Fri,July 06,2012

[Game]バイオハザード5オルタナティブエディション

やっとプレイしました。時系列的には4→リベレーションズ→5、なので、ある意味間違ってはいないのですが、システム的なものを考えると微妙、そんなかんじです。進化し続けていると思うから。

あと5は作られている時にけっこうなブーイングが来たとか、プレイ後もブーイングが多かったとか聞いていたのでどうかなと思っていたのですが、面白いのは間違いなく面白いねこのゲーム。ブーイングが出たのってどの部分だったっけ。全然ホラーじゃないとか(これは多分間違いない)、敵が人間ぽすぎるとかでしたか。
ホラーっぽくない部分に関しては、私は怖がりなので特に問題はなし。明るいところで戦闘出来るのも画面が見やすいから良し。雰囲気は確かに台なしだとは思うけれど、あんまり雰囲気ばかり気にして画面が暗くなって、それによってプレイしにくいわ!みたいなのもあるから、それと比べれば良し。ただ、リベレーションズをプレイした後だとやっぱりアレがなかなか雰囲気良いので、まあコレは……と思うのもとてもわかります。
後者に関しては4もそうだったので5で極端に言われたのは、やっぱりハードがPS3になってよりリアルになってしまったからでしょうか。洒落になんない、みたいな。このへんは技術の向上によって逆に難しくなってきてしまっている部分よね。私も最初はかなり躊躇したかな。人間を撃っている気になってしまったから。ゾンビだとやっぱりただの化物にしか見えないからだけれど、マジニは人間だもの……と思ってしまうし。ただ、それだからこその恐怖は確かにあるのよね。こんなに人間なのに人間じゃなくなっているっていう。4もそうだったけれど。あれも最初は普通の人だと思って声をかけたらなんか違うものでしたみたいなスタートだったよね。怖かったよ。
あと、そうだ、相棒の存在ね。これがあるから怖くないって話。私にはありがたいだけなので別に問題なしですが、確かにこのへんで「恐怖」みたいなものは相当薄れているかなとは感じました。怖さの質が違うのよね。即死攻撃持っているヤツに対応している時の怖さくらいだもの、感じるのは。

でも全体的には、システム的には非常に面白かったです。私のようなヘタレでもクリア出来るシステムだもの。武器は強化していけるしチャプター区切りで休めるし前のほうに戻って弾集めもお金集めも武器強化も出来るからなんとか出来るシステム。これって4がこんなかんじだったかな?リベレーションズは戻れないからね。周回でアイテムの繰越はあるけれど。
こういうのはホントにありがたいです。私は本当に本当に下手なのだけれど、でもこういうタイプのゲームが好きでプレイしたいという困ったくちなので、救済措置があるのは本当にありがたいの。だからリベレーションズのレイドモードが大好きなの。本編もカスタム出来るし救済措置があって良かったけれど。

それから相棒の存在。心強いです。なんでもかんでもぱんぱん撃って弾がなくなるのか大変アレですが、でもありがたいです。
そして、いつでもどこでも二人目参加OKという、このシステムが素晴らしい!こんな作りだと全く知らなかったので本当に感動したの。私は協力プレーが好きで、だからそういうのが出来るゲームが大好きなのですが、意外と無いのよね。まああってもそんなにしょっちゅう協力プレーが出来るわけではないのだけれど、それでもこういうのが好きなのです。だから無双シリーズにはまったというところもあるし。
で、バイオでそれが出来るなんて!という感動。顔を見てしゃべりながら協力プレイ、なので、弾の譲り合いもなんとかなるし救済も出来る。このへんは仲良くないと大変なことになりそうな気もしますが、私と相棒が好きな武器が被らなかったこともあって(ハンドガンは共通だったものの、私がライフル、相棒がマシンガン持ち)問題なかったし、なかなか攻略出来ないところで、じゃあ今度はこうやってみようかとか、二人で考えながらプレイするのは本当に楽しかった。チャプター3-2はその最たるもので、マップを理解しないで二人でウロウロしてチェーンソーマジニを一気に二体出してしまった時の恐怖だとか、倒し方だとか、マップを理解する為に無駄にウロウロしたりだとか、大変だったけれども本当に楽しくて、このシステムはいいなあと思ったものです。

武器カスタムも、ストーリーモードをクリアした後、カスタムを極めた武器はポイントを使えば無限弾になるという素晴らしさがたまりません。無限弾になるとリロードアクションをとれなくなるのがちょっと残念ではあったけれど(でもよく考えなくても当たり前)、これをゲットしてから前のチャプターもがんがん進んで評価をSにする楽しさ。意外とSとれないんですけども。それは私が下手なだけか。むかついたので無限ロケランも使い出しましたゴメン。それはそれで自滅したりするのでなかなか大変なのですが。相棒を巻き込まないように気をつけないとならないし。でもそのくらいのデメリットがないとつまんないよね無限ロケランは。

クリアした後に、1人プレイでシェバが使えるようになるのも楽しい。コスチュームも色々あって楽しい。クリア後の楽しみがけっこうあるよね。武器コンプとかカスタムコンプとかお宝コンプとか。

そしてストーリーモードではないところ。
先ずはジル&クリスの、リベレーションズから5に続くところのストーリー。1の洋館チックなステージはとても魅力的で、謎解きもなかなか楽しく、雰囲気も良かったんだけれど、敵と戦うのがあんまり楽しくないという。それがメインでないシナリオなのはわかるのだけれど、出てくる敵がいまいち楽しくないという。だって硬いんだもの怖いんだもの。しかもラスボスがアレなので倒せないし。時間切れ待ちでいいのはある意味ありがたくはあるんだけれど。

もうひとつは、ジル達の脱出劇。夜ステージなのがネックだけれど(見難いから)なかなか面白い、かな?怖いけども。怖いって、ホラー的恐怖というより、相変わらず敵が強いとか卑怯とかそういう系統だけれど。武器のカスタムも効かないし。覚えゲーではあるのだけれど、基本的には自分の腕をパワーアップさせるしかないという点ではジル&クリスのシナリオと一緒、だけれど、こっちのほうがプレイしがいがあるね。ジョッシュが使えるのも面白いし。この人の体術面白いし。

他は、マーセナリーズが二種類あったりバーサスがあったりするけれど、基本私の苦手な系統なので殆どプレイしていないのでした。いやマーセナリーズは多少は触ったけれど、バーサスはゼロ。これはネットに繋げなかったから。元々対戦タイプのゲームは私殆どしないのでだけれど。

そんなかんじで大変楽しみましたバイオ5。しばらく買うつもりはなかったのだけれど、6も俄然買う気になってしまいました。そのくらい面白かった。
posted by sei at 23:14 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Thu,May 24,2012

[Game]北斗無双(international版)

酷評を知りつつ手を出しました。というか、プレゼントで貰いました。くれた人も評判は知っていて、でも北斗の拳好きだし安くなっているしいいじゃん二人でやろうよ、的なかんじでプレゼントをしてくれたもの。なので最初からたいした期待を持たずにプレイし始めています。

一応その酷評の中で理解したのは、

・無双じゃない。超もっさりで爽快感ナシ
・ダウンロード商法があこぎ(?)だったらしい

くらいではあるのだけれど、前者さえ理解していれば大丈夫じゃないかなと思ったのです。そういうものだと分かってプレイすれば大丈夫かなと。
後者はどの程度のものか分からないけれど、何がDL出来るのかそもそも知らない状況だし、とにかく既にお値段が下がりまくっているので良しということで。とはいえ無印ではなく「インターナショナル版」なので、多少はお高い部分もあったのですが。

結論とすると、かなり楽しんでプレイしています。新品定価で何も知らずに購入していたらやっぱりちょっとどうよと思ったでしょうが、色々知って始めるのであればそんなに問題はないかもしれないなと。とはいえ、原作にすごく思い入れがある、特にアニメにある場合はきついのかもしれません。声優さんが全く違うようだし。私は少し見たことがある筈だけれと記憶にほとんど無いのでケンシロウ以外にはたいして違和感を感じたことはないです。ケンシロウに関しても、叫んだ時にちょっと……くらいであって、たいして気にならないかなと。

そんなことよりこのゲームの一番のネックは、先ず最初に「ケンシロウの伝説編」しかプレイ出来ない状態だということではないでしょうか。一応チュートリアルっぽい特殊モードがあったりするけれど、チュートリアルはあくまでもチュートリアルであってそれで楽しむものではないので。

そもそも「伝説編」がいまいち面白くないのです。他キャラが出来るようになってもあまり面白くない。敵をそうざくざく出来るわけではないのでこのへんはとても無双っぽくないしもっさりだし、無双の癖に微妙な謎解き、とまでは言わないけれど、次に進む為に無駄なアクションが必要だったりする。向こう岸の橋を降ろすくらいならいいけれど(まあこれもどうかと思うんだけれど)、ジャンプキックで飛び進んでいくルートとか誰得。こんなん無双でいらんでしょうに。

そんな面白くない伝説編の作りに加えて、最初に彼しか使えないケンシロウ、これがまた使いにくいというかもっさりもっさりでイライラします。敵があべしたわば状態になるのはとても楽しいのだけれど(ゴメン)、それだけです。動作後にいちいち停止状態ポーズが入ったり、その間にやられたり、ちょっとした敵の攻撃ですごい勢いでふっとんでしまったり、ああ無双ですね!みたいな弓兵がうざかったり、けっこうな人がこの序盤でこのゲームもうやんなくていいわつまんないし、と思いそうなかんじ。
しかも一人プレイしか出来ない仕様。正直無双は二人プレイが楽しいと思っているので(勿論一人でプレイ出来る仕様にしておいていただかないと困るけれど)、二人プレイが出来ない&しにくいものは無双としての価値がかなり下がると思っています。無双OROCHI2もそうだったんだけどもね。

この、伝説編をちょっとすすめるとすぐに出てくる「幻闘編」、つまり番外編にあたるのだけれど、こっちはシステム的にとても面白くなっているだけに勿体ない。こっちがもっと自由にプレイ出来れば良かったのに、と思うわけです。二人プレイも出来るしそれがとても楽しいしね。
他のキャラはある程度こっちでプレイして強くして伝説編のほうが使える仕組みになっているようなのだけれど、その他キャラの開放にも、伝説編のケンシロウを進める必要があるというのがキツイ。これがきつくてしんどくて面倒で、正直うんざりしました。伝説編ではたいしてポイントも稼げないから強くするのも大変だし、プレイするのもいまいち楽しくないから。繰り返し前のステージをプレイするには、進行についてくる、先ほど挙げた謎解きトラップだの、ラスボスのQTEだのが激しく邪魔になってくるわけです。

そう、一番のアレはあのQTE。これがないから幻闘編は楽しかった!
勿論敵がわらわら出てくるから、というのもあるのだけれど、それ以上にボス戦が気楽で、だからまたプレイしちゃおうかな、という気分になれるのね。伝説編のほうの仕組みはそうはいかなかったから、これが本当に残念。

箇条書きでまとめておきますか。

■よかったところ

・幻闘編の楽しさ。二人プレイの楽しさ。二人モードだと縦割りというのも新鮮。キャラのモーションがきちんと見えるように、かな?そんなに見にくいこともなく、爽快。

・プレイ出来るキャラが少ないせいもあるだろうし、そもそもそれぞれの個性があるせいもあるだろうけれど、使い勝手にそれぞれかなり癖があって楽しい。ラオウ様は流石の強さだし馬出せるし、トキは面白いし(でもギャグっぽいのはどうなの。私は気に入ったけども)、レイはトリッキーだし、サウザーは範囲攻撃が楽しいし、マミヤさんは遠距離攻撃が気持ちいいし、ジャギはロケランが卑怯で良い。ただし、ケンがアレなんですけども……。

・敵を倒した時の表現がまーとてもバイオレンスで楽しいです。ゴメンナサイ。これはインターナショナル版だからかな?確かに北斗の拳だ!というかんじがするのはここだと思う。ただ、もっと色々なバージョンがあってくれてもいいのよと贅沢を言いたいことは言いたい。意外と台詞の種類が少ないので。だって北斗の拳だから、もっと色々あってもね……。

・ジャギの幻闘編の面白さ。たまらんです。アミバがちょっと好きになってしまった。彼も使えたら良かったのに。使えてもトキの劣化版でしょうけども。

■いまいちなところ

・メインになるケンシロウの伝説編があまりにもつまらない。そもそも伝説編の作りがダメダメ。退屈です。技の演出が欲しいのはなんとなく分かるけれど、QTEはやめていただきたい。頑張ってミッションを全部クリアするとこのQTEの難易度があほのようにあがるとか、本気でやめて下さい。精神的に保たないから。

・中クラスの雑魚敵。無駄に固いのとか、とげとげのとか、あんまり闘って楽しくないです。ガードしているのがデフォルトっていうのはチョット……。

・初期段階だと回復アイテムが少なめすぎてつらいです。長く闘っているとそれだけで追い詰められるのが切ないので、ある程度人数倒すと回復アイテムが出る的なシステムだと嬉しかったかな。

・もうちょい面子が欲しかったかな?せっかくだからシュウとかリュウガあたりは使えても良かったような。作りもいいし。ジュウザが激しく雑に見えるんだけれど、ケンもたいがいな気がするので、このへんのグラフィック苦手なんですかねと思うしかないかな。
あと、ダウンロードしていないけれど、追加キャラがハート様と雑魚ってなんなの。ハート様はいいにしても、それならババアとかどうですか。それはそれでダメか。

・挑戦編はちょっとやる気にならんです。相方が一瞬プレイして投げていたのを見ていただけなので、それで何か言うのもアレだけれど。無双ってけっこうこういう無駄な「○○編」があったりするよね。OROCHI2で言うと「無双の戦場」かな。


いずれにしろ、意外と楽しめてしまいました。最初にプレイ出来る部分がアレなのが問題なのであって、多少根性があれば楽しめるかなと。でも現代人はそう暇ではないので、こういう作りにしてしまうのは勿体ないと思うよ。
北斗無双 International北斗無双 International

コーエーテクモゲームス 2010-12-02
売り上げランキング : 1860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 22:24 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sat,March 10,2012

ニンテンドークラブからマリオのクッションが届いたよ

ninten120310-01.jpg
……ドウシヨウ……。

いや勿論自発的に頼んだわけですが、実際使ったものかどうか悩むというか、飾っておくというのもアレだし、自分で頼んでおいてなんですが、カワイイんだけれども使い道にちょっと悩んでいるところです。とりあえず箱に入れたままにしておこう。ねこえもん用にするにはちょっとかわいそうな気がするし。そもそもねこえもんが喜ぶかっていうと喜ばないんじゃないかと思うけれど。

と、今本気で悩みながら書いていたのですが、車に持っていこうかな。アリかな。でも日に焼けてしまうだろうからそこが切ないかな。でも使ってなんぼよねこういうのって。しかしこういうのはホントに悩むわ。かわいいんだけども。

そういえば去年のニンテンドークラブで貰ったモノ、写真撮っただけでupも何もしなかったわねと今更気づいたので、探し出して参りました。携帯の中によく残っていたと思うわホント。デジカメの中ならまだしも。

先ず箱。これがかわいかったのよね。
ninten120310-02.jpg

そして中身。
ninten120310-03.jpg
使い勝手はちょい微妙なハンカチ。質&好みの問題だけれど。故にハンカチとして使用されてはおりません。コントローラーを包んだりしてある。それには小さいのよ!というツッコミはおいときます。

一昨年分のも乗っけてないんじゃあ……と気づいたけれど、流石に写真はありませんでした。なんだったっけ。あ、ゲームウォッチか。あれは嬉しかったわ。珍しいパターンだったし。
更にその前になる……もうそんなになるのね……ゴールデンハンドルは、あれをウッカリ頼んでしまったせいでマリオカートを購入したけれど、ハンドル動かすのが楽しくてけっこうプレイしたものです。でも中途半端で放り出してあるわ。下手だから。ダメそう。

あのゴールデンハンドルを持っているので、ゼル伝についていたゴールデンリモコンも欲しかったのだけれど、手に入らなくて残念だったわ。なのでヌンチャクはいらんでしょうと思ったのだけれど、ポイントが貯まっていたのでなんとなく注文してしまったんだったっけね。まだ届いてはいませんが。しかしヌンチャクがあるとなると、やっぱりゴールデンリモコンも欲しかったかもしれない。もうちょっと手に入れるべく頑張るべきだったかも。私はこういうのに力入れないから自業自得なのだけれど。

しかし以前に比べてニンテンドークラブのオリジナルグッズ、少し良くなってきたなと思います。偉そう。ゴメン。以前は貰っても困るようなものが多かったと思うのだけれど、最近ゲームに使えるものが増えてきたし(タッチペンとか)、消耗品もある(リングノートとか)。
でも私は次はゴールデンクラコンを頼もうかな!などと思っているので、結局ちっともそういうものを申し込まないのだった。
posted by sei at 21:14 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sun,March 04,2012

3DSのゲームとか

先日3DSが一周年を迎え、私の3DSも一周年を迎えるので、せっかくだから何か書き記しておこうかなと。とはいえゲームネタはわりと書いているので今更という気もするのだけれど。特に3DSは去年一年間で最も触ったゲームハードだから。多分今後もこれはしばらく揺るぎないんじゃないかなと思います。万歩計代わりに持ち歩くこともあるし(もっとも3DSはそう計りやすくはないと思うけれど)、すれ違いの為に持ち歩くし、なんといっても手軽に色々出来るのでウッカリ手が伸びるのよね。危険極まりないです。

さてそんな私が3DSでどんだけ遊んでしまっていたかという記録帳をのぞいてみようと思います。もっとも、色々なところで言っていますが、私の場合ゲームプレイ日記を書き記したりするという事情からも、プレイ中ではない時につけっぱなし率が相当高いこともあります。ま、これはしょうがないよね。開きっぱなしで寝オチしている時もあるし。

しかし思い出記録帳って面白いけれどオソロシイわね。遊んだ時間ランキングを見ながら語っていこうと思います。

1位…戦国無双 Chronicle(319:10)

戦国無双 Chronicle
3DSとほぼ同時に購入したソフトです。超納得。そう簡単にこの記録は揺らがないんじゃないかな。本当に面白いゲームです。私が今までプレイした「戦国無双」というシリーズの中で一番好き。というか、今までのものは楽しんでプレイはしたものの、「好き」と言えるものは正直なかったのよね……。
今でもすれ違えるとたまに起動しています。未だに、極希にとはいえすれ違うこと自体が凄いと思うけれど。田舎住まいだから余計ね。
ちなみに「遊んだ回数」も2位。

2位…バイオハザード リベレーションズ(234:08)

バイオハザード リベレーションズ
うそん。と今見てビックリした!だって購入したのは今年の1月末よ。というか発売日がそこだし。なんてオソロシイ。それだけお気に入りだということではあるのだけれど、ちょうど仕事が暇な時だったというわけもあるのだけれど、それにしても。分かってる、無双の次にはまっている3DSのゲームだってことは。無双はほぼ一人で淡々と楽しんでいたけれど、バイオのほうはオンの楽しさでしょうね。シングルモードも十分楽しいのだけれど、バイオのレイドモードのオンは、始めるとたまらない楽しさがあります。私こういうのやるの初めてだから余計かも。
そして「遊んだ回数」が今ちょうど無双とぴったり並んで2位。ってことは越えるってことです。まだ遊んでいるから。

3位…ザ・シムズ3(121:44)

ザ・シムズ3
わりと意外ではあるけれど、長さは納得かな。面白いのは面白いのだけれど、ロード時間がすごく長いし寝オチしている時間もかなり長かったゲームではあるから。スイマセン。
これはホントにバグがなければもうちょいプレイしていたと思います。あのバグはきつすぎでしょ。
そんなわけで「1回に遊んだ時間」でも3位。

4位…ノーラと刻の工房(64:49)

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女
DSソフトだけれどコレがランクイン。まあ分かる。周回プレイしたしね。エンディングはほぼ網羅したと思います。古き良き時代のアトリエシリーズといった感があってとても楽しいゲームで嬉しかったのだけれど、ただ、アイテムソートがね!あれが本当にまったくもって。あと、やりこんでいるとラストのほうのアイテム欄を埋める作業が理不尽になってくる(と私は感じました)ので、そのへんが惜しい。もうちょっとそのへん整頓していただければ、多分今でもちまちま起動しているだろうにと思うの。
「1回に遊んだ時間」でも2位。

5位…ゼルダの伝説 4つの剣(63:19)

ゼル伝25周年記念無料配布ソフト。素晴らしいったら素晴らしい。本当に嬉しくて嬉しくて、私はこれだったら1000円出してもいいってくらいなのだけれど、これが無料とか太っ腹すぎでしょう、と思ったわ。
ただ、既に配布終了で手に入らないのよね?有料でいいから落とせるようにしておいて欲しいものです。これから近しい人が3DS購入したりしたら手に入れて欲しいもの。

参考リンク…ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション

6位…ゼルダの伝説 時のオカリナ3D(37:25)

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
4つの剣に負けているってのはどうよと思いつつも、元々64版をあほみたいにプレイしたゲームではあるから妥当かもしれない。これはもう今更何を語るまでもない、名作ったら名作。でも多分4つの剣のほうが携帯ハードには向いていた……のかな。私がお初だったからってだけかな。
「1回に遊んだ時間」は1位。

7位…ピクロスe(34:54)

3DSウェア。名称が正しくない気がします。まあいいか。
私はとにかくピクロスというパズルが好きで好きで、あほみたいに好きでしょうがない、というのに加えて、ちょっとした時間にちょっとプレイする、というのにとても向いていたので、同じ問題を繰り返し繰り返し、タイムアタックのようにプレイした結果がコレだと思います。もっと問題欲しいわー。更に出して欲しいわー。

参考リンク…ピクロスeオフィシャルサイト

8位…ピクロスe2(31:02)

というわけで私の念願叶って(?)第二弾が出たピクロスe2が続いてランクイン。こっちのほうが少し時間が短いのは、多分3DSにソフトがたくさんになってきたからだと思います。今アイコン数凄いことになっているもの。

参考リンク…ピクロスe2オフィシャルサイト

9位…ゼルダの伝説 夢を見る島DX(29:42)

ゼルダの伝説 夢をみる島DX
どんだけゼル伝好きですかって話がないでもないけれど、夢を見る島は特に、それこそゲームボーイであほのようにプレイしたのにまだやりますかっていうね……。ただ、セーブがどうしてもしやすいとは言い難いので(とはいえ、色々考えられているとは思います)、一旦中断してしまうとなかなかプレイしなくなってしまうかも。

10位…モンスターハンター3G(26:34)

モンスターハンター3G
意外すぎてビックリというか唖然というか、うそでしょうというか。まだ言う。だって本当に序盤の序盤で放置しているのよゴメンナサイ。モンスターを気絶させるというのが面倒でつい。どんだけ序盤で放置しているのかバレバレ。ただ、モンハンの話を出した時に、twitterで「肉焼くところで挫折している」と言っていた人がいたから、それよりはマシだと思うの!
……多分、モンハンはすれ違いが溜まるので(広場より圧倒的に来る)、それを受け入れるためにちまちま稼働しているのが原因かと推測されます。

次点は「イラストロジック」。……あまり代わり映えしないというか、同じようなのばっかりプレイしてませんかこの人的な。スイマセン。
本当はすれちがい広場だとかいつの間に交換日記だとか、そういった3DS特有のものが入っているとばかり思っていたのだけれど、やっぱりゲームそのものには勝てなかったようです。でもこの系統もちまちまやっているのでそこそこな時間になっていると思うのだけれど……。アレかな、「メモをとることがない」「寝オチしない」ってのが大きいのかもしれません。
posted by sei at 00:24 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sun,February 12,2012

[Game]無双OROCHI2

※のち追記・書き終わって見直したら、ネガティブな発言が大変多くなっていること気づきました。そのへんご了承願います。ゴメン。


そう、こっちのほうが先の筈だったのだけれど、書くタイミングを逸しておりました。
そしてコレをプレイしたということは、つまりPS3を今頃購入した!という話です。なんという。正月価格になっていた&私が正月気分になっていた(=なんか買いたくてしょうがなかった)、そして、PS3をきちんと調べたら今のは細かくバージョンがあがっていて、少しは軽くなったらしいこと、ホワイトカラーがあること、を知ったので、じゃあ買ってもいいかなと。実際はやっぱり重いしでかいし、しょうがないんだろうけれどももうちょっと改良を望みたいところと思いましたがまあそれはおいといて、ソフトのほうの話です。

無双シリーズは、そんなわけでPS3もXboxも持っていなかったので最近のものはとんとプレイしていないのですが……といっても3DSで出た戦国無双クロニクルはプレイ済みで、しかもかなりお気に入りの逸品ですが……えーと、据え置き機ではかなり久しぶりの無双です。wiiの戦国無双3とか、そういやプレイしていないのよね。ま、それはおいときます。
でも私OROCHIシリーズは好きなのよ。システムが。わらわら感爽快感、3人までキャラを選んで交代で使えるあのシステムが好きなんです。今までに出た無印も魔王再臨も気に入っています。ハード購入したからそのうちZを買ってもいいかなと思ってしまうくらいには好きです。多分。

というわけで購入しました。操作キャラが総勢120人以上とか、他のゲームからのゲストキャラだとか、発売前に漏れ聞いていた情報からは、それやりすぎという気持ちになってしまっていたのだけれど、twitterとかでプレイしている人の話を聞いているうちにやっぱり欲しいなと思ってしまったのよね。

■爽快感

結論とすると、爽快感は凄い。もうざくざく切れるし、私としては初PS3のソフトだったので余計感動したかな。雑魚キャラが大量にいるのに個々に動き回っていることに。その大量さに。
ただしコレ、プレイを続けると分かってくるのだけれど、結局ステルスっぷりが半端ないのよね。何故に。それなら数もうちょっと減らしてくれてもいいのよ。前くらいでもいいのよ。それでステルスが消えるのであれば。そのへんのバランスのとりかたが失敗しているんじゃないのこのゲーム、という気がしてしまいました。弓兵が真三國無双2以上にうざいのにバラバラに動くし逃げるしで難易度あげているとステルス弓兵にざくざくやられているとかざらなので、そのへんはどうにかして頂きたいところ。

そんなかんじで大量に敵が湧くので、どのキャラも大体において、多分だけれど(なんせ面子が多すぎて全員使っていないので。ゴメン)、ある程度雑魚一掃が出来る操作になっている、気がします。そのへんは気持ちいいかな。なんせ私は三國無双は5で止まっているし、戦国無双は2で止まっている(※ただしクロニクルはプレイしているので3のシステム的なものは少し分かると思う)ので、そこからなのかもしれないけれど、以前は武将ピンポイント狙いしか出来なかったようなキャラでもある程度なんとかなるようになっていて、そのへんは楽しいかなと思います。やっぱり無双には雑魚をわらわら倒すっていう爽快感がないとね。

なので、ざくざく千人斬りが出来てしまう雑魚の湧きっぷりには感動。なんて気持ちいいんでしょう。
ただ、これも表裏一体で、そんなわけでステルスされるとむかつくし、以前のようにマップ上の赤いマーク(=敵マーク)を全部消滅させたいと思っても出来ないくらい不自然に敵が湧いてくるし、勿論無限湧きのところがあってもいいのだけれど、拠点潰す意味が殆どなさげなのは微妙だったような……。もっと斬りたいと思っている時にはいいかもしれないんだけれど。

私が無双で気になる一番のシステム的なところはこんなかんじ。気持ちいいのだけれど、もうちょっと繊細に作って頂けたらもっと嬉しいかなと。あと弓兵は(くどいので略)
そうそう、敵が無双乱舞する時にいきなりすぎて逃げにくかったり、入るとそのまま斬られ続けてボロボロになったりするのはきつかったよ。理不尽さも感じました。

■他のシステム

・シューティング要素が謎。謎すぎ。大蛇をばんばん撃つアレですが、面白い?私は全然面白くなかったし、ラストのほうの頭をいくつもいくつも倒すマップなんてもう二度とやりたくないレベルです。無双にこういうのいらんでしょうに。

・二人プレイのシステムがヒドイ。2Pプレイヤーは台詞が出ると戦場がロクに見えなくなってしまうってどういうこと。2Pプレイヤーのマップ上のマークが赤ってのも見にくい。無双は二人プレイが出来て楽しいと思っているのでとても残念。
ただ、以前のOROCHIと違って、それぞれキャラを選べるシステムなのは嬉しかった。

・レベルのシステムは今までと同じかな?ポイントを割り振ってあげていくことも出来るので、新しく仲間になったキャラを最弱からスタートさせなくていいのは助かります。正直レベル1からじゃあ触る気にもなれないキャラもいたりするしね。多いからね、キャラが。

・流石に今回は熟練度があがりやすい……かな?魔王再臨の時は無駄作業が多くなってしまって泣けた覚えがあるけれど(あげなくてはならないキャラが偏っていたせいもあるかも)、今回はそこそこあがりやすい気がします。あがりやすくなるアイテムとキャラがいるせいもあるかな。まあ今回はこれで新しいマップが出るわけでもなく、ただ代わり映えしない壁紙が出るだけなのであんまりやりこもうとか思わないけれど。

・武器のなじみ。これどうなんだろう……。勿論これによって使いたいキャラのパワーアップ出来る感は良いのだけれど、ユニーク武器は最初はかなり貧弱だしパワーアップする時期が遅いので苦痛を伴うのよね。まあ、好きなキャラだけ使えばいいのだけれど、配合すると最初からになってしまうので、ベースを大事にしないと……というのが、あまりやりこもうという気になれない。

・友好度は……いるかなあコレ。OROCHIは特殊な関係が本当に特殊で、わけのわからない組み合わせもあるので、そことそこのよくわからない組み合わせを仲良くなんてさせたくないんですケド……みたいなキャラの仲を取り持つのは正直苦痛を伴いました。ま、宴会あるし、それで強引にあげて一回戦場に一緒に連れて行けば良かったんで手軽ではあったのだけれど、組み合わせに納得いかないのが一番きつかったかな。好きでないキャラの組み合わせもけっこうあったから。もっとも、この組み合わせは好きですってのもあったことはあったんだけれど。ただ、それでもこの友好度操作は苦痛でした。
クロニクルの友好度はうまく機能していたと思うのだけれど、OROCHI2のはホントにどうかなと思ってしまったわ。今までのように隠し的なかんじで組み込まれているのはいいと思うのだけれど、こういう、マップを出す為のものとして存在するのは微妙。特にOROCHIでは。

・ロードが多い!長い!気がします。ムービー飛ばしたくても結局ロードが長いからテンポ良く進められないし、というのもあるし、演出のシーンは飛ばせないのもあって、一回見れば十分なのに毎度見せられるのがうっとうしいです。ストーリーのほうならしょうがないかと思うけれど、フリーのほうでも同じってどういうこと。フリーマップの意味がないじゃないの。これは正直致命的欠陥という気がしてしまいます。フリーではイベントざくざく起こらなくていいのよ。

・その続きになるけれど、正直会話イベントというかが多すぎて、ざくざく進んでいるとそれがものすごく遅延するのよね……。これは今までの無双もそうだったからといえばそうなのだけれど、今回は更に多くなっていて、今までより余計気になります。

・マップ選択時の一覧というかで、そのマップがどの難易度がクリア済みなのかがすぐ分からない。これもやり込みする時にしにくくてガッカリ。

なんか、こう見ると雑に作ったなという所が見え隠れしていて残念です。ちょっとした工夫でなんとかなりそうなところもけっこうあるのに。

■シナリオとかキャラとか

・シナリオというかマップかな?そんなに多くないのよね。ストーリーは一応一本道だし。脇にそれるタイプは一回目、EDを見るまでは良いし楽しいのだけれど、その後のやり込み時にトテモ微妙。

・正直最初の三人は何故?と思ったけれど、ニューキャラばっかりじゃなくて私はほっとしました。馬超ありがとう。馬超は古株だもんね。何故に彼、とも思ったけれど、使いやすいしアリよね。
半兵衛は幸いクロニクルでしか触ったことがなかったので、私はこういうショタキャラは基本大変苦手ですが、クロニクルの出来が良いのでわりと好きよ、になっていて助かったなと正直思ってしまった。OROCHI2が初めてだったら好きになれていたかどうか……。戦国・軍師枠で使い勝手がわりといいキャラという意味では選出もアリかな。でも彼さくっと死んでいそうなのよね。彼がラスト三人に残っているというのはけっこう違和感あったかも。
司馬昭は今回お初でしたが、そもそも私は晋に思い入れがないのです。ゴメン。ただ、6からの新しいキャラを中心に入れないとね、というのは分かるから、その中ではまあアリかなと。ビジュアルは服装以外は苦手系ではないから(※服装はそもそもここのところの無双が現代化してきてしまって私は殆どにおいてガッカリしている)。と思ったのだけれど、最初からいるだけに仲良くなるでしょう。仲良くなるとキャラが見えてくるでしょう。賞賛台詞が変わってくるでしょう。何このキャラ、と唖然としてしまったよ正直。なんでこんなキャラづけにしたの?なんでこの人こんなにやる気ない(上にぶっちゃけ味方に迷惑で正直むかつきます)のに生き残ったの?ゴメン色々言って。ビジュアルとかわりといいのに勿体ない。

・それに続いてしまうけれど、キャラ設定、新しいキャラは相当その、ヘンなのが多いのね。びっくりしました。新しいキャラはとりあえず使ってみたいと思うのが無双だったのだけれど、一度使ったらもうウンザリ、みたいなの多すぎじゃないですか。使う前にマップにいてよくしゃべったりする場合はそれだけで嫌になっちゃうのが何人も……。幸いにも影の薄かった人はそういうのがなかったので使う気になったよ、みたいなかんじなのはどうなの。使い勝手は面白かったりするのに、それ以前にしゃべりが無理です、っての多すぎて……。いやそれ以前にビジュアルが受け付けないのも何人もいるのが……。新しいキャラで悪くない、と思ったのが片手で足りてしまうのはどうなの。OROCHI2プレイしたら三國無双6買うかなと思っていたけれど、その気が一気に失せていくようなのはどうなの。
ぶっちゃけると中二病全開ですね的なのとか(OROCHI2ではたいして掘り下げてないだろうにそれが透けて見えるってことは……と思ってしまう)、不自然な台詞で周りが賞賛するとか、無双はえろげーじゃないんですよ私けっこうでかい乳好きですけども無双にそんなビジュアル求めていないのよとか、なんかそういうの。今無双でキャラ作っているスタッフと私の感性が全く合わないのだなと感じたところです。

・呂布の扱いがひどすぎる。あんなことならナタ出さなければ良かったのに感。私が好きではないキャラづけがされているのもあるけれど。ナタの元は知っているから分かるんだけれど、ああいう中身のキャラ苦手なのよね。しかもそれの為に呂布がかませになっているのを見るともう……。

・しかしゲストキャラはイイ。買う前は一番危惧していたところだったというのに、イイ。ゲストキャラとしての元へのリスペクトもあり、絡み具合もほどほどで無駄に出張るわけでもなく程よいかんじ。ビジュアル的にちっとも浮かないのがいいんだか悪いんだか。おかげさんでゲストキャラは全員そこそこ育ててしまいました。

・甲斐姫が卑弥呼を勝手に逃がしたシーンが全くもって理解出来ません。せめてメインで仕切ってる誰かに声かけなさいよと。ここはすごく違和感感じたのよね、シナリオの中で。
ついでに言うと甲斐姫は出ばりすぎじゃないでしょうか。かぐやが彼女の乙女組的なネタに巻き込まれていたのが不憫でならなかった。「かぐちん」とかホントに寒いので勘弁して欲しいの。
更にムービーに出過ぎ。キャラあれだけたくさんいるんだから他の人に出番を譲ってあげて欲しい。もう少しバランスとってくれてもいいと思うの。私甲斐姫は嫌いとかいう感覚はなかったのだけれど(クロニクルに感謝)、正直あれやっていなかったら今頃嫌いになっているんじゃないかと推測されます。

・ぶっちゃけ女性キャラ出ばりすぎ感。そのせいでなんかすいーつ的なにおいが……。なんでこんな恋愛脳ですか的な。OROCHIは世界観が特殊だから逆に難しいのかもしれないけれど、もうちょっとこう、もうちょっとマトモなネタなかったんですかっていう感が……。
正直女性キャラ増やしすぎという気がします。元々舞台的に女性キャラを出すのには難易度が高いと思うのだけれど、にもかかわらずたくさん新しい女性キャラを出してしまってわけのわからないことになっているような気が。華は欲しいので女性キャラは欲しいのだけれど、こんなどうでもいいのばっかりいらないなと。しかも新しいキャラを出したことによって、以前からの女性キャラが下げられている気がして残念でならないです。


まだ書き足りない気がするけれども、とりあえずこんなところで。
つまり、無双らしい楽しみ方はしたのでそれなりに満足してはいるのだけれど、作りが粗いなとか、やっぱりちょっと変な方向に向かっちゃっているのかなとか、そのへんが気になったソフトでした。あと、無双シリーズってもっと楽しいやり込み度が半端ない印象だったのだけれど、そこがあまりないところとか。無双シリーズは好きなので、もうちょっとこう、軌道修正してくれたらいいのに、と思います。
無双OROCHI 2 (通常版)無双OROCHI 2 (通常版)

コーエーテクモゲームス 2011-12-22
売り上げランキング : 80

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 00:00 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Wed,February 08,2012

[Game]バイオハザード リベレーションズ

先に書くべきゲームがあるような気がしますが、今これにすごく夢中なので、夢中なうちに書いてしまいます。ただ、このタイミングで書くと無駄な事書く率もあがるのよね。まあいっか。

コレは3DSを購入した当初から、出たら買うと決めていたソフトのひとつです。もっとも、あとは「ゼル伝が出たら買う」という事しか決まっていなかったのだけれど。バイオハザードは、3DSでは先に「BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D(バイオハザードザマーセナリーズ 3D)」が出ていますが、私はバイオが好きなわりには下手で下手で、何が楽しくてプレイしているんですかと言われかねないレベルで下手でどうしようもないので、普通タイプのはまだしも、相当な腕と慣れが必要になるマーセナリーズタイプは向いていないので、先ずは見送り。コレ、中古だとデータが残ってしまうっていうのもマイナス点だったかなと思います。でなければ一応中古の安いの見つけて購入していたでしょうに、ともちょっと思うから。当時3DSのソフトって中古安かったしね。新品もそれなりに安かったか。ハードの売れが微妙だった頃は戦国無双 Chronicleとか、あんなにいいゲームなのに1980円だったし。今じゃあもうちょっと出さないと買えませんよ。なんという相場変動。

最初から話がずれた上にバイオとあんまり関係ない。スイマセン。

というわけでバイオハザードリベレーションズ。ナンバリングである4と5の間のお話だけれど、私は4はプレイ済みで5は未プレイなので、ひょっとしてちょうどいいんじゃないですかねとも思っていたのでした。5はある程度知っているけども。そのうちプレイするつもりではいます。
そして携帯ハードでバイオっていうのも、DSのデッドリーサイレンス、つまり1ですね、アレをプレイしているので違和感なく出来るだろうなと。というか、据え置き機でプレイするのは気合いがいるので、携帯機で出るのは助かるのよ。ちょっとした時間にふらっと出来るからね。テレビ見ている合間にちょっと、とか出来るのもありがたいのです。出先でプレイ出来るのもね。

……内容ね。スイマセン。
先ず。これははまった。もうすごくはまった。ってのは最初に書きましたが、これは私好きだわ。すごく好きなゲームのひとつに挙げても良さそうなかんじです。もっとも私はバイオの系統は評判がいまいちなものでもけっこう好きだったりするのであてにならないかもしれないけれど。でもこれは人にお勧めしたくなるのよね。一緒に協力プレイしようよ!と言いたくなるから、っていうのもあると思うけれど。

好きなところ

・狭くて暗いところでびくびくしながら進むかんじが、昔のバイオっぽい。怖いのは正直私大変苦手なのですが、だから実際のところ困ったりもしたのですが、でもこの雰囲気はいいと思う。やっぱり、見やすくて嫌いじゃないんだけれど、炎天下で化け物が出てきてもねー、と、映画のほうのバイオを見ていても思ってしまうので。

・私のような下手な人向けカジュアル(イージー)モード。全部倒していっても弾がなんとかなるのは大変ありがたい。というか十分余る。アリガトウ。
……とはいえ、イージーモードとは思えないほど大変になるところはあるんだけれど。初見だと最初のほうの中ボスがけっこうキツイのよねコレ。

・操作的には4系といっていいのかな、ああいうかんじ。死角に入られることはあるけれど、わりとプレイしやすいんじゃないかなと思います。あんまり自信ないけれど。
これは変更も出来る模様。私は今までデフォルトでしかやっていなかったので、ちょっと変えてみようかなと、今は思っているのだけれど……。

・3DSなので下のタッチパネルで感覚的に操作出来る。いつでも表示しておけるし。武器選択も楽だし(もっとも私はびびりなので焦って間違えることなんてしょっちゅう)、リロードもクリックで出来ちゃう。DSに慣れている人はコレ、有難いんじゃないかな。勿論他のボタン操作でも出来るようになっているので、そのへんはどういう人でもプレイ出来るように親切設計になっているかなと思う。拡張スライドパットも使えるようだし。

・海外ドラマ風エピソード仕立てになっているので、休憩が入れやすい。ほどほどの長さで一旦切れるのは、私のようなびびりには本当にありがたいです。

・操作キャラがちょこちょこ変わる。これはマイナスポイントにも繋がってしまうところではあるのだけれど、最初のプレイでは間違いなく楽しい。と思います。多分。気分も変わるしね。勿論メインはジルだけれど、パーカー使ったりクリス使ったり、キースも楽しかったよ。キースとクエントのシーンは特に気分が変わって良いです。大変だけれど。

・言語が色々ある。前みたく英語+字幕で十分よと思っていたのだけれど、日本語が意外といけるのよねコレが。声優さんは私は殆ど分からないのだけれど、ジルとクリスが映画のほうの吹き替えの人だということくらいは分かる。クリスの声で「これまでのバイオハザードリベレーションズ」と言われると、プリズンブレイクかスパナチュかい!という気になるけれど。
ちなみにBSAAのボス、オブライエンは声がホレイショで、これまた海外ドラマ好きとしては笑える。ビジュアルや仕草はコロンボよねこの人。コロンボの吹き替えもこの方がやっていたことがあったりするのかな?コロンボ役は何人か声優さんいらっしゃるよね確か。

・映像すごい。これは私が言うまでもないしそもそも私は映像に重きを置かないけれど、これ凄い。3Dもよく生きているので強くしてやってしまうのだけれど、あんまりやると3D酔いするので要注意。

・音も凄い。私はこれにもそんなに重きを置かないけれど、凄すぎて怖すぎるんですケド。怖さのあまり音を消したくなるレベル。私は最初英語でプレイしていたけれど、メーデーさんは本気で怖かった。進みたくなかったよ。出てきてからも意味不明なことをしゃべっている(聞き取る余裕がナイ。メーデーメーデーだけはよく聞こえるのだけれど)かの方は激しく怖かったです。レイチェルも怖いです。こっちは日本語のほうが意味がしっかり分かるだけに嫌だったかも。和物ホラーみたいよ、レイチェルは。
話がちょっとずれたわ。あと、効果音もイイ。壁の向こうにいるんだなとか、だんだん近づいているかんじとか、プレイ的に聞こえたほうがありがたいんだけれど、でも怖かったよ!しばらくの間は夜中にプレイ出来ませんでした。

・レイドモードが素晴らしい!最初に、キャンペーン(ストーリー)モードのほうを進める必要があるけれど、最初に出てくるのが、キャンペーンモードをエピソード3まで終わらせた後。これが本当に嬉しかった。エピソード3のラストで疲弊しきったからね、私。それでストーリーのほうはしばらくやりたくないかもと思ってしまっていたのだけれど、レイドモードがプレイ出来たというのが嬉しかった。これでばんばん撃っていたので、すぐにストーリーモードも進める気になったのよ。レイドモードの続きを出したかったってのもあるし、ちょっと耐性が出来たってのもある。
レイドモードの何がいいって、レベル制なのでじわじわ強くなれるところ、時間制限がないところ、武器やカスタムパーツが色々出てきて楽しいところ、条件がわりと緩くてすぐSがとれるところ(もっとも、この腕でこんなことでいいのかしらは思うこともないではない)。とにかくストーリーモードの息抜きが出来る!というのが私にはすごくありがたかった。もう大好き。

いまいちなところ

・水中プレイ。最初のプレイではわけがわからず死ぬ死ぬ。いやそこまでではなかったけれど、先ずは水中というより、腰まで水に浸かっているマップ。水中だとどうしようもないアレ、アレがうざいのなんのって。逃げようとしても捕まりまくるので激しくイライラしました。それは私が下手なだけですか。ゴメン。
そして水中は「息継ぎしないと死ぬ」はうけたけれど、慣れるまで大変だったかな……。マップを理解するのが大変で。アレに捕まると方向が分からなくなってしまうのが余計つらかった。

・スキャンするアレ。それ自体は私は面白くて使っているのだけれど、ただそこに転がっているアイテムを探すのに使うのはどうだろう……。もうちょっと、最初にやったような面白さが欲しかったかも。ちょっと単調な気がします。あと、武器との持ち替えが微妙に面倒だったのだけれど、これはしょうがないかな?

・プラスにも書いたけれど、操作キャラが変わること。これ自体は悪くないというか好きでもあるのだけれど、周回プレイする時にきつくないですか。武器がそこだけ完全に固定されてしまってカスタムも出来ないので、そこだけ難易度があがってしまうかんじ。せっかく周回に弾とかアイテムを持ち越せても、これではどうにもこうにも……。私にはゲット出来ないだろうから関係ないけれど、無限ロケランもあのあたりでは使えないんでしょうから、そうすると無双出来ないよね……。バイオはそういうゲームじゃありませんと言われそうだけれど、あれでざくざく進むのも楽しいものなのに。

・エレベーター等のシーン。途中で、これ「now loading」が出ていないだけの、そのシーンなのねと気づいたけれど、かくかくするのよね。気づいてからは、これはアリだなと思ったけれど、気づかない間は大丈夫かなコレと思ってしまった。フリーズするんじゃないかと思ったし。これはいいところでもあり悪いところでもあるか。このゲームそういうのが多いかなひょっとして。

・プチサイズのすばしっこい敵。これで難易度あげられても……という気になるのよね。死角に入られるともうどうしたらいいか分かりません。思わず無駄にナイフバトルをしてしまうレベル。下手だからというのもあるけれど、勘弁して頂きたい。透明プチハンターとか、もうかんべんして下さい。そうそう、透明ハンターは、あれはどうなのかなあ。うーん。あんまり面白くない気がするのだけれど。

・二人で行動している時、一緒にドアの向こうに行けない。ちょっとロンリーな気分になれます。処理の関係で厳しいのかもしれないけれど。一人の時だと軽快にドアの開け閉め出来るしね。ロードとかないに等しいので(一部除)、そのへんは凄いなと思ったけれど。

・ダメージを受け続けると画面が見づらくなる。血糊で殆ど見えなくなったり白黒になってきたりして、もうハーブ使いなさいよという親切設計は分かるのだけれど、これだけ見にくいとギリギリで頑張ろうという気はしないのよね。ちょっと分かりにくくなるだけでハーブを使ってしまうのは勿体ないなと。今回のハーブは全快するし。

・レイドモード。ネットで協力プレイが出来るのはすごくありがたいのだけれど、ほんの一言でいいのでどういうつもりで募集かけているのかメッセージが書けたら(選択出来たら)良かったのに!と思います。私がすごく下手だから思うのかもしれないけれど。申し訳ないんだけれどレベル高いけども下手なの手伝って頂けますかと言いたいの。そこまで長くなくていいので、下手です、くらいは言わせて下さいお願い。
あと、プレイ中の台詞、「ごめんなさい」系が欲しかった。今のところ「ありがとう」しか使ってないよ。
それから、あれはバグよね……協力プレイをしている時に遭遇したのだけれど、マップ……いくつだったっけ、蒸気を止めて次に進むところ。相棒が見えない蒸気に阻まれて進めなくなっちゃったのよね。これ修正して頂きたいわ。無理か。でも対処法がよく分からないのよね。順番を変えてみたら進めたけれど。


こんなところかな?まだ抜けがある気がするけれど。一気に書こうとすると忘れるのよね大体。
ともあれ、全体的には大満足。好きなゲームです。

そうだ、発売日に購入したので早期購入特典であるDVDも貰えたのだけれど、意外と面白かったです。「Jessica's Report」だったかな?キャラ紹介みたいなの、あれもなかなか面白かったし、なんといってもレイチェルのmovieかな。本編で末路は見ているわけですが、それまでのところが見れたのは面白かった。怖いけどね!それでもゲームをプレイするよりは怖くないから。ただ、ネタバレがある気がするので、本編プレイ後に見るのが吉。私はそうした。ネタバレがあるとまでは思っていなかったけれど、クリアしてほっとしたらDVDの存在思い出したのよね。
バイオハザード リベレーションズバイオハザード リベレーションズ

カプコン 2012-01-26
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あと、そんなわけですごくすごく下手でどうしようもないのですけれど、レイドモードで協力プレイをして下さる方を激しく募集しております。一応レベルはカンストしているしABYSSにも足を運んでいるけれど、一人プレイは最初のほうでもう心が折れてるの。死ぬ前に気持ちでダメとかどうよって話ですが、あまりにもメーデーさんが大量に出て来ると私ダメなのよね。いや他のもダメなんだけれど、メーデーさんの即死攻撃には激しいトラウマがあって、どんだけ戦っても慣れないの。DEEPのテラグリジア2だったかな?あそこでも素早いメーデーさんに何度も即死喰らったし。ダメすぎ。パニくるのでトンデモナイことしでかしたりしますが、それでも良ければ的な。
あ、一応DEEPの中盤くらいまでなら普通に手伝いプレイが出来ると思います。多分。後半になるとパニくる自信がある。即死攻撃喰らう可能性もある。スイマセン。迷う自信もあるから余計いけないのだけれど。レベルが高いからって、プレイ時間が長いからって、慣れていると思ったら大間違いよと叫びたいわ。かえすがえすもスイマセン。あと、まだあんまりいい武器&カスタムパーツ持っていないのよね。使い方が悪いだけかもしれないけれど。ダメすぎ。
あと、回線の問題でやりたくても出来ないこともありますゴメン……。なんか色々情けなさすぎ。
連絡はTwitterが一番便利かなと思うけれど(DM使ってコード交換出来るし)、でなければメールフォームから一言頂ければと思います。あ、連絡先もお願いします。
ってここに書いても無理だと思うのだけれど一応。twitterでもフォロワーさんバイオやってる人見かけないし、野良プレイは申し訳なくてそんなに出来ないし(それでも一応、初めて、頑張ってやってみてはいるのだけれど)、今詰んでいるのよね正直なところ。
posted by sei at 23:00 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Thu,December 29,2011

2011年にプレーしたゲームetc

いつもの。
今年の問題は、わりと感想を書いていないんじゃないかなというところです。意外なものをきっちり書いている事もあるので、どっちもどっちだけれど。数はどうだろう……。今年もまた同じような時期に体調を崩してどうにもこうにもならなかった、上にその時期少々多忙だったので、去年よりずっと記憶がぶっとんでおります。
とにかく遡って書いていきたいと思います。

おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!
おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!
昨年から年またいでプレイしていたゲーム。相変わらずのちびロボでした。やっぱりちびロボはお掃除するほうが良いね。しかしイベントのテンポの悪さも相変わらずなので、周回したいのにしにくいのも相変わらず。
2009年発売。
私のレビュー記事はコレ→ [Game]「おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!」のこと

長いので
posted by sei at 22:56 | TrackBack(0) | Game | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。