Tue,July 14,2009

[Game]ドラクエ9のこと(初期段階)

ドラクエ休暇を頂きとうございます。

あ、でも明日HEROESか。とすると必然的に書くわね。加えて言うと、休暇以前に出張なのでそもそも書きようがないって事を思い出しました。

DSでたらたらプレイするゲームがあってもいいなと思ったのもあって、一緒にプレイしようよという声に負けて買ってしまったんだけれどもドラクエ9、まさにDS向きで私は嬉しい。ドラクエなら攻略本いらないし。とことんプレイしたい場合は欲しくなるんだろうけれども、少なくとも宝箱を見落としてしかもその後取りに行けない、っていうことが、ドラクエはないでしょう殆どの場合において。そういう所が親切設計で好きです。

ここ数年のは殆ど知らないけれども、攻略本ありきのRPGとかが増えすぎてウンザリしていたのよね。そういうゲームが出来るほど色々な余裕はないもの。多分そのせいもあるわね、私のRPG離れは。ただ、世間も全体的にそういう傾向にあるようですが。一時期はやり込み度が高ければ高いほどいい、みたいなかんじもあったし私もそういうのが好きな頃もあったのだけれども、それをプレイする余裕がないのよ。攻略本片手、或いは自分メモ片手に完全集中してプレイ出来る余裕っていうのはそんなにはないということです。心の余裕というか。実際、結果的に夢中になってはまってプレイするにしても、最初に感じる敷居は低いほうがいいのよっていう話です。多分。

で、いいよ今回のドラクエ。少なくとも私は楽しんでいます。
もっとも私はドラクエ7,8をプレイしていないし(そんなわけでRPGが殆どプレイ出来ない体質になっているので)、つまり遡ると遙か昔のSFCドラクエ6以降やっていないのです。もう少し言うと去年だったかな、ドラクエモンスターズジョーカーをプレイしたのでそれ以来と言うかもしれません。そして、あれの印象が良かったので(ドラクエはプレイしやすいRPGだということを思い出した)今回もまあ大丈夫かなと思ったわけです。

しかし今回のドラクエ、自由度が高いというか、高いって言っていいのかよく分からないけれども、基本的になんか淡々とレベル上げをしている気がします。仲間キャラは自分の好きなように作成出来るので、そのへん込みで、なんていうか、wizみたい。あそこまでストイックではないにしても、仲間の無個性っぷりとか、ひたすら淡々とレベルをあげるようになるところとか、アイテム集めだのモンスター図鑑埋めだの、なんかそういうところに燃えそうなかんじが、とてもwiz。wizはどっちかっていうと村正探しの旅ですがそれはさておき。いや、やっぱりあれも淡々とレベルあげをして……いややっぱりその後の宝箱開けが楽しいのよね。

勿論ドラクエなので一応お話やイベントはあるのだけれども、でもやっぱりこれ、なんとなく気分はwizだわ。少なくとも私はそんな気分でプレイしています。アイテムをドロップするほうは今のところ放棄しているけれども(盗賊いないし)、とにかくその、淡々と戦闘をするシステムがそれっぽい。嫌いじゃないわ、こういうの。据え置きハードだったらダメかもしれないけれども、DSだと嬉しいです。持ち歩いてなんとなくプレイするにはこういうのがイイです。

あ、しまった、一言で終わらせようと思ったのに結局書いてしまっているわ。まだまだプレイ途中というか最初のほうだと思うので語る状態じゃないと思っていて、だから一言でと思っていたのだけれども。仕方ないから記事のタイトルも変えておきます。(※一応、最初は「本日の一言」だった……のに……)

そんなかんじで今のところ楽しんでいます。今やっと船が手に入ったところかな。
メンツは、主役(旅芸人のまま)・魔術師・僧侶・格闘家、なのだけれど、見目が変わるせいで、その時に一番いいものではなくて見目で揃えてしまって半端なまま強引に進めています。大丈夫かしらコレ。こういうことしているからちっともレベルが上がらなかったり先に進めなかったりしているんじゃあないかしら。ホント、主人公をどう育てたもんか分からないのよ。やっぱり戦士にすべきかなあ。

……と悩むのもwizのようです。ドラクエだと3?あれは確か途中でデータがふっとんでショックのあまりクリアしなかったと記憶していますが。その前に私の休暇が終わっちゃったんだって気もするけれども(リハビリ中にプレイしていた筈)。そういや2も「ふっかつのじゅもんがちがいます」に切れて(以下略) いやでも2はスーファミ版でプレイし直したのよ。3はしなかった、のが今でも心残りなので、DSで出し直して欲しいわホント。

話がずれました。

とにかくそんなかんじで今のところとても楽しんでいるので、感想を書く暇がないです。
って締めようと思っていたのに結局手が滑って書いてしまった上に気がついたらけっこう時間がたっているわ。書いている場合と違いますホントにもー。
さ、ドラクエに戻ろ。という時間でなくなってしまったのが残念でならないです。
ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人

スクウェア・エニックス 2009-07-11
売り上げランキング : 1
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きを読む
posted by sei at 00:47 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Fri,June 26,2009

Wii Sports Resortを買ってきた

まだ全部に手を出してはいないのだけれども、これはたまらんです。ボリュームたっぷり色々な種類のスポーツがあって、それだけでも嬉しい。

スタート時のアレ(スカイダビングでスタートする)からしてもう引き込まれるわー、と感動しつつ、いやでもとっととプレイさせて下さい今あんまり時間ないし、とか思いました。でもスカイダイビングは嬉しかった。
その前の取説ムービーは、親切ー、と思いながらも、その前にしっかり紙媒体の取説読んだ私の立場がないわ、と思いましたが。(※強制ムービーなのでとばせません。3分くらい。その間に教えて貰いながら装着出来るので、Wiiモーションプラスはソフト起動させてからつければいいと思います。と、これからプレイする人の為に書いておいてみた)

とりあえずテーブルテニスに夢中になってスライス打ちに夢中になって(ホントにけっこう思った通りに曲がる!なので、その分慎重にプレイしないとならないけれど)、3Pシュート(バスケ)で、あの、オールスターの3Pシュートコンテストのどきどき感を味わってカラーボールは慎重に入れてみたりして(まだ一回しかプレイしていないのだけれどもとりあえず5本連続決めと21Pとってごきげんになっているお手軽な私)、それはこの間もあったでしょう、っていうゴルフをやったりボーリングをしたりして(どっちも当然ではありますが相変わらず面白い)、フリスビーを飛ばして、犬のいたいけな目にやられてプレイを挫折してみたり(ちっとも思うように飛ばせない模様)、チャンバラに夢中になってみたり、ウェイクボードが全然分からなかったり、してみたところです。

今のところ特に感動したのはバスケの3Pシュート。
いつもオールスターのコンテストを見ているせいか、実際の身体は動かせないのにシミュレーションみたいなのは頭で出来ているのね、そしてこれは操作がとても簡単なので(多分、他のものより座ってあんまり動かないでも出来そう。まだ試してはいないけれども、今までやった中でダントツ動いていないから)、そのイメージだけで出来るかんじがしてわくわくしてしまいました。なんかもう、すごい幸せ。まあまだ一回しかプレイしていないので、すぐ飽きちゃうとかそういう可能性もありますが。
と、書いている途中でいてもたってもいられなくなって更にプレイしていましたが、アーチェリーが地味にイイ!これはヌンチャクを繋げないとならないのでちょっと面倒ではありますが、あの、ひくかんじがすんごくイイ。たまらんです。

しかし。
今度はWiiモーションプラスとかいうものをリモコンにくっつけるのです。これはとても素晴らしいものだと思うのですが、そう、とても思うのですが、いかんせんリモコンの重量が倍増するのです。重いですリモコン。それを振り回すわけです。手首に来ます。ヤバイのでサポーターをしてプレイしようと思います。

でも、買って良かった!楽しいです。汗だくになるけれど。
Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス」1個同梱)Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス」1個同梱)

任天堂 2009-06-25
売り上げランキング : 12
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アマゾンのお値段落ち着いて来たかな?この間見た時狂っていたから。まだ高いと思うけれども。そのへんのお店で買えば4000円そこそこで買えるっていうのにあれはないわ。

そういえば、初めてクラブニンテンドーの予約ボーナスポイントがつくというアレを使ったのです。ソフトの予約をした段階で、今度こそ忘れずに登録しておくわ、と思って。今まで予約ボーナスポイントも早期購入ボーナスポイントもついたことないんだもの。登録し忘れたりしていたから。それ以前に去年いきなり思い立って一気に登録したけれども、その前までは利用していなかった、っていうのがあります。ちょっと後悔したのは秘密で。いや特にゴールデンハンドルが気に入っているとかそういうわけではないんですが。その前のが欲しかったとかそういう……まあそういう話です……。

追記。不都合が出たみたい↓。
■『Wii Sports Resort』で初回のみ流れるムービーが再度表示される不具合が発生 - iNSIDE
http://www.inside-games.jp/news/360/36014.html
SDカードメニューからソフトやチャンネルをプレイした後に『Wii Sports Resort』を起動すると、初回起動時のみ表示される「Wiiモーションプラスつけ方ムービー」が再度自動再生されてしまう不具合が発生している
ということで、軽めの不都合で良かったです。しかも私SDカード刺していないから関係ないわ。今のところ間に合っているのよね。
posted by sei at 00:21 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Fri,June 05,2009

PSPとかゲームハードの話

少し前に出たニューカラー(緑)が綺麗だったのでそろそろPSPを買ってもいいかなと思っていたのに、次のPSPが発表されているし。ちょっと新しいものを出す期間が短すぎじゃないの、と思わないでもないです。

だって、ニューカラーが出たのって今年に入ってからでしょう。正月以降だった記憶はあります。そして私みたいなまったりタイプは出てすぐに買うなんてことは先ずしないから(今のところ発売日に買ったのはゲームボーイアドバンスのみ)、考えて、そうね買ってもいいかなあ新しいの出たし、とか思いながら買うのですが、こう次々と新しいものを出されたら、実際のところけっこうどうでも良くなってしまいます。
そういう客層を求めているわけではないのかな、とも思うけれども。やっぱりPSPってコアゲーマー向けなのかなと思ってしまいます。そのわりには今回の展開はゲーマー向けでもないような気がしてしまうのだけれども。

ソニー、PSPの新モデル「PSP Go」を正式発表:ニュース - CNET Japan
【情報追加】写真で徹底解剖!新型モデル“PSP go”をいち早く触ってきちゃいました - ファミ通.com

新作の「PSP go」、いいなあと思う部分は、とにかく小さくて軽いところ。携帯ハードは軽いに限ります。持ち歩きにもだけれども、そもそも本体を抱えてプレイするわけだから、軽くないと手が痺れてしまうと思います。PSP1000を持っていた友人も、手が疲れるからプレイしたいけれども続けては無理、とか言っていたように記憶しています。

でも、いいなあと思えるのはこのくらいなのがちょっと痛い。
しかも小さいっていうのはデメリットにも直結していて、これによってモニタが小さくなってしまっているのよね、コレ。これはダメでしょうと思うのです。寧ろモニタは大きく見やすくでも軽いとかのバージョンアップでないときつくない?と。今まではそのパターンで進化してきた気がするし。DSもそうよね。画面の見やすさというのはとても大事なことだと思います。

他にも、やっぱりUMDスロットがないっていうのは……。過去にしちゃうということでしょうか、あのたくさん出ているソフトを。ゲームソフトはこれからはダウンロードの時代!ってことでしょうか。それ自体はそう悪くはないと思うのだけれども。やっぱり、片付ける時とか整頓する必要がなくなるし、ゲームを選ぶのも楽といえば楽だし。
今wiiでいくつかバーチャルコンソールやwiiウェアのゲームをダウンロードしてプレイしているけれども、そのへんは便利なのよね。ただ、取説見るのがうっとうしいと思うけれども。何故か読んでいると途中でどうでも良くなるのよね。昔、まだ、パソコンのモニタで長い文章が読めなかった頃を思い出します。ちょっと違うか。多分アレは、読んでいると、もういいやプレイしちゃお、と思うから、だと思います。分からなくなったら途中で説明書を開けばいいだけ、っていうのは変わっていないしね。逆に取説をなくす心配がないからいいのかもしれません。中古品を見るとけっこうついていなかったりするからね。子供だと破いちゃうのかもしれないし。

しかしソフトがデータだけになると、中古市場とか廉価版とかがなくなるわけで……いや廉価版は出るかもしれないけれども、ソフトの暴落がなくなるわけで、それは買い手側にはしんどいなあ。今より真剣にチョイスしないと、って話になりそうです。でもこれはゲーム会社にはいいことかもしれない。リスクが減りそう。在庫抱える心配がないし。あっでも最初からちっとも売れない可能性もあるってことじゃない?どうなんだろ。
……ま、このへんは特にこの業界に関して知っているわけではないのでこれ以上考えるのはやめておこうと思います。でも少なくともゲーム屋さんは困りそうな気がします。

機能でのポイントはやっぱりこのくらいかな。
あとはデザインがださいわとかいう話があります。あともう少し変えればかっこよさそうなのになんでこういう結果なのか分からないんですが、それが一番使いやすかったんでしょうね、きっと。それで外見を犠牲にしたのよね。と思うことにします。
ま、思っても買わないんだけれど。

色々述べましたが、26800円っていうお値段は問題だと思います。悪いけれども、所詮携帯ゲームハードでしょうに、お値段あげすぎ。DSiだって上げてきたなあと思ったのに。今そういう時代なのねとは思うけれども、どんどん性能が良くなっているからっていうのはあるだろうけれども、ただでさえSONY製品、持ちが宜しくなくてまた買い換えるんだろうなあと思うと、やっぱり購買意欲は沸きません。
やっぱりそのうちPSP3000の緑を買うってものかなと思ってしまうわ。今回の発表で、それも買う気が失せつつあるのだけれど。

オマケ。
WiiとニンテンドーDSiに新色登場!大作に合わせて発売 - iNSIDE
どっちも凡庸ですが悪くはない、かな。wiiは最初に両方出ていればブラックを買ったかもしれないと思います。今私のところではPS2の黒いのと並んでいるので、それなら黒のほうがいいかなと思うってだけの話だけれど。
ただ、wiiザッパーとかハンドルとかは白しかないでしょ。いやハンドルはゴールドがないではないけれどもそれはさておき、とにかくそういった系統のものとの相性が悪そうなのが、ちょっと問題かな。白黒だからいっそそれも面白い、と思っちゃうのもいいかもしれないけれども。多分。

DSiのほうは、せっかくだからクリムゾンレッドにすれば良かったのに!と思います。こういう赤は写真だけだと微妙なところが分からないので評価しにくいけれども、そもそも私はDSiの現状ラインナップを知らないんだった。けっこう何色か出ていたと思うのだけれど。


ところで私ただ今体調が絶不調でなかなか落ち着いて記事が書けずにいます。このブログ始まって以来って気がしないでもないんですが(少し前から弱っていたのでぽちぽち休んではいますが)、そんなわけなので時々穴が空くと思います。ゴメン。これだけ咳が止まらないと体力根こそぎ持って行かれてしまうよ。とはいえホントに咳だけなんだけれども。
posted by sei at 17:27 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sat,May 30,2009

Game「ぼくとシムのまち キングダム(wii版)」

正直、とてもお安くなっていたので買ってみたものです。
この系統のシムシリーズは基本好きなのだけれど、この間の「ぼくとシムのまちDS版」がいまいちだったのと、それでもこれはDS版のほうがいいかもしれない(持ち歩くからこそ淡々とプレイ出来ることあります)、と思っていたのとで、多分買わないだろうなと思っていたのだけれども、あまりにも安くなっていたので、つい。
ただ勿論、安すぎて不安も多々ありました。それだけダメなのかなと。

でも結論としては私にはとても面白くて、前作もwii版で買うべきだったと思ったゲームです。

どんなゲームかというと、自分がワンドリア(いわゆる魔法使いみたいなもの)になって、魔法の杖で人々を助けていくゲーム……というとなんか誤解されそうなので言い直して、なんか理不尽なお願いをされながら、皆さんのおうちを綺麗にしてあげたり作ってあげたり電気を通してあげたり畑に水をあげたりするゲームです。多分。

住民の皆さんのお願いが片っ端から理不尽すぎて何ふざけた事言ってんのよそんなの自分でやんなさいよお願いの一言で家が建つと思ったら大間違いよ、と言いたくならないでもないのですが、そこは、ワンドリア試験に3人しか来ないファンタジーの世界なので下手につっこまないように。私は何度もなんでこのお願いを聞かないとならないのかそこが理解出来ません!と思わないでもなかったんだけれどそれは秘密で。大体、シムの世界なので、こいつちょっとヤなヤツでは……と思っても、けっこういいヤツでカワイイのです。流石シム。多分。ヘンなヤツは一貫してヘンなヤツですが。元が牧歌的な世界だしね。

で、とにかくその「何かを作る」作業が楽しい。最初のうちは使えるパーツもとても少なくて出来る事にも限りがあるのだけれども、家の内装はそれでも楽しい。ベットと椅子とソファーと机しか置けなくて、どこにキッチンがあるんですか状態でも楽しい。ペンキも色々なバージョンが増えていくし、塗りたくるのはとてもとても楽しい。どこをどう塗ろうかなという楽しみはかなりのもので(私的に。)、だから、「ムード」条件がもう整っているにも関わらず塗ってしまいます。

一応説明しておきますが(このゲーム自体がそれなりにマイナーなものだと思うし)、ものを作る時にこの「雰囲気(ムード)」みたいなものが一定量に達すると、その依頼がクリアになるのです。例えば「かわいい」「自然」「メカ」等。勿論それをたくさん持ち合わせている外装(ドアとか窓とか)や家具等もいいし、なくては塗るところもないのだけれど、私はその、あんまり趣味がいいとは思えないアレな塗りがなかなか好きです。どこをどう塗ろうかなと。ものによってはけっこう細かく塗れるし、後のほうで何にでも使える積み木のようなパーツが手に入るのだけれども、これを好きなように組み合わせて色塗りする時の楽しさといったら、なかなか他のゲームでは味わえない、ような気すらするのです。

ただ。
これは他のパーツ選びにも当然言えることなのですが、そのメニュー選びが大変。大変っていうか、操作がしにくいのです。
これはもう、ものすごく、そりゃあすごくすごく、今まで述べたプラスポイントを一気にマイナスにしちゃうくらいのマイナスポイントだと思います。
だって、したいことがなかなか出来ないんだもの。

メインメニュー、というとおかしいけれども、右脇に出るメニュー、杖を使うとかペンキのハケを使うとか、これは選びやすいしものによってはリモコンのボタン一発で出せるので特に問題はないです。
問題は、下に出るメニュー。
杖を使うとして、組み合わせていくパーツを選ぶのは下のメニューに出るわけですが、ここの操作が……。リモコンのポイントが合いにくい!最初プレイ出来ないかと思ったわ。

ただコレ、私の受信センサーの位置が問題だったと思います。つまりそういう繊細な問題です。
wiiのリモコンって、なるべく、出来うることなら画面と平行にして使って欲しいというのがあるのよね。すっかり忘れていたけれども。ここのところあんまりそういう系統のゲームをしていなかったし。ここのところプレイしたのっていったら、なんだったっけ……BASARAとかマリオカートですか。やっぱりあんまり関係なさそうです。いや一つとても関係ありそうなガンコンゲーがあったわ。あれは大丈夫だったけれども……うーん……。

とにかく、今まで特に問題を感じなかったセンサー位置なのですが(ちなみに私はTvモニタの上に貼り付けてある)、多分これのせいですねともう少し下の位置においたら、プレイしやすくなりました。
それでも時々ふらふらするけれども、これは多分私の癖なんだろうなと思……いたい。

ま、これは人それぞれの環境の問題として片付けられるのですが、パーツそれぞれを選択して設置する時、これが、自分の好みの位置に細かく置きたいという願望が出てくると操作がとてもとても大変です。
そんなの想定していなかったもの!と、作った人に言われそうな気がせんでもないんですが、かなり、ふらふらするのね。ものによっては、そこにおいたらいいじゃない!と勝手に持って行ってしまうし。これ自体はノルマをこなしている時にありがたいので文句は言えないと思っているのですが、もう少し操作性が良かったらもっと良かったのに!と思う部分です。

つまり、多分、積み木の楽しさがあるゲームなのだけれども(しかもそれを好きなように色塗り出来る!)、それは意外とプレイしにくいですっていう話。ゲームとしての流れでプレイしている分には特に問題ないんだろうなと思います。だからここを非難するのもどうかなと思うのですが。でも、多分、突き詰めると、このゲームの楽しさってそこにあると思うから、それで言いたくなってしまうのよね。

とにかく、私はかなり楽しめましたこのゲーム。面白いよ。ロードの長さがちょっとばかり気にならないでもないんだけれども、このくらいなら許容出来るかな。
ともあれ前作もwii版をプレイしたくなりました。新しいシリーズはなんか違う方向に行っちゃっている気がするし。パーティって、レーシングってなんだろう……。シムってもの作りの楽しみを味わうシリーズだと思っていたのだけれども。
ぼくとシムのまち キングダム 特典 ローランド王&DJキャンディ特製ストラップ付きぼくとシムのまち キングダム 特典 ローランド王&DJキャンディ特製ストラップ付き

エレクトロニック・アーツ 2008-10-30
売り上げランキング : 7093
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 00:48 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sat,May 23,2009

Game「戦国BASARA2 英雄外伝(wii版)」

今頃!と言われそうですが、とても今頃プレイする気になって、していました。
というのも、前作のBASARAが、面白いことは面白かったんだけれども、単調で、わりとあっさり飽きてしまったものだから、あまりすぐに手を出す気になれなくて廉価版待ちをしていたところ、その時期に他に欲しいものがあってプレイしていたので全然手を出さずにいて、そうしたらwii版が出てしかも廉価版まで出てしまった!……ので、いいかげん買ってもいいんじゃないかという気になったからです。なんか全然理由になっていない気が。
と、なんとなく前作は「飽きたから放り出した」ような気がしていたんですが、今ブログの記事漁ってみたら、そうだった、あの頃私の昔のPS2がイカレたんでした。それでどのゲームもプレイ続行出来なくなったんだったわ。ウッカリ忘れていました。それのとばっちりを喰ったんだわ、このゲーム。それでプレイ日記が中途半端なんだ……。シマッタ……。

ま、それはさておき。
とにかく、あの妙な世界観は嫌いじゃないしぶっとびすぎな所もなかなか好きなのですけれども、いかんせん単調なのよねコレ。無双系のアクションなのだけれども、実はシューティングじゃあないかなと思うくらいの単調さ。って書くとシューティングがそこまで単調なのかという問題に行き当たりますが、シューティングのほうがずっと難しい気はします。私が苦手だからって話もあるけれども。あと、理不尽だったりするわね。昔のは、って話だけれど。いや理不尽なのをプレイしていたからじゃないのとかそういう(きりがないのでこの話終わり)

まあそんなわけなのですが、wii版は2と英雄外伝がパックになっているという親切設計で、しかも、プレイし始めて気づいたのだけれども、今までのパターンだと、無印版をがっつりプレイしてデータを仕上げてから外伝系に行かないと残念な事になってしまう、というかんじだったと思うのですけれど、今回のこのwii版はそれがない。ないっていうか、データが共有出来るという素晴らしさ。
これは本当に画期的だと思うのよね。おかげさんで無印2と外伝を行ったり来たり出来るんだもの。両方手元にあるのに、我慢して片方だけプレイし続けるっていうのは、わりとしんどいものだし。

しかも外伝になると、無印2でちょっと理不尽だと思ったお金稼ぎが少しだけ楽になるのよね。アイテムも種類が増えて使い勝手が良くなるし。だから、実際外伝だけプレイしていたら無印2がプレイしたくはなるだろうけれども、でも外伝の作りがとてもいい、と感じるのです。絵柄がアニメーションなのはちょっと残念ですが。しかもなんていうかその、ものすごく安っぽ(自粛) でも内容が面白ければ、そんなことは気にならなくなるものです。実際のムービーシーンは片っ端からとばせるしね。大体、そんなところに力入れなくてもいいんです。ゲームとしてのシステムが良くてプレイが面白いほうがいいもの。

そんなわけで、外伝のほうがとても好きです。
ストーリーがあるのは三人しかいないし、外伝でも数人だけだし、なんだけれども、BASARAは全国統一モードがあるから、特にストーリーモードがなくても痛すぎるってことはないです。それがイイ。
そしてなんいってもくじですよ。なんという素晴らしいシステム。これのおかげで、こんなんいつ買えるんですかまた幸村でお金稼いでこないとダメかも(私のお金稼ぎは専ら彼でした)、と思っていたのだけれど、運がいいと無料で手に入るという素晴らしさ。おかげさんで続けてプレイするモチベーションが保てました。

が、じゃあそろそろ一回無印2に戻りましょうかね、ストーリーモードまだ大半やっていないし、と思って戻った段階で、確か政宗あたりを一人クリアしただけで、やっぱりどうでも良くなってしまった!

BASARAは飽きが来るのが早くていかんです。なんか色々勿体ないなと思うのですけれど。
ただ、私の今の体調がBASARA向きではない、というのもあると思うので、もう少し元気になったらまたプレイするかもしれません。
戦国BASARA2 英雄外伝(HEROES) ダブルパック(同梱特典無し)戦国BASARA2 英雄外伝(HEROES) ダブルパック(同梱特典無し)

カプコン 2007-11-29
売り上げランキング : 2968
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それにしても、2の主役っぽい扱いの慶次、なんかキャラが薄いわね。BASARAなのに……。これなら無双の彼のほうが濃いです。というかあっちは無印の頃はあのゲームの中でも相当濃かったからそのせいかもだけれど。
そんなわけでちょっとキャラ作成失敗していない?と思わないでもなかったです。嫌いではないけれども、それは単に私がそもそも元々慶次という人物が嫌いじゃないから、という所に起因していると思うし。BASARA1の政宗並に薄い気がするわー。いや彼は今回も薄いなと思いましたが。舎弟出来たのに舎弟のほうが濃いし。舎弟っていうか乳母のイメージですが、彼って。
posted by sei at 00:36 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sat,May 02,2009

Game「ICO」

CMが有名で、世間の評価も高いゲームですが、そのうちプレイしてみようかな、と思っている間にずるずるとここまで来てしまって、更に気がついたら廃盤になっていたので、当時の1000円、とかいうのを長い間見ていた私としては流石に今更手を出す気にはなれなくて、残念だけど縁がなかったのね、と思っていたゲームです。
が、そういう話をしていたらどこぞから伝わったらしく、持っていた知人が貸してくれたのです。廃盤になってしまっている場合は発売元の利益も何もあったもんじゃないのでありがたくお借りしてプレイ。というか、そうでもなければ、今現在中古市場で3000円を超えているこのゲームに手を出すことはなかったと思いますが。

そんな経緯があったにもかかわらず、どんなゲームか知らなかった私、最初の戦闘シーンでびっくりしました。戦闘があるんだ!とか思って。どんなゲームだと思っていたかって、アドベンチャーなのはなんとなく分かっていたし、おなごの手をひっぱって走りまくるゲームだと思っていたので、敵みたいなものが出てきても逃げるしか出来ないんじゃないかと思っていたし、あとは謎解きがメインなのかな、と思っていたのです。

結論として、敵を全部倒すことが出来るのはとても安心だし、謎解きも、まあ謎解きといえばそうなんだけれども、なんだろ、ゼル伝を簡単にしたくらいのレベル?ゼル伝の場合は新しいアイテムをゲットしないと行けないとか、持っているアイテムをさまざま駆使して何が使えるか考えるところからだからもっと難易度は高いのだけれども、ICOの場合は新しいアイテムはゲット出来ないに等しいのでそういう考えはないし、と考えると……なんだろ、謎解きというほどではないのかもしれません。けっこう詰んだけれども。

でも、詰んでもたいしたことないのは、多分出来る事が限られているから。一番の問題はやっぱり、謎解きよりアクション自体だと思います。

かなり、高いところから落ちそうなアクションが多いのよね。
これが私には相当なストレスでした。高い所ダメなのよ。高所恐怖症というほど極端なものではないと思うけれども、それに近い何かであることは確かな私なので、こういうのはもう、プレイしていて血の気が引くというか手に汗握るというか、嫌な汗が出るというかで、必要以上に疲れます。
しかもけっこう簡単に操作ミスで落ちるんだよねコレが。狭い足場をそろそろ歩く時は顕著。「ゴッド・オブ・ウォー」を思い出しました。あれは一部だったけれども、その一部がつらいのよ!とよく思っていたもんです。
それでも頑張ってプレイしたけれども、これはまいった。目が回るしくらくらします。映像が美麗で雰囲気あって素敵なんだけれども、それを堪能出来る心の余裕がこっちにないのが問題です。切ない。私がコレなんだから、私よりあきらかに高所恐怖症の人は手出しちゃダメだろうなと思う次第です。

ただ、短いから。ものすごく短いゲームなので、ある程度までは我慢出来る、かもしれないです。かも、だけれど。
でもラストセーブからの長さはちょっと納得出来ない!あそこからって、一回目のプレイはそれなりの時間だと感じるし、気が焦ります、セーブがないっていうのは。少女がいないから出来ない、のは分かるんだけれども、どうにかならなかったのかなあ。それなら行くまでをもう少し短くするとか、アクション簡単にできるようにしておくとか。暗い場所での移動になるから分かりにくくて手間もかかるし。あそこが一番納得いかなかった所かもしれないです。少女がいないから影の出現におびえることはないけれども、でもあんまり意味を感じないのよね。

と、最初から納得いかなかった所を書いてしまいましたけれども、少女を連れ歩くのは楽しかった。走っているとすごく強引にひっぱっている図になっていたのでイコやりすぎ、と思っていたりしたけれども。しかも少女、ホントに行きたいのかしばらく分からないから不安になるし。それでも、楽しかった。
それから、高い所でオソロシイ気持ちのほうが強かったけれども、それでも映像は綺麗でとにかく雰囲気の綺麗なゲームだと思います。
廉価版の昔のお値段なら、一度プレイしておいてもいいゲームよね、コレ。多分。

……ここまで色々書いてしまっているけれども、実際のところ私の評価は高いのです。この記事だとツッコミどころ満載でぶーぶー言っているだけに聞こえるんだけれど。おかしいな。
ICO PlayStation 2 the BestICO PlayStation 2 the Best

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2004-08-05
売り上げランキング : 901
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 00:17 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Fri,April 24,2009

ただいま「立体ピクロス」に夢中

療養中はどうした、って話がないでもないですが、それもあってウッカリ買ったのですこのゲーム。ここのところwiiでプレイしているゲームはもう少し元気な時じゃないと出来ないし、横になってプレイ出来るDSのゲームが欲しいなーそういやこのゲーム欲しかったのよねー、と思って買ってしまったのです。

ヤバイ。

そう、そもそも私はピクロス系のパズルが大好きで大好きで、そりゃあもうきりなくプレイしてしまうくらい大好きで、だから危ないのですこの手のゲームを持たせておくと。
もう一問、あと一問だけ、今失敗して気分が宜しくないからもう一問、調子がいからもう一問、といったかんじで、本気で終わらせることが出来ません。危険すぎ。

更に、「立体」ピクロスというのはある意味お初のゲームです。どんなもんかなと発売前は思っていたのですけれども、TVCMってやっぱりうまくやるとでかいわ、と思ったのですけれども、ざくざく削っていって犬が出てくるアレ、見たらもうこれはプレイしないと!という気になってしまったんだわ。で、私の行く病院の近く、それこそ歩いて1,2分くらいのところにお店があって売っているのもマズイ、ついつい熱に浮かされたかのように買ってきてしまったというわけです。
と、書いているこの文章もなんだか熱に浮かされたまま書いているようだわ。

ま、とにかく面白いです。まだ中級編くらいまでしか行っていないのだけれど、どんどん腕があがっていくかんじがまたたまりません。上級編になったら積みそうな気がしないでもないんですけれども、今のところはなんとかなっているかな。

下手をすると複雑になりそう、マークをする時にウッカリミスが多発しそうなパズルなのに、そのへんもうまいこと作られている気がします。
最初は、削るのに↑、削らないマークに→、というのがうっとうしかったのですけれども。難易度の低いパズルだと、ずーっと何かを押しているような感覚になるから。でも、難易度があがってくるとこのシステムがとても理解出来るのです。これくらい制限しておかないとマズイよねコレ、って。
ま、そういいつつ、それでもケアレスミスは多いのですけれども。よく「0」のブロックの一気消しをしている時に他のところまで削ってしまってミスっているから。ダメそう。

とにかく楽しいです立体ピクロス。と、書いている途中でもまた手が伸びそうで危険すぎ。
立体ピクロス立体ピクロス

任天堂 2009-03-12
売り上げランキング : 52
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 22:52 | TrackBack(0) | Game | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。