Mon,June 11,2007

ここのところの気になるゲームネタ

ブログの記事にしたいネタがありすぎて飽和状態なんですが、それ以前に私が記事に書き起こすパワーが今現在あまり残っていないのが問題でした。昨夜のテニスだって、あんなに見たかったのに殆どうとうとしていたわよ!勿体ない。

という無駄切れはさておき、細かいゲームネタを。
出張前に書きたくてしかたなかったネタもあるので、ということはネタが古いって話もありますが、とりあえずがんがん羅列していきます。
……さっきまでスポーツメモの更新に燃えていたから、書き方をひきずっている気が。まあいっか。

ITmedia +D Games:いろいろな音をニンテンドーDSに聴かせて、ドラゴンを生み出そう――「ドラゴンテイマー サウンドスピリット」
これはまた、以前の……タイトルを忘れてしまいましたが、色々なCDを読み込ませて色々なモンスター(だったと思うけれどもかなり自信がない)をゲットしよう!っていうアレを思い起こさせますが、この手合いのものというのは、なかなかそれなりに面白いんだった。多分。私もアレはもっていた筈だけれども、いちいちセットしていくのが面倒になって放り出した気がしないでもないんですがそれはさておき。周りの音であればいいんであれば、CDよりは収集方法は楽だと思うし。

ライトセーバーを振るゲーム、開発中 - iNSIDE
素直にとても楽しみです。といいつつ多分あんまり期待していませんが。その前にバイオ4やんないと。やっぱナイフプレイですか。それは私には無理。

ITmedia +D Games:王子がせっせと王様の尻ぬぐい――「ビューティフル塊魂」
マジですか!これはちょっと気になるわ流石に。とうとうXBOXを買わないとマズイでしょうか。でも置き場がない気がするので、とすると塊魂を見送るしかない気がしてしまうわ。もっとスマートなデザインにしてくれたら良かったのに。
ちなみにPS3は今のお値段だったら範疇外かしら。流石に塊魂好きでもそれだけの為にあのハードを買う気にはならないと思います。だったらXBOXのほうがイイわ個人的に。普段は何かカバーでもかけておけばいいだろうし。でもダサ(自粛)

どっちにしろ私はこっち↓のほうがトテモ気になっているのよ。
『超兄貴』シリーズに新たな動きが!? メサイヤのサイトがオープン! / ファミ通.com
超兄貴オフィシャルWEBサイト
良し!
っていうか、以前ネタで超兄貴バーチャルコンソールで販売してくれればいいのに、とか言っていた覚えがありますが、それよりなんだかアヤシイ動きが出てきたのがなかなかたまらんです。ゲームそのものは大体においてクールすぎてプレイしにくいけれども(私はそもそもシューティングは苦手)、それはそれとして、超兄貴の「何か」は、とても楽しみです。

あとは、まだ世界樹プレイ中だけれども、コレ↓は買うわよ。多分買います。CM見ていて嬉しくなってきてしまったし。ちょっと心配でもあるけれども。
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

任天堂 2007-06-23
売り上げランキング : 2
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 21:56 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Thu,May 31,2007

「Wii sports」のテニスが好きです

※一応「「WiiSports」FirstImpression?」の続きです。

毎日プレイしています。といっても始めてからまだ数日ですが。
いい具合に汗もかくので身体があったまって、すっかり麻痺したまま出かけてしまうので(朝寝ぼけながらプレイしています)、軽装である場合が多く、今日も目一杯失敗したところです。駄目じゃん。一応、まだ夜はとても冷えるしだからそういう対策はきちんとしているのだけれども、それにしたって軽装です。会う人会う人に「それじゃ寒いでしょ!」とか言われます。そう思います。さっきも足が冷え切っていたし。
でもそんな時にほんのちょっといつもより気合い入れて、更にラリーを続かせる事に気をつけてテニスを2ゲームでもプレイすれば、一気に身体も温まるし夕食後の軽い運動にもなるしシャワーも気持ちよく、とてもいいかんじです。
でも、明日からはもう少し「朝起きた時の感覚」をしっかり覚えておくことと、天気予報をきちんと見ること、を忘れないようにして着替えようと思います。でないと本気で身体に悪そうだし無駄に心配されてしまうから。

ところで「Wii sports」です。

他のスポーツも少しずつプレイしています。少しずつなのでまだちょっと微妙なところもありますが、多分コレもファーストインプレッションなかんじで。

■ベースボール
実は途中で飽きて殆どプレイしていない……というか、一回の表裏やって、ひょっとしてコレを延々やるのかしらと思ったら少しうんざりしてしまったのよ。そしてその後プレイしていない。でも冷静に考えるとテニスがあのくらいなんだから、そんなに長い筈はないか。

■ボウリング
どうして、リアルにプレイする時の癖がそのまんま出るんですか!とびっくりしました。あこがれの(?)ストレートが投げられると信じていたのに。そんなに甘くはないか。
あと、パワーの調整がなかなか難しい、というか、まあ気にせずに投げまくっていますけども、いや今振ったのは投げたかったんじゃないからちょっと待ってー!という、バーチャルならではのミスがけっこう出ます。それはボウリングに限らないけれども。というかもっとミスが出やすいのがある。

■ゴルフ
それがコレ。いや今の違うから!っていうのがウッカリ出ます。優しく振らないとならない時も多いからかな。
あんまり細かく考えなければ、さんざんたたいてもいーやとかいう雑な気分でやっていればそうは気にならないものの、きちんと考えてやって、それでうまくいかないと、むきー!となります。それはそうか。
ゴルフもなかなか面白いなと思います。パターが意外と難しいけれども。というか優しく打つのは難しいね。少なくとも私はまだちっともコツがつかめません。

■ボクシング
一旦外してしまったヌンチャクを再び装着して、更に他のものの時は邪魔になる……などという面倒くさいことは出来んです。そのうちプレイすると思います。
……つまり、今現在全く触っていないスポーツです。ゴメン。

■テニス
そんなわけで、唯一最初に触っていたスポーツ。やっぱりダントツで好きです。手頃に身体が動くのもいいです。ボウリングやゴルフも面白いんだけど、私のプレイの仕方だとバランスがあんまり良くないのよ。でもテニスはいいかんじで動くのでやっぱり一番楽しいかな。自慢じゃないけどホントにしっかり横移動とかもしてしまいます。阿呆かも。ただ足の向き変えてきちんとフォーム作るだけでもけっこう動いていると感じますが。
でもまだ無駄ラリーを続けているだけで、偶然勝っているだけな気がします。まだ、狙いすぎるとがんがんアウトになっているので。要修行ってかんじです。

そんなわけでひたすらテニスをプレイして楽しんでいますが、さっきプレイして初めて「トレーニング」と「体力測定」なるものがある事に気づいたので、また明日にでもやってみようと思います。今日はもう止められたから終わり。というかお風呂入っちゃったから終わり。あのメッセージも、いい止め時になっていいね。
Wii SportsWii Sports

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 46
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 00:17 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Mon,May 28,2007

「WiiSports」FirstImpression?

本当にファーストインプレッションというか、最初のちょこっとだけ触った程度の話です。

時間ないけどほんのちょっとだけならプレイしてみてもいいんじゃないかな、って、なかなか久しぶりにWiiを触ったところです。

Miiを作っていなかったので、そこから始めないとならなくてかなりイライラした事は秘密で。そんな状態だったので、かなりいいかげんに作ってしまった事も秘密で。きちんとジャケット裏に説明があるんですけれども、そんなことはウッカリ忘れていたので私が悪いんですけれども。でも時間ちょっとしかないのよって時にここからだと、正直投げそうになるわね。いや私が悪いんだけれども。

しかもその直後、たまーになるんですけれども、意味もなくリモコン操作が出来なくなってしまったので、一旦電源抜いて対処。コレは多分もっと他のきちんとした対処法があるのだろうと推測されますが、以前私が取り説読んだ時に何も役に立たなかったというのと、つまり一旦リセットしてあげればいいんじゃないの、という事で電源ひっこ抜いたら普通に直ったので、まあそれはそれでいいかと。

なんてことをしていたので、プレイするつもりだった時間が殆どなくなってしまって、でも全くプレイしないのも切ないので、最初にある「テニス」だけ、ワンゲームだけ、それならなんとかなるでしょ、とレッツプレイ。

……無茶苦茶面白いんですけど。ちょっとたまんないことない?コレ。なんというか、びっくりしたかも。実はそんなに期待していなかったようです。後で気付いたんだけれども。そして多分、思ったよりずっと快感度が高かったみたい。

ラケット(リモコン)振るのがすんごく楽しいんですけど。脳内シミュレーションのごとくプレイ出来るんですけど。と言うのは言いすぎですが、パワーのない今現在ホンモノをプレイすると、ゲーム(テニスの。ヤヤコシイ)以前に身体の色々が死んでしまうだろう事が推測されるのに、Virtualだからきちんとボール飛ぶもの。あたり前だとか言われそうですが、でもなんだかすんごい快感なんですけどコレ。

最初のゲームは、コツが掴めなくてワンポイントとった程度で負けてしまったんだけれども、二回目、二セットマッチにして再チャレンジしてみたら、長ーいラリーは続いたけれども、Deuceを繰り返したりもしたけれども、それでも2-0で勝ったもの。この、シンプルで分かりやすいのもなかなかたまらんです。年寄りでもOKそうです。
あんまりたまらなかったんでもうワンセットやっちゃいました。今度はわりとあっさり勝ってしまったかも、しれない。ラリーはあほみたいに続いてしまいますが。

でも「ダブルス」だということに慣れなくて、ウッカリボールを見送ってしまうとか(シングルスと比べてアウトラインが違うから)、両方のキャラを動かせる事に慣れなくて結局バック側の一人しか使っていないだとか、そんなことは秘密です。

ついでに、ワンセットで終わらせるつもりが、あまりにも楽しくてついついプレイしてしまったものだから、見ようと思っていた全仏テニスがとっくに始まっていた事も秘密で。
Wii SportsWii Sports

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 46
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 01:03 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Fri,May 11,2007

「世界樹の迷宮」プレイ中

3月に友人に貰ってからこっち、でかける時のお供になっているのがこのゲームです。

このゲームに関しては古き良き時代のゲーマーが好みやすいゲームという事で有名(多分)なので、そのへんの内容に関しては全部とばします。
私はまだプレイ中(やっと第四階層に一歩踏み入れたあたり)で、だから全体的な感想に関してはまだ今後変化する可能性があるので、そのあたりもふっとばします。

じゃあ何が言いたいのとかいうと、大したことではないんだけれども、一ヶ月につき一週間程度だけ稼働させるRPGとして非常に向いている出来で私はとても嬉しい、と語りたかっただけです。ゴメン。

中身がとてもSIMPLEなので、以前どこまでやってあったかとか、そういう部分を完全に忘れてしまっていても殆ど困らない、っていうのが多分キモの部分。

ゲームのカンを取り戻すまでに多少試行錯誤をするのがモンスターとの戦い方ですが、これもそう種類が出るわけではなく(総合計の話ではなくて、進んでいるあたりの話)見目で属性も判断しやすくカンである程度なんとかなります。自分のキャラのほうも、ある程度は殴っていればなんとかなるのでだんだんどう戦っていたか思い出せます。そんなに複雑な技を持っているわけでもないし。少なくとも技を出すときに出てくる説明を読めばなんとでもなるレベル。

ゲームを進めるにあたって、多分ちょっと飽きないようにと用意されているクエスト&ミッションですが、これも引き受けてあったからといって気にすることもなく、忘れていても困らない。無視していてもいいし、思い出してやってみてもいい。完全に忘れていても、条件をクリアした段階でメッセージが出るから、忘れていても困らないという親切設計だし。
好きにすればいいよ、っていうのは多分この「世界樹の迷宮」というゲームのキモの部分だと見受けられます。昔のゲームブック調の、そこかしこに出てくるメッセージが既にそうだし。「してもいいし、しなくてもいい」っていう、アレね。しかしそう言われるとやってやろうじゃないのとか思ってしまうものだから(私の場合は「じゃあやんない」とか言っている事も多い気がしますがそれはさておき)人の心理ついてるわね、とか思いながらプレイしています。人は強制されるとやりたくなくなるものよ。多分。

私はずっと、出先で出来るSIMPLEなゲームが欲しいと思っていたし、パズル系等であれば色々持っていたのだけれども、RPG系で私が求めている条件を満たせるゲームというものは殆ど存在しないのが分かっていて、だからこそ古いウィザードリィ移植でいいから出して欲しい、等と以前語っていたものでしたが、ウィズライクというだけあって条件ばっちりの「世界樹の迷宮」。
勿論違うゲームなので被らせてしまうのもどうかと思うのだけれども、それでもやっぱり被らせて見てしまう、そんなゲームです。

とはいえ「世界樹の迷宮」は今のところ迷宮の中も街も画面が明るくて世界観そのものが綺麗なかんじで(大体第一階層が美しい!)画面そのものは癒しの世界なのが更にたまらないです。
勿論私はウィズのあのじめじめした、暗い世界観も大好きなのだけれども、でも、それはそれ、これはこれってことで。

でも、どうしてテレポート系魔法がないのかしら。どうして「浮く」系の魔法がないのかしら。トラップ大量マップはそういう魔法があってこそ(というか、回避方法がある事)だと思うのだけれども違ったかしら。それとも単に私がまだ覚えていないだけ?そんな気は全くしないんだけれども。それとも代わりになるアイテムがあったりするのかしら。
世界樹の迷宮(特典無し)世界樹の迷宮(特典無し)

アトラス 2007-01-18
売り上げランキング : 136
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 20:53 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sun,May 06,2007

アナログのパズル本

パズルゲームというより昨今流行りの頭脳トレーニング系かな、という気はしますが、川島教授が流行ってくださったおかげで、初心者でも取り組みやすいこれらの書籍(ムック)が出ているのがありがたい。
周囲の60歳以上の方とかが喜んでやっているのを見ると、マニア向けばかりでなくそういうものももっと出して欲しいなと思うのよね。私もつき合うけれど楽しいし。手頃な難易度で、手頃に手応えがあって、頑張れば解ける、という絶妙のバランスのパズルっていうのは実際作るほうが大変だって気がしますが、それでも最近ちょこちょこ出ている気がする。

例えばコレ。
クロスワード漢字ナンクロクロスワード漢字ナンクロ
川島 隆太

学研 2006-02
売り上げランキング : 364530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

せっかく拾った漢字が一回しか使われていないよ!とか、そういう切なさはあるものの、難易度は相当低いので、漢字ナンクロ初心者には超オススメ。だと思う。

普通に売られている雑誌系の漢字ナンクロは難易度が無茶苦茶高い、というか、初心者には意味が分からない所もあるというか、それ以前に解きたくないっていうか見たくもない気分になる部分があると思うので、こういう手頃なものってとてもいいと思うのよ。もっと同じくらいのレベルのムックを出して欲しいと思います。
若い人なら、こういうのから始めてだんだんレベルアップしていきたい!と思ったりするものだけれども、お年寄りの場合はそれよりは同じくらいのものを求めるものだし、大体無闇に難しいようなものは無理だと思うから。問題のサイズが大きいだけでうんざりするみたいだし。
幸い(?)私はまだそこそこ若いので、難易度があがってもついていけるかも、と思うとわくわくしますが、それはやっぱりまだ脳みそがそこそこ若いからだと思うのよね。プラスになる時期ではないけれどもマイナスになる時期でもないと推測されるもの。……そうでもない気もしますが、でも少なくともまだ色々やってみたい年齢ではあるかな、という事で。

でもこれは平均的に、っていう話で、年齢関係なく元気な方は元気だから、お年は召していてもどんどんレベルアップされる方もいるのよね。最近私がついていけんのですがどうしたら。漢字ナンクロは苦手なのよ。それ以前にナンクロ全体が苦手ですが。
posted by sei at 00:17 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sat,May 05,2007

DSで欲しいゲーム

只今「世界樹の迷宮」をずーっとプレイしているので(※DSでの話。据え置きでは「無双OROCHI」を未だにプレイしています)新しいゲームは必要ないんだけれど、先日久しぶりにゲームshopを覗いて、アトリエシリーズの新作がDSで出ているのを知って、それで買うかどうか少し悩んだのよ。

新しいアトリエシリーズを持ち歩けるんであれば欲しいなと思ってしまって、でもよく見たら、多分出たばかりだと思うんだけれども、お値段が、ぶっちゃけコレ大丈夫?って思うくらいには安くなっていたのよ。ついでに横にあったPS2のキングダムハーツの新作はもっと大変なお値段になっていた気がしますがそれはさておき。

というわけで、いくら安くてもあまりにもひどいものであればわざわざ今手を出すこともないかも、と先ずはネットで情報を漁ることにしたのだけれども。

思ったよりは、あくまでも想像していたよりは、地雷ゲームというわけではなさそう。
なんだけれども、商品としての出来がダメダメという結論でいいんでしょうかコレ。DSソフトでそんなにフリーズ多発されたらたまったもんじゃないと思うんだけれども。DSソフトって、そんなにはフリーズしないでしょ。それは私が今まで恵まれていただけなのかもしれないけれども。
あとは戦闘はエンカウント多すぎの上にあんまり意味がないとか、メッセージ表示がもっさりしているとか、軽快にプレイ出来ない、っていうのが一番問題になっているところでしょうか。
メッセージは特に痛い気がします。私がアレを我慢出来ないたちだからそう思うのかもしれないけれども。メッセージはやっぱり「どばっ」と出ちゃわないと。戦闘もアトリエシリーズでは付属部分だと思うので、あんまり手間かけさせられるのは厳しいかもしれない。

でも、調合はやっぱり面白いのかな。これが面白ければやっぱりプレイしてみたいと思ってしまうんだけれども。というわけで買うかな、と思っていたんですけれども、ゼル伝の新しいのがDSで出るって事を思い出して却下。
そうよ、新たに買うんならこっちよ。大体今世界樹をプレイしているんだから新しいDSソフトに切り替える暇もないのよ。といってもゼル伝が出るのは6月末のようなので、そこまで保つかどうかは分からないけれども。
リーズのアトリエ ~オルドールの錬金術士~(通常版)リーズのアトリエ ~オルドールの錬金術士~(通常版)

ガスト 2007-04-19
売り上げランキング : 190
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

任天堂 2007-06-23
売り上げランキング : 5
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

……だからどうして発売前でプレイしていないゲームのレビューを書くんだろう……。期待がどうとかいう話であれば他のところでやって頂きたい、と思うのだけれども、あっでも発売後の評判と比較するのも悪くはないかな。多分。

ちなみにそのうち欲しいと思っているDSのパズルゲームもあるんですが、未だに「SIMPLE DSシリーズ Vol.7 THE イラストパズル&数字パズル」をプレイしているのでとりあえずは必要ないかも。でもカラーイラストロジックのいいソフトがあれば欲しいと思っています。このゲームをプレイしていて思ったんだけれども、ナンプレは私、アナログで数字を紙に書くほうが楽しいみたいなのでそっちでいいかなと。イラストロジックはアナログだとそれはそれは大変なので、デジタルが好き。だからロジックに特化しているほうがいいみたいだなと。ナンプレのほうもかなりプレイはしているんですが、ロジックほどはやっていないし。

他はというと、「もじぴったん」が大好きな私なので、DSのもじぴったんも買おうかと思ってはいたんですが、未だにDSにずーっとアドバンス版のもじぴったんがささったままそれをプレイしている、という実状を見て、いや新しいのいらないんじゃない?と後回しに。

あとは「ピクロスDS」。「マリオのピクロス」が大好きだったのでこれも買うつもりでいたのですが、結局買っていない理由としては「白黒だから」。最近カラーがお気に入りなのよ。
とはいえ、コレもカラー問題もあるから!とどなたかがつっこんで下されば、その瞬間に買いに走りそうではあります。でも多分白黒だと思うのよね。

……ってことは結局ゼル伝待ちってことに。まあそれはそれでいっか。世界樹の迷宮、面白いし。
posted by sei at 00:24 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Tue,April 10,2007

「無双OROCHI」のこと

やっと忠勝が仲間になったから、安心して中断してちょっとだけ語ります。

発売前は、何このイロモノゲーム、とか思っていたコレですが、無双は無双だしと買うことに決め、けれども発売日が出張中だったのと、流石にちょっと多忙な時期だったのとで、少しの間封印していました。
が、開封したら最後ノンストップで身体壊しそうになるまでプレイしてしまったし。

良くない?これ、かなり良くない?出来が良くない?中身(シナリオ)は間違いなくイロモノだけれどもゲームシステムはかなり良くない?
とにかく素晴らしい爽快感。見事なわらわら感。これでもかと出てくるザコ兵。多少敵の増援があったりはするものの、それはこちらにとって逆に願ったりで更にざくざくいける、そんなかんじ。綺麗に一掃しようと思えば出来るし、私のような、無双には爽快感を求めている人間には本当に願ったりなシステム、そんな気が致します。

ヘタレにも優しいシステムになっていると思うし。
無理しなければ問題ない作りになっていると思うし。基本的に無双シリーズは大体ヘタレにも優しいシステムにはなっていると思いますけれども。

ただ一個だけかなり納得いかないのが、無双ゲージが今までのようには溜まらないところ。意味が分かりません。このシステム変更だけは理解出来ないんだけれども何故ですかコレ。HPゲージと同じようなかんじになってしまっているわよね。納得出来ない。

ストーリーは4種類しかないのが少し残念ではありますが、それでもまあそんなに問題はないかな。戦国の皆さんが1種類だけ、っていうのが残念、というか、魏・呉・蜀・戦国、っていう括り自体がオカシイんだけれども、でもまあそれはそれで。何が言いたいのかよく分かんないわね。スイマセン。
まあそもそもそんなにストーリーとかは求めていないからどうでもいいやって気持ちが大きいかな。
ただ、最後の最後に遠呂智ストーリーみたいなものがあると信じていたので、なかったのは残念。「ワードナの逆襲」は必須でしょ。それは違うゲームか。というか、逆襲じゃないか遠呂智の場合は。あっでも遠呂智が勝っちゃうとマズイか。あと、下手にストーリー作られて、そんな事情で世界ぶっ壊されても……と思ったりしちゃうと余計まずいか。元々どんな事情があっても頭に来ると思うので、それなら普通に悪の帝王だから!とかのほうがいっか。色々難しいわね元がぶっ壊れている設定のゲームって。

しかしホントにあほみたいにキャラが多いので、ストーリーを進めている間にも、誰に会っていないんだか仲間になっていないんだか仲間になっていたのに気付かなかったとかありましたが把握しきれなくて、まあそれはそれでいっか、と思いつつも気になったのは私の大好きな本多忠勝です。強い人は好きですから。
他はどんどん仲間になったし仲間になるとがんがん使っていたんですが、忠勝はめったに会えない上に唐突に現れて下さるもんだからわけがわからず、少なくともどっかに所属はしそうにないなとか、まあ悩んだ悩んだ。

仕方ないので他のシナリオもがつがつプレイして、故に他の、ウッカリ私が忘れていたキャラすらもどんどん仲間になっていったのですが、忠勝は仲間になってくれない。
やっぱり出会える7章外伝かしら、と素直に片っ端からプレイし直してやっと仲間にしたんですが、結局条件がよく分からんです。最後は戦国の7章外伝でしたが一応。
しかも同時に遠呂智(この字はもう少しなんとかならなかったんですかね)も仲間になったので、もう最後の最後よ忠勝が仲間になったのって。こんなに苦労するとは思わなかったわよ。もっと苦労しそうだと思っていた呂布とか左慈とか妲己はとっとと仲間になっていたというのに。

まあでもやっと使えるようになったのでこれから思いっきり育てたいと思います。彼を探す時に使っていたキャラ、というかそもそも使い込んでいた皆さんですが、もう既に何名かcounterストップしちゃってるんだから彼も追いつかないと。
ちなみに夏侯惇(魏シナリオで後半ずっと使ってた)、馬超(戦国シナリオでずっと使ってた)、趙雲(蜀シナリオで相棒がずっと使ってた)、左近(呉シナリオでウッカリずっと使ってた)あたりがレベル99だったかな。最初の三人はさておき、何故に左近か私、とちょっと思ったけれども、使いやすかったのよね彼。

・・・ここまでが、多分一週間くらい前に書いたものです。・・・

続きを読む
posted by sei at 00:09 | TrackBack(0) | Game | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。