Thu,December 29,2005

「僕の私の塊魂」がとっくに出ていた話

PSP版だということで全くチェックしていなかったので知らなくて当然ではあるんですが。
この記事読んで初めてもう発売されていたことを知りました。

■ITmedia:年末年始はごろごろコタツでごろごろ転がせ

ITmediaは私RSSリーダーにつっこんでタイトルだけ拾っているのでかなりとばし読みなんですが、これもタイトル見て一体何を転がせと、と思ってなんとなく見に行ったら塊魂だったという。ちょっとビックリ。塊魂の話だとは全く思わなかったので。

確かにそうだなと思ったところ。
雑誌で記事を見ても、DVDなどで動画を見てもあまり面白いと感じなかったのに、なぜか自分で遊ぶと虜になる……。

まさにそういうゲームだと思うので、故に分かりにくい。但し、一旦少しでも触ってしまうとオソロシイ程中毒になってしまうゲームだと思っています。私がそうだったから。
映像見てもなんの興味も湧かなくていたんだけれども、ヘンなゲームだということと、あまりにもやった人の間で評判がいい。そしてお値段がお手頃。とういうところでなんとなく魔が差して(?)買った覚えが。そしてプレイしたらはまりまくった覚えが。そして酔って苦しんだ覚えが。それでも止まらなかった覚えが。限界まで気持ち悪くなったのはホント久しぶりだった……。

という話はさておき、PSPでどうやって操作するんだろうとか、そういう疑問はあったので、記事を読んで納得です。でも操作しにくそう。やっぱりアナログコントローラー2個でぐりぐりやりたいし。それが塊魂。

とはいっても、今回のはエターナルモードがあるみたいなので、それがちょっといいなと思うところ。携帯ならではの、ワンステージの短さも魅力的。かな?短時間なのはものによっては微妙かな。

等と、モノが塊魂だけに気になって気になっていいなあと思ってしまったのですが、それでもやっぱりPSP買う気にならないみたいです。コレ、多分DSで出ていたらハードと共に買い込んでいたと思うんですが。ちょっと残念。どうも今のところやっぱりPSPには惹かれないみたいです。なんでだろう。触っていないからかな。DSは出た当初店頭で触って、面白いなと思った記憶が鮮明なので、私にとってのキラーソフトが出てしまったら、多分間違いなく考えなしに買ってしまうと思うんですが。ピクミンとか。ピクミンかい。スイマセン。今までだったらゼル伝だったのにね。最近どうにも出来良くないからつい。良くないわけじゃないんだけれどもそこまでじゃなくなってしまった、という程度ですが。面白いのは相変わらず面白いと思うし。

でも一応。
僕の私の塊魂僕の私の塊魂

ナムコ 2005-12-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 01:05 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Mon,December 26,2005

「サイレントヒル3」のこと

プレイしました。やっと。いいかんじで寒々しくなれました。冬なのに。

結論からすると、相変わらず面白いというか怖いです。無茶苦茶怖いです。特に今回の3は最初っからキモイ世界で戦わないとならなかったりするので、いきなり感が強くて、下手するとそこで投げ出したくなります。
というか実は一回投げました。怖くて触りたくなくて。だからどうしてそういうゲームを買うのかっていう……。これは多いなる理由があるのですが、その話はあとにして。

で、相変わらずバケモノキモイし世界もキモイし暗いしよく見えないしだから気付いたらざくざくやられてたりするし鉄パイプ当たってないし(鉄パイプloveなので無駄に使う癖がありますが秘密)、でも死んだら死んだで超BEGINNER用、これで貴方も死にませんモードが出るので安心してプレイが出来るところが流石。
あと、そういえばそうだったなと思い出したんですが、謎解き部分は別口で難易度設定出来るのが面白いところ。私は謎解き部分は大好きなので、こっちはnormalでやりたいんでした。ハードでもいいけれど、ハードまでいくとプレイ中にキレる可能性があるのでnormalでいいです。

以前「今ちょっと気になるゲームとか」で少し触れましたが、主役が女の子だっていうんでプレイ前ちょっと躊躇していたわけですが、プレイし始めるとコレが大当たりだということも理解出来ました。そんな理由で躊躇してゴメンナサイというかんじ。
ただ、この女の子、ヘザーという名前ですが、彼女、パワフルなのよね、性格が。今までのくたびれたオヤジ達と違って、特に1の主役のハリーとは違って、なんか頼もしいんでした。だってバケモノがあんなに出まくってもそんなに怖がらないんだもの。なにこれキモチワルイくらいにしか思ってないんじゃないの彼女。
そんなかんじでトテモ冷静な子なので、その分怖さが少し薄まっているような気が。私はわりとほっとしつつプレイ出来たので、これはOKでした。

しかし気のせいかな、今までのものよりボリュームなかったような。この程度でいいんだけれど、なんか短かったような気が。これくらいでいいんだけれども。色々と保たないし。

そしてサイレントヒルお約束のアレ。今回多分条件が緩かったと思われます。わりと簡単に出てしまった気が。とはいえ数回プレーしましたが。二回目からは、一回のプレイにかかる時間は相当短縮されるので大したことはなかったとはいえ。
で、お約束のアレです。今回もスバラシイ。イイ。たまらんです。大体それ以前に魔女っ子になってせくしーびーむ!とかやっていた段階で世界観は色々とぶっ壊れていたんですが、それ以上にEDはキてくれて感動。やっぱりコレこそサイレントヒルですよ。

そう、だからサイレントヒルは、毎回毎回最初の一回のプレイがイヤでイヤで仕方なくて怖くて怖くて私何やってるんだろうとか思いつつプレイしているところもないではないんだけれども(でも途中で慣れる)、この、ラストのお楽しみがたまらなくて、で、プレイ後はこの感覚ばかりが残ってしまうから、それで次が出たら買わなくちゃ!っていう気持ちだけが残って、故に買ってしまうんでした。懲りてない。

でも4はどうなんだろう?確か「ザ・ルーム」とかいうサブタイトルがついてタイプが変わったと聞いたような気がしたんだけれども。
B0008KLKMYサイレントヒル3(コナミ殿堂セレクション)

コナミ 2005-06-09
売り上げランキング : 619
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 00:33 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Mon,December 12,2005

2005年発売のゲームな話

GameNews Watcher」さんで、「2005年発売の『他人に薦めたいゲーム』」のアンケートが始まっているようです。

休止されて以来RSSリーダーにつっこんであったので気がついたんですが。
私はどっちかというとそういうタイプのところのほうがリーダーにつっこんである気がします。更新があんまりなくて、だから自力でこまめにチェックしに行く気になれないんだけれどでも動向はチェックしたいな、とか、しておかなくては、みたいな所。
更新がまめな所でも大好きな所は登録していますが、数はかなり少ない気がします。そういうところはどっちにしろ直接訪れることが多いし。

ということはさておき、今年発売のゲームの話です。

しかし、確かに大作、というか有名どころであればすんなり出てくるものですが、
「あまり話題にはならなかったけど楽しめた」という埋もれた名作(勝手に"埋もれた"とレッテル貼るのもナンですが)にこそ投票していただいて、その投票結果を確認しつつ遊び損ねている名作を探そうではないかという企画です。

ということなので、私には難しいところ。私のプレイするゲームってメジャーなものばかりですから。多分。それ以前に、「今年発売のゲーム」なんて数プレイしていない気がします。
ただ、いつもであれば何をプレイしたかすら忘れてしまうところですが、今年はブログに殆ど書き残してあるので分かるんでした。書き記すって大事かも。

というわけで、今年発売のゲームでプレイしたもの。リンクは私のこのブログ内の個々の記事の感想系にとびます。
  1. 真・三國無双4」2月発売
    大作すぎて選択肢にも入らなさげな大作。有名すぎだし。しかしこれはいい出来だったと思っています。少なくともシステム面はスバラシイ。シナリオやキャラがアレだったけれど、操作具合は本当に気持ちいいから。でも選ばないな、これは。
    このゲームに関してはいくつも記事を書いているのでまとめられないんですが、最初の1記事だけにリンクしておきます。

  2. デビルメイクライ3」2月発売
    だっけ?1月でしたか?無双と近かったという記憶があるので2月かと推測したのだけれど、1月な気も。多分今年発売だと思うんだけれども。
    とはいってもこれも大作すぎ。どっちにしろこのゲームの出来は私にとって微妙だったので名前を挙げることは殆どないんですが。

  3. みんな大好き塊魂」7月発売
    前作だったらそこそこマイナーだった気もするけれど、続編だからやっぱり外れてしまうかな。でもこの作品であれば、それが分かっていても投票したくなってしまうかも。色々言いましたがやっぱり大好き。
    記事二つ書いているので二つ目も一応。「「みんな大好き塊魂」好きなステージの話とか

  4. ドラゴンフォース」8月発売
    リメイク版なので微妙。というか多分範疇外ですね。でも相変わらず惚れています。いいゲームだと思っています。大好き。
    ドラゴンフォースはカテゴリ分けしてあるので今更かと思ったけれど、一応最初の記事にリンクしておきます。

  5. 真・三國無双4猛将伝」9月発売
    大作だしシリーズものだし外伝系(?)だし。でもそれ以前に出来が宜しくないと思っているので、これは選択として出てこないかな。4は残念ながら猛将伝なしで充分だと思います。立志伝は確かに面白いんだけれど、あくまでもオマケだと思うのでやっぱり微妙。お値段がもう少し手頃で、立志伝だけでも充分、という程度であれば良かったんだけれども。

  6. 「レゴ スターウォーズ」
    この間買ったばかりでまだちょっとしかプレイしていないから今の段階で評価するのはかなり微妙なんだけれど、面白いんですが。ドウシヨウ。時間があればもっと目一杯プレイしたいのだけれど今そうもいかないのでなかなか出来なくて無駄ストレスが溜まっています。阿呆です。でも今のところ買って良かったと思っているゲーム。多分そのうちに感想書きます。

今年発売のゲームで私がプレイしたのはこのくらいですか。
元々発売日に買うってこと自体以前はちっともしなかったし、だからこれだけあれば充分なくらいですが、そういうものはチャレンジャーなことはしないのでやっぱり無難なものしかないようなかんじ。
分からないとなかなか買えないのよね。時間もお金も勿体ないもの、って思ってしまうからかな。

いずれにしろこれでは投票なんて出来ません。残念。ゲーム好きだけれどもそんなにたくさんプレイしているわけではないんだなと実感したようなしていないような。ただ単に一つのゲームにとりかかってる時間が長いだけなんじゃないかという気もするし。時間は有限なんだから仕方ないんですが。なんにせよ良質なゲームをたまに夢中になってプレイ出来ればいいわけだから、このくらいでかまわないのだけれど。
でも、投票に参加出来ないのが残念だったのよ。それだけなんだけれど。せっかく珍しく参加する気になっていたのにそれ以前の問題でした。
posted by sei at 03:21 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Fri,December 09,2005

印刷のお共・携帯ゲーム(懐古編)

今年は年賀状印刷のお共な携帯ゲームを買いそびれてしまったのだけれど、先日ヤバイものを思い出して奥のほうから取り出して夢中になっているので全く問題なしです。

つまり先日「上海」を思い出してプレイしたくなって、パソゲーで持ってはいるものの、インストールが必要な上にCD必須タイプなので(その分牌の種類が色々あって面白いんだけれども)面倒で、ワンダースワンを探し出したのでした。本当にプレイしてるし。
ちなみに最後のソフトはオチでもなんでもなく本気なのですがとりあえずおいときます。

久しぶりにワンダースワンを持ち出したわけですが、私はとりあえず白黒VersionとカラーVersionを持っています。最後の新しいタイプは流石に買う気にならなかった記憶があります。一応白黒Versionはまともに買ったと思いますが、カラーVersionは格安でばらまかれた時に買った程度なのであまり愛着がないかな。やっぱり白黒のが好きです。

というわけでもないのだけれど、今回探し出したのが全部白黒ゲームだったので、結局白黒なワンダースワンを使っています。しかもたれぱんだVersion。懐かしすぎ。そうそう、これも「たれぱんだのぐんぺい」とセットで安かったんだった。……結局あんまりまともに買っていない気がします。一応新品で早い時期に買った筈なんだけれど。超兄貴がプレイしたいから機会があったら買っておこうと思って。ヤな理由。
そういえばWSカラーはWSカラーでFFVersionだから、どっちも真っ白なんでした。せっかくカラーが色々あるのに面白くない。そもそも私FFプレイするのかって聞かれたら殆どしない気がします。ゴメンナサイ。一応4.5.6.7.9はクリアしたし5にははまった覚えがあります。

で、ワンダースワンですが。
携帯ハードだから当然なんですが、画面小さいんですが。上海もお絵かきロジックも無茶苦茶細かいんですが。これ私ホントにプレイしてたんだろうか、と思ったくらいには細かいんですが。目悪くなったのかしら。と、プレイし始めた時は思ったんだけれど、慣れって怖い。今ばりばりプレイしています。
ただ、上海はちょっと厳しい。とれるところが分かりにくいので。
お絵かきロジックは、Digitalはやっぱり楽だなと。ここのところ数回アナログのでがしがし塗ったりしていたのだけれど、あれ、面倒だし手無駄に汚れるし間違った時に直しにくいし。がしがし塗るのは慣れてくるとはまるんだけれども。手動かすのって気持ちいいから。

とはいえ、ただでさえ目が疲れていて身体がちがちに固まっていて背中なんかくしゃみすると痛みが走るまでになってしまっているってのにワンダースワンで遊ぶのはかなりいかがなものかと思うので、ちょっと自重しようと思います。ガッカリ。
その代わりPS2で遊ぼうとか思っていません。多分。少しばかり余裕が出てきたからってそんなことしている場合では。でもプレイしたい。
ヒッソリと「続きを読む」(内容ないです)
posted by sei at 00:58 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Thu,December 01,2005

「戦神」をちょっとだけプレイしてみた

というか、店頭で少しプレイしただけなんですが。

既に発売されているので、実際のものをプレイしている方の感想漁ったほうが確かな気もしつつ、しかしやっぱり自分で触ってみたいものだとチャレンジ。

コントローラーの□ボタンがかなりイカレてるわよヤ○ダ電気!

それはさておき。

犬神様は思ったとおりいいかんじでカッコイイ。ざくざく斬れるのも悪くないし、気がつくと凄い数斬っているのも多分気持ちがいいです。

しかし敵がクモみたいなイキモノばっかり。他に何かいるのかもしれないけれども私が遭遇したのはそんなんばっかり。どうなんだろうコレって。それで1000人斬りなんてもう古いって言われても、とぶっちゃけ思ってしまいました。クモぷちぷち潰しても。いや潰してはいませんが。斬ってるし。

敵まみれでざっくざくやるのは悪くないんですが、それに集中するモードは単純みたいだしstoryモードと思われるものはなかなか進めない部分が。
自分では敵ぶった斬ることしか出来ないというか、もう少しアクションあるけど何がきついって門破壊、だったかな?そういうものが自力で出来なくて、兵士の皆さんを誘導してあげなくちゃならないっていう。しかも兵士の皆さんなんかちまちましてるもんだから、自分がオリマー(byピクミン)になった気分。兵士の皆さんはピクミンですか。ピクミンよりたち悪いわと思いましたが。増やせないから。減るだけだから。カワイソウ。

それから、多分犬神様だから?キャラの成長ってのもはなさげなので、やり込みする部分というと武器集めな気が。それ自体はかなり楽しそうだなと思うんですが、それしかないとするとちょっと微妙。

結論としては、様子見かな。定価で買ったらガッカリしかねないなと思ったので。


ついで。
「戦国無双2」が出るそうで。最初「フーン」で済ませていたんですが、風魔小太郎が出る!しかもあのビジュアル!でぐらっと来たのは秘密で。そういえばソレで「戦国無双」もダマサレタ、もとい、ウッカリ買っちゃった(あんまり違わないかも)んだったか。
続編というよりは一新されているっていうのと、前作に出たキャラでも出ないのがいるっていうことと、今回は多分前のものよりはきちんとした武将が出そうだ、というのは少し期待してしまいがちではあるんですがどうなんだろう……。
ニューキャラにいきなり女性がいるあたりで躊躇してしまわないでもないし。と思った段階で気付いたんですが、私多分戦国時代のアクション系にもっとストイックなものを求めてしまっているのかもしれません。例えるならば真・三國無双の初期みたいな。それはそれでどうなの。今の時代ああいうのは何故かきっと無理なんだろうなと思わないでもないです。ちょっと寂しい。
それで多分戦神に惹かれてしまったのかなと思うんですが、そして多分そういう意味ではいいんでしょうが、でも肝心のゲーム内容がいまひとつでは、それはそれで問題なんだった。ホント難しい。

せっかくだから「戦国無双2」Officialサイトでも。
http://www.gamecity.ne.jp/sengoku2/
相変わらずフラッシュ仕様でちょっとウザイですが。

でもまあすぐには買わないんだろうなあと自分でも思っています。
しかも風魔小太郎、ビジュアルはいいけれどもこんな性格設定なんだ……と思ってしまったのでヤバソウで躊躇気味。やっぱり後回しが正解そう。

その前にホントいいかげん「サイレントヒル3」をやらねば。冬プレイするゲームじゃないと思うけどそれでもずっと気になってるものだし。そうだアレをプレイしよう、と今決めました。
posted by sei at 00:10 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Thu,November 24,2005

数独のこと

いわゆるナンバープレイスのことです。
実は私、コレが大好きだったりします。得意というわけではないので、難易度が高いと放り出しますし、頭の調子が宜しくないと難易度低くてもどこかでウッカリミスをして途中で矛盾に気付いてやっぱり放り出すので、ホントに得意ではないんですが。

先日こんなアイテムを見つけてしまいまして。

■Life is beautiful「ブログ用ミニアプリ: 第二弾、Sudoku」
http://satoshi.blogs.com/life/2005/11/sudoku.html

スバラシイ!と感動して、しかしブログにはり付けるのは良しとしないので、また「DELCO READER」にはり付けちゃおうかな、と思ったりしていたんですが、それ以前に私の環境だとアプレットエラーが出てしまうっぽい。
とりあえずいくつかのブラウザで試しはしたんですけれどもそういう問題じゃなさそうだし、それ以上つっこむパワーが今ナイので早々にあきらめました。
それに多分、こんなアイテムはりつけたらきっと他のことが疎かになるからやめておけっていう神のお告げなのよ。素直に従ったほうが良さそうです。

そういえば今現在私のこのパソコンに入っているゲーム系はこのタイプの「SingleNumber」というものと、「二角取り」、あとはどーもくんのタイピングが入ってるし!と今調べて気付きましたがそれはとりあえずおいときます。なんにせよ、古いわ。

前者はシンプルなナンプレです。これは気分転換にプレイしやすいかな。しばらく触っていないけれども。
問題は後者でして、多分有名だと思うんですけれども。はまるのよねコレ。危険すぎてしばらく手出してないなあと今思い出してしまって実際危険です。一回プレイで止まればいいんだけれども調子悪いと気持ちよくとれるまでやりたいし、調子いいとホントに終わらないしで困ってしまうのよね。でも大好き。

以前延々はまってやっていた「上海」や「まきがめ」なんかもパソコンでプレイする軽いゲームで有名?違うかもだけれど、私の印象はそうです。まきがめに至っては自分で駒も色々作った記憶がございます。ロクなのでなかったけれども。自分で楽しんでいただけだからいいようなものの、版権モノとかだったし。ポケモンとかうみにんとか。それもどうなのよ。友人が、うみにんキモイよと言いながら延々やっていたのも思い出します。一番の自信作だったのに。
Winな方ならきっと最初から入っているソリティアとかマインスイーパーあたりがそれに相当するかなと。あのあたりもはまった記憶がありますが。単純なパズルゲームは本当に面白い。

最近パソコンでゲームをしようと思うこと自体がなくなってしまっていたので忘れていたそれぞれですが、今思い出したら上海がプレイしたくて仕方なくて困っているんですけれども。あれならワンダースワン(これも懐かしい)Versionで持っていた気がするなあ。探してみようかな。
パズルゲームは、そういえばそんなゲームあったよね、って思い出すと危険なブツが多すぎて困ります。

そして、今本当にウッカリずーっと二角取りをやっていたことは本当に秘密です。時間ないからちょっとだけね、っていう時に限って調子良く進むのがこのゲームだってことも忘れていたわ。酔っぱらってるからすぐ手詰まりになると思ったのが間違いでした。
オンライン二角取りへGO
明らかに誰かを罠にはめようとしている気配濃厚なリンクを最後にコッソリはっておきます。私は触っていませんが。さっきまでプレイしていたくらいだから、危険で手出せない。Macだとブラウザが落ちることがある、とか書いてある気がしますが大丈夫かなコレ。
posted by sei at 02:16 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Tue,November 15,2005

今ちょっと気になるゲームとか

今気になるモノ。


最後に一つ違う系統が入っている気がしますがそれはさておき。
このseasonなので、いつものように携帯ゲームを何か買おうかなと思ってちょっとチェック入れてみたらナニモナイ。条件がいくつかあるのでそのせいもあるとは思うのですが、少なくとも店頭で見た中には無理して買いたいようなものがナイ。
にもかかわらずPS2でこれから出るゲームならアレとかコレとか、で、絞って(?)この二つ。

とはいっても「BIOHAZARD4」はcube版体験版をやって、怖くて怖くてその上に下手すぎてちっとも進めなかった過去持ちです。だから買ってもプレイし続けられないと思うのよね。なんか凄く情けない。これはもう買うなと言われてるんだろうかと思ったくらいプレイ出来なかったので、cube版欲しいと思ってから既に一年経っている気がしますが、それはそれでやっぱり様子見というところですか。
そもそも私は初期バイオの、ちょっとした謎解きが面白くてプレイしていた所があるので、そういう要素が減ってきている昨今のバイオには、前ほどは惹かれなかったりするわけではありますが。
でもやりたい。矛盾。

「戦神」はたまたま漁っている時に見てしまったブツ。そうでもなければ知らなかったと思われます。 これも無双系のゲームであろうことは推測出来たので、あとはバランスとか爽快感、それから雰囲気の問題かと思うわけですが、戦うのはなんかヘンなイキモノだったりするみたいだし数で無闇に勝負しようとしているあたりが微妙な気がしてならないんですが、ただ、犬神様のビジュアル素敵なのよね。ジャケットにいるおねーちゃんもいいかんじです。これで声が不快でなければ何も問題なしかと思うくらい。

この時代もののこの手のゲームは、既に「戦国無双」と「戦国BASARA」がありますが、私は前者はプレイしているけれども、戦闘のバランスの悪さ、システム面の良くなさと、キャラ設定の不快感が大きすぎて結局猛将伝には手を出していなかったりします。それでもタイミングが合えば手出してると思うんですが、そのタイミングがことごとくないっぽい。
ちなみに「戦国BASARA」もそんなかんじ。出たタイミングが宜しくない。私はその頃確か塊作るのに夢中だったし、それが終わった頃には三國無双4猛将伝に走っていたから、そっち系はいらなかったわけです。

でも今回の「戦神」は悪くない……のが問題で。発売日に買うつもりは全くないんですが、評判如何によっては手出してしまいそうな予感がちょっと。

長すぎたので続きは追記につっこみました
posted by sei at 00:31 | TrackBack(0) | Game | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。