Fri,December 28,2012

2012年にプレーしたゲームetc

いつもの。
今年の問題としては、8月からこっち殆どひとつのゲームしかプレイしていないということです。つまり、確実に少ない。筈。まとめるのは楽そうです。でも毎度そう言っているのだけれど、いざまとめに入ると少なくないのよね。なんでだろう。

無双OROCHI 2
無双OROCHI 2 (通常版)
無双OROCHIは無双シリーズの中でも楽しんだ作品なので、2が出るとなったら黙っていられませんでした。というほどでもないのだけれど、正月の勢いでPS3をうっかり購入したのでプレイ。
正直、無双シリーズは流石にもういかんかと思ったような出来でありました。もう私の好きな無双ではないんだろうなと。これの前にプレイした3DSの戦国無双クロニクルがとても面白かったのでお祭りゲーとはいえ楽しみにしていたし、最初のうちは本当に楽しんだのだけれど、やりこむ気になれなかった作品です。無双ってもっと楽しいものだったんだけどなあ。ニューキャラも正直その殆どが不快なのが痛かった。
今後無双をプレイすることはあるのかなあ……と思ってしまうくらいには、振り返るとアレなかんじ。お安くなっていればやることもあるかもしれないけれど、そうでもなければやらないかなーと思ってしまいます。評判は聞きたいと思うけれど。
2011年発売。
私のレビュー記事はコレ→無双OROCHI2

バイオハザード リベレーションズ
バイオハザード リベレーションズ
今年プレイした中で、そして一応新しい作品としてはいち押し。もう大好き。勿論細かいところは色々あるにしても、これだけはまりこんでやりこんだゲームも久しぶりだったような気がします。私がそこまで出来るということはそれなりに頑張ればパーフェクトプレイが出来るという仕組みなわけで、それもまた嬉しかったのよね。そしてレイドモードの楽しさ。未だにたまにプレイします。
とにかく雰囲気とゲームシステムが良いし(章毎のリプレイが出来ないのくらいがちょっと痛いけれど、初期的だと思えばまあアリ?)、レイドモードが楽しすぎていかんです。
そういえば結局プレイしていないのだけれど、バイオの6は評判良くないのよね。これの後に出たバイオ作品でしょうに、なんでそんなことになったのか不明だわ。
2012年発売。
私のレビュー記事はコレ→バイオハザード リベレーションズ

続きを読む
posted by sei at 18:43 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Tue,December 25,2012

[Game]ドラゴンクエスト10

今更言うまでもなく夏からはまっているゲーム。初めてのオンラインゲームです。だからプレイするのにはすごく躊躇したし、だから発売日には購入しておりません。発表があった頃否定的だったしね。それくらいオンラインゲームに偏見というか怖さを感じていたし、今でもやっぱりちょっと怖いなあと思ってはおります。はまりすぎるのがね。
あとオンラインゲームと言えば始める時ちょい手間だとか(一応他のコンシューマーゲームはディスクセットすればすぐスタートするから。一応、だけれど)、プレイし始めると誰かと協力しないとならないとか、時間決めて動くから自由にプレイしにくいとか、そんなイメージ?一番はやっぱり「1人でプレイ出来ない」というところの印象の良くなさでしょうか。

なので買うとしてもwiiU版待ちだと思っていたのですが、知人がお盆休みあたりにプレイし始め、そうしたらすごく面白いけれど大変だから僧侶で始めてくれと泣きつかれ、それでも渋っていたのだけれど、結局お金まで出されそうになったので(少しは頂きました。USB代くらいか)スタート。だから最初からウェディの僧侶で始めざるを得なかったのは少々残念だったのだけれど、今現在結果オーライでとてもいいことがあったので良しとします。

で、ゲーム内容だけれど、オンラインということでバージョンアップでどんどん変わっていくので書きにくいのよね……。
とりあえず、私がオンラインということで最大のデメリットと思っていた「1人プレイが出来ない」ということはない作りになっているのはとてもとても嬉しい。流石ドラクエ。そう、ドラクエだからこそ手を出しても大丈夫だろうと思ったのは間違いないです。これが他のゲームだったらどんなにお願いされても始めなかったような気がします。ピクミンオンラインとかだったらまだ違うだろうけれど。でもピクミンオンラインって何するのか分かんない。

とはいえ確かにスタートあたりはつらい。誰かと組まない場合は1人でプレイせざるを得ないので、職業によってはかなり厳しいことに……。私はスティック持ちの僧侶で始めた、というか僧侶であることが最初から決まっていたのでそれなら回復特化にしましょうと、ある意味方向は決めやすかったのだけれど、そうしてしまうと最初のほうがかなりきついです。そりゃそうよね攻撃パワーがないんだもの。ただしMPの回復がしやすいので、持久戦をする覚悟さえあればなんとかなります。しかもそんなことをちまちまやっているから周りの人無茶苦茶応援してくれるし。

そう、この応援システムがなかなか面白い。濃く交流しなくてもなんとなくふれあいが出来るという絶妙なかんじ。応援されたほうはテンションがあがったり獲得ゴールドが増えたりするから嬉しいし。だからある程度メンツのいるチームで動いたりする時に片方が応援に回っていると、普通だとなかなか倒せないような敵でもなんとかなる事もあったりするのがいいです。

……ドラクエ10に関しては色々なところでもう語り尽くされているとは思うので、あんまりぐだぐだ書く気はないし書けないのだけれど(とても「途中」だから)、感想に個人差が出るかなと思うし、夢中でプレイしている人はプレイにいっぱいいっぱいでなかなか細かい感想どころでないし、故にネガティブな言葉が先行しやすいということもあるし、まあそんなわけで私の場合は夢中です。夢中すぎて他のゲームが殆ど全く出来ません。出来てパズルくらい。今年度はニンテンドーポイントたまらないだろうな&プラチナは絶対無理、と思うほどには。
ただ、そういうのを長くプレイしていると、他のゲームもやりたいんですけど!という欲望が出ることも確かで、そのへんは難しいところ。どうぶつの森をプレイしている時はすごくそう感じたし、ドラクエ9の時は……あれはちょっと違うかな。そろそろ他のゲームやったほうがいいんじゃないですかねと思ったような覚えがあります。特に何もない時は全く構わないのだけれど、やりたいゲームがある時のバランスが難しい。

そんなかんじで、今のところはいいけれど遊び疲れする可能性があるなと。濃くプレイしている方は要領がいい上に時間があるのだろうけれど、私はそういうタイプではないので、そのへんが問題です。バージョンアップはとても楽しみなのだけれど、てんこもりすぎてついていけない……と思うのが危険といえば危険。でもやりこんでいる方には足りないらしい。怖いわ。オンラインゲームの怖さってこういう所なんでしょうか。他の人のプレイ進行が垣間見えて、そうでない人もいっぱい周りにいる(そしてフレさんはそういう人が少なくない)のだけれど、でもバランスとるの大変だろうなと感じてしまったりするところ。

とはいえ今のところとても楽しいし、とても良いフレさん達に出会えて楽しくプレイできているので大満足です。1人プレイもきちんと出来るようになっているしね。このへんはやっぱり流石ドラクエというしかないです。
ただ、やりこみ度が高いオンラインゲームのプレイに慣れている人達の意見に流される、わけではなくてそういう人たちも大事にしないとだからなのだけれど、そのへんがちょっと心配要素ではあるかな。最初の謳い文句、「1人でもプレー出来る」「時間がとりにくいプレイヤーにも安心」も大事にしていただきたいと思います。とてもむずかしいことだろうけれど。
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(通常版)ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(通常版)

スクウェア・エニックス 2012-08-02
売り上げランキング : 249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 21:47 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sun,December 23,2012

[Game]クラブニンテンドーピクロス(3DSダウンロードソフト)&ピクロス2

2本まとめて。

■クラブニンテンドーピクロス

これを見た時はいい意味で目を疑ったゲームです。クラブニンテンドーの景品という。こういうのは初めてじゃないかな。海外ではあったらしいけれど。しかもそれがピクロス。ピクロスに目がない私にはたまらんです。
必要なポイントは80。これもなかなか優しいのではないかなと思います。

中身はシンプル。
・イージーピクロス11問
・ノーマルピクロス30問
・フリーピクロス30問
・エクストラピクロス15問
・ついでにミクロス2問
というかんじなので問題数は普通にダウンロード出来る有料ソフトに比べて少ないけれど、それはまあ当たり前。

システムはピクロスeまんまなので大変気持ち良くプレイ出来るようになっています。素晴らしい。ニンテンドーのピクロスシリーズはこれがいいのよね。ホントにプレイしていて気持ちいい。システムもいいしBGMや効果音もいい。削っていてたまらんのです。

そしてこれのポイントは、出来上がる絵がすべてニンテンドー縁のものだということ。マリオの色々だとかゼル伝や、昔懐かしのゲームのものも。仕上げるのがより楽しくなっているのがたまらんです。ピクミン系なんて名前見ただけでわくわくしたわ。

なので、パズルとしては正直とてもおもしろくないミクロスも、出来上がりが見えてくるとわくわく出来るのが嬉しい。ただ、流石に一回解いてしまうとそれ以上やりたくはないけれど。ミクロスは本当にパズルとして致命的につまらんです残念ながら。

参考リンク…クラブニンテンドーピクロス

■ピクロス2(400円)

ピクロスに目がないものですから。とはいえこれは昔々プレイしたことのあるゲーム。外すわけがない、のだけれど、3DSにつっこんでおきたいゲームでもあるので当然購入。

しかしすっかり忘れていました。この「ピクロス2」って、ある意味やりがいはあるのだけれど、4つのピクロスを解いてひとつの絵を完成させるというシステムのものばかりなのよね。合間にちょっと違うものがあるけれどこれまたあんまり面白いものではないので、そういうところが少しだけ微妙。これが今のミクロスの元なのかな?と気づいたけれど、ミクロスよりはずっと面白いです。それは間違いない。でもちょっとばかり微妙。

とはいえやりごたえはばっちりあるといえばある。なんという微妙な感想。いや楽しいのだけれど、なんというか、こういう組み合わせで完成するタイプって、どうしても投げやりな箇所が出てくるというか、殆ど塗りつぶして終わりとかそういう、ちょっと微妙なポイントが出てきてしまうのよね。そのへんが残念ではあります。

でも未だにちまちまやってる。ボリュームあるしね。楽しいです。
ピクロス2ピクロス2

任天堂 1996-10-19
売り上げランキング : 22301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 08:09 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Sat,December 15,2012

[Game]リヴリーガーデン

実は私はLivly Island CORをやっているわけですが、それのゲーム版というかです。前から気になっていたのだけれどプレイする機会がなく、今に至りました。

元のリヴリーが、ヘンな生き物をまったり育てるゲーム、というかお世話して楽しむゲームなので、勿論こっちも大体そんなシステム。だと思います。ただ、「ガーデン」なので箱庭を作るかんじのゲーム。私はどうぶつの森のお花を育てるところだけ取り出したようなかんじを受けました。プレイしたのはけっこう前なのでうろ覚えではあるのだけれど。

……ただ、ということは、私あのどうぶつの森で、毎日お花にお水をあげなければならない、というのに、当初は夢中になったんだけれど、飽きたのよね……。飽きたというかうんざりしたというか。何故にゲームでいちいち毎日「何かしなければならない」というものがあるのか、と思い始めてしまったら終わりです。そういうのが楽しい人もいるだろうけれど、少なくとも多分今の私には合わないんじゃないかなと思っていたわけです。

で、結果的に合わなかった。
非常に淡々とした作りで、まったり箱庭作りが楽しめるのはいいのだけれど、植物のこととか効率を考えるとレイアウトにそんなに凝れないかんじがしたし、そもそもアイテムの所持数制限がけっこうきつくて買い込めないし、まあなんというか、リヴリーアイランドのほうがそうであるように、ゲームというにはちょい微妙なかんじなのが問題でありました。

多分これ、以前の私なら楽しめたと思うのです。でも今の私には無理。残念な。
……そんなわけであまりプレイしていないので書くことがなかった……。なんという。とにかく向き不向きのあるゲームだなということは確か。ものすごーく淡々としているから。似た雰囲気を持つと思われるどうぶつの森や牧場物語に比べて遥かに淡々としているから。あんまり一度にやることないし。
リヴリーガーデン(特典無し)リヴリーガーデン(特典無し)

マーベラスエンターテイメント 2010-01-28
売り上げランキング : 3211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 09:34 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Thu,December 13,2012

[Game]斬撃のレギンレイヴ

以前見かけてからずっと気になっていたのになかなか購入出来なかったゲームです。数が出ていないのかな?と思うくらい見かけなかったのよね。地元に出回っていないんだろうかと疑った時期もありました。今現在どうかっていうと、よく分かんない。
先ず最初は身内が購入してはまりにはまって、少しやってみたらと貸してくれたのですが、ちょっとやったらあまりにも面白かったので、結局自分でも購入。なんという。いや元々私が気になってずっと話していたゲームではあるのですが。

お話としてはラグナロクがどうとかいうあたりで、つまり北欧神話が元です。私はこっち系が、そんなに詳しくはないけれども好きな類なので設定そのものもいいかんじ。
でも、ゲームはそういうところがキモじゃないのよね。この設定が生きているからこそだなと思うところもあるものの、良いところは勿論そのプレイ内容です。

でっかい敵をざっくざっく斬れるのがとてもとてもたまらんです。なんという爽快感。敵のサイズは凄いわ数は凄いわ、たまに(しょっちゅう?)これ無理じゃないのちょっと待ちなさいよと思うことはあるものの、全体的にはもう、とにかく気持ちいい!これは本当にたまらんです。私のようなタイプにはかなりツボの作品。

といっても、はじめのあたりが少し不親切な気がしないでもなかった。リモコン(モーションプラスつき)&ヌンチャクプレイで先ずは始めたものの、最初の武器といってもいい剣系は問題ないです。wiiの特徴である、感覚でリモコン振り回していればなんとかなる感。そしてそれが激しく気持ちいいのですが、これが弓になると、いわゆるwiiリモコン&ヌンチャクの弓矢っていったらコレだよね!という使い方なのだけれど(wiiスポーツリゾートのアレとかのかんじ)、そんな余裕がないのね。そんな悠長に弓矢を使っていられないの。最初の一打撃とか、仲間達がいる時に後ろからサポート、ならいいんだけれど、ストーリー中盤あたりになるとそうもいっていられなくて、もういいや剣と槌だけで、とかになってしまい、でもこれだと積むところがあるので(空中に敵がいるところがあり、流石に剣だと届かない)どうしようもなくなる、ということが。
あと、リモコン&ヌンチャクだと、ダッシュがあほのようにやりにくい!慣れればなんとかなるんでしょうけれど、私は最初どう頑張っても1割くらいしかダッシュ出来ませんでした。

そうなると出番はクラコンです。ノーマルクラコンもクラコンPROもどちらも対応しているのはとてもありがたいのだけれど、これにしてしまうと、弓矢や槍(最終的に一番使い勝手のいいのはこれだと思う)は一気に使いやすくなるものの、剣や槌の爽快感が激減します。そりゃそうか。リモコン振り回すのって楽しいもんね。

そういう、コントローラーの使い方であったり、他部分が色々とこなれていない感を強く感じるゲームなのですが、そんなことはどうでもいいくらい面白い!と思います。
くどいようだけれどでっかい敵を倒す時の爽快感、そして武器を集めていく楽しさ、強い武器を持った時の楽しさ、癖の強い武器の使い方に気づいた時の面白さ。とにかく楽しくてたまりません。

もっとも、途中、このステージはちょっと……とか、この敵は面白くないなあ、なんていうのもあるにはあるのだけれど、まあそんなことは些細なことなのです。やりこみ度は高いし、でもそうやりこまないでもそれなりに楽しめるし、とにかくたまらんゲームでした。話は暗いけどもね。ラグナロクがベースだから仕方ない。多分。
斬撃のREGINLEIV (レギンレイヴ) (特典無し)斬撃のREGINLEIV (レギンレイヴ) (特典無し)

任天堂 2010-02-11
売り上げランキング : 3009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 19:05 | TrackBack(0) | Game | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。