Tue,June 07,2011

Seal 6:コミットメント

アルバムタイトルは「コミットメント」だけで良いのだとは思うのですが、個人的にはナンバリングを入れたい、Sealのアルバム第6弾です。
とかなにげに書き出しているけれども、ここのところどういうわけか→Pia-no-jaC←のアルバムの話ばかり書いていたわまずいわと思ったので慌てて……感がちょっと。しかもその段階では、今度こそレ・フレールの事を書こうと思っていたのになんだってSealになったのか。それはiTunesで違うものを聴いていて、その後続けて聴いていたらSealになったから。……スイマセン……。
一時期私は本当のところ、いわゆるインストゥルメンタル系しか聴けない気分になっていた時期があって、それが多分去年の夏場あたりからずっと続いていたんですが、今他のに行ったら平気、いや平気というとおかしいかな、大変気持ちよかったので、今ならきちんと書けるかなと。合わない時にその前の感想を思い出して書こうとするのって難易度高いから。

というわけでやっとSealの話になります。ゴメン。でも多分短い。私今半病人なので。寝てろと言われそう。

サンプルで聴いた時に惚れた、1曲目に入っている「IF I'M ANY CLOSER」がやっぱり私の心を掴みました。これが一曲目なのは反則レベルよ、って思ったくらい。でもアルバムは一曲目が大事だからね。イントロのピアノラインが綺麗でそれに乗るSealの声が相変わらず素晴らしくて、彼の声の甘さ・柔らかさは本当にこっち系の音に合う。
彼はデジタル的な、というか、クラブハウス系もお好きなのかな?そういうのをやりたいと、前作「システム」の時は言っていた気がしますが、それもまあ悪くはないんだけれど、それよりやっぱりアナログ音だと思います。これは好みの問題だけかもしれないけれど。大体一作目のアルバム「Seal」はクラブハウス系だと思うけれど、素晴らしいしね。でももう少しその色が抜けた2枚目「SealII」のほうが私は好きです。

つまり、今回のアルバムは音が全体的にシンプルに戻ったかなというかんじ。それが非常に心地良いです。シンプルっていっても単調でも音が少ないわけでもなく、寧ろ多くなっているのだけれど。音が深くなっているというか。

でも曲調は明るめのものが殆どで、深みはあっても深く沈んでいくような感はないです。だから聴いているこっちが落ち込むようなことはないけれど、ないんだけれど、大変贅沢を言ってしまうと……ぶっちゃけてしまうと、ないものねだりするもんなのよね……私は昔のダークなSealがちょっと恋しい!……ですちょっと。最近の曲って全体明るすぎるきらいがあって、そこが少し残念です。
以前のものは、曲によっては呪われませんかコレ的な雰囲気のものすらあったと思うのだけれど、そういうものがなくなってしまったのよね。ただ、これは、多分これからも厳しいだろうことが分かるのでそう無理言っちゃいけませんとは思っています。Sealの環境が安定して幸せそうで本当に嬉しいのだけれど、芸術って本当に難しいわね、そうだからこそ昔のダークな雰囲気が出なくなってしまったのが分かる。そこがもうなんとももどかしいです。

とはいえ、ダークではないだけで、Sealならではのしっとりとして哀愁入っている曲はあるし、なんといってもこの声なので、やっぱりたまらんのは間違いないです。「All For Love」は少し切な目だし、「I Know What you Did」は、これまたピアノフレーズに乗るSealの声がたまんなくて大好きな曲。「Secret」の、アコースティックギターとの組み合わせも好き。
なんのかんの言ってやっぱり流石Sealと言うしかないです。
シール 6:コミットメントシール 6:コミットメント
シール

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-10-27
売り上げランキング : 14468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 18:28 | TrackBack(0) | Music | 管理用
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208028549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。