりあえずは
【イベント情報】6月1日〜10日 水星と金星を見てみよう
にあるように、水星の観測チャンスがやってきます。水星はなかなか見られないものね。金星はかなりの確率で見られる、というか、意識していないでも見ていると思われますが。あの輝きは美しいものです。

というか、6月は全部の惑星が見える筈なのよ。運が良ければ。こんなかんじ↓。
2007年6月の星空ガイド

ただし、この記事にもある通り、6月って天体観測に最悪に向かない季節なのよ。夜は短いし天候悪い日が多いし。だからあくまでも「運が良ければ」ってレベルなのが残念。

でもコレ、どうやって「見た」って判断するんでしょうか。参加申し込みの受付は6月下旬らしいので、まだ調べようがないのですけれども。というかどういう条件になるかもまださっぱり分からないわけですけれども。普通に自己申告制よね。
でもなんだか楽しい気分になるキャンペーンね、コレ。子どもがいる方は是非ご一緒にどうぞ、ってかんじ。
posted by sei at 00:18 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Wed,May 16,2007

セルフレジの話

最近数カ所で見かけるようになったこの「セルフレジ」。……と書いてあった気がするけれども名称はちょっと違うかもしれない。レジ作業を自分で行って精算する、アレです。

新たな試みで面白いと思うのだけれども、メリットって何?

ans.
  • 買う商品の数が少ない場合、自分のペースでテンポ良く(?)精算出来る
  • 子どもの社会勉強にいいかもしんない(かなり無理矢理思いついた)
  • とりあえず楽しい(私が)
という、一つ目はさておき三つ目はどうなんだとつっこまれそうな客側から見たメリットは感じるのだけれども、お店側のメリットがよく分からないのよ。

こういうものは当然経費節減が元であると思うし、だから多分、レジに必要とされる人件費が少し軽減される、のかなと思うのだけれども、当然システムそのものが客側に浸透していないわけで、つまり使い勝手がわかりにくくてそのたびに係の人が指導して走り回らなくちゃならなくて、そしてある程度理解した私のような客でもほんの少しの事ですぐエラーが出るシステムになっているからその解除にも走り回らないとならなくて、その間に他の所でちょろまかされたりしたら分からないんじゃないかなとか、そういう所でも係の人にかかる精神的負担はすごく大きいんじゃないかと思うのだけれどもどうなんだろう。

新たなシステムを導入する時というのは勿論リスクはつきものだし、上の意向はさておき現場で働いている人たちへの負担というのはただものではないだろうけれども、将来的に見てメリットのほうが大きいと思えば増えていくものではあって……って私このネタをそんなに真剣な話にするつもりはなかったのよ。なんでこんな話になっているのカシラ。まあいっか。

とにかく、個人的には楽しいので残って欲しいシステムなんだけれども、でもシステムがデリケートで壊れやすそうだなと思うこと、慣れていてもほんのちょっとしたことでエラーが出るのでその度に作業が中断されてちょっとイライラすること、そして解除してくれる係の人の神経がささくれ立っていると気持ちは理解出来ても相乗効果でむかつくこと、等まだまだ実験段階でそれぞれこなれていないので今後の展開にちょっと期待。

とりあえずあのシステム、重量で細かくチェックしているようなのはいいんだけれども、マイバッグをセットして、その中から財布を取り出すと「商品が入っていません」とか言われる細かさ(まだ始めてないっての、とつっこみたくなります)、レジを通した商品を袋に入れても何故か認識してくれなくてやっぱり「商品がバッグに入っていません」と言われるアレをもう少しなんとかして頂きたい。通過させて加算してあるのにしていないと言われるよりはいいのだけれども(これはやっぱり一番気分悪いと思うの)いいから、大丈夫だから、その商品ちゃんともう持っているから、とか言いたくなるのよ。
だからもう少し融通が利くようになるといいなって話なんだけれども、じゃあどんなんだろう、と想像してみたら、それはそれで寒い光景になってしまった事は秘密で。
posted by sei at 22:06 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。