Sat,September 22,2012

[Bier]ヱビス スタウトクリーミートップ(japan)

黒なので勿論手を出しました。

■ヱビス スタウト クリーミートップ
【数量限定】サッポロ ヱビス スタウトクリーミートップ缶 320ml×24本
原材料 麦芽、ホップ・窒素
アルコール分 5%
内容量 320ml
(※今回は日本のビールということで、こういう時のお約束、自力で写真を用意せずにプロが撮ったもの、つまりアマゾンアソシエイトを使用させて頂いています。というわけでリンクがついているので注意)

エビスは普通の黒がありますが、このクリーミーうんちゃらというのは期間限定っぽいので早速購入。
やっぱりエビスはうまいよ!というかんじ。相変わらずとてもエビスの黒。だからおいしい。ただ、黒としては苦味が薄くて、そのへんがクリーミーといったかんじなのかな?これはこれでアリかなとは思うけれど、普通の黒よりかなり飲みやすくなっているかんじがするので、普通のが好きな人には刺激(?)が足りない可能性も。

あと、クリーミー系というのは特にそうだけれど、缶にわざわざ説明が書いてある通り、泡を綺麗に作らないとならない、というか、作ったほうがおいしいのよね。それは他のビールでもそうだと思うけれど、こういうタイプは特にそう。ギネスとかそっち系ね、そういえば。
posted by sei at 19:15 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sat,September 15,2012

CSI:ベガス11#22「バーニングアウト」(シーズンフィナーレ)

■CSI:ベガス11#22「バーニングアウト」

ハスケルと教授。前回の続き。

続きを読む
posted by sei at 22:56 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sat,September 08,2012

CSI:ベガス11#21「この世の地獄」

えーと、前回の続きなので、つまりまたハスケル話なのでウンザリ!なのだけれど、続けてああいう書き方もどうかと思うので一応いつもの形に……うーんでも書くことないかもしれない。ハスケルにはウンザリよって話しか。しかし凄いサブタイトルだこと。

■CSI:ベガス11#21「この世の地獄」

身元不明の死体。ハスケル。前回の続き。

続きを読む
posted by sei at 23:00 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sat,September 01,2012

CSI:ベガス11#20のこと

……の日なのですが。今日のハスケルネタなのよ。私ホントにこのシリーズ飽きまして、うんざりしているのよね。教授はとても好きなんだけれど、ハスケル絡みはウンザリ。もうあの顔見たくないし、彼のとりまき女性陣もウンザリなの。

というわけでもう感想はパスします、という話。もういっそ普通に飛ばしてもいいかなと思ったんだけれど、後で自分で見てなんで飛んでるんだろう、とか思いかねないので、書いておくことにしました。ゴメン。

あ、サブタイトルは「惨劇へのプロローグ」でした。つまりまだこれが続くっていうね……。教授はもっと見ていたいのだけれど、ハスケル関係はもういいよというこのジレンマ。困るわ。ただ、顔を整形した可能性があるというのはほんのちょっとありがたいかもしんない。あくまでも可能性だけれど。顔というか俳優さんが変わるとちょっと気分変わるからね。でもあんまり貧相でも困るわ。
と思っていたのだけれど、ラストにちょっと出たし。整形といえば整形でしょうか。うーん分かんない。あんまり変わらないよね。

……それにしてもグロいエピソードでありました。死体がね、腐ってたりとかですね、それがまあわらわらとですね……。勘弁してください。

でもインサイドにロビンス先生がでてきてくれたから、かなり癒されたよ。
posted by sei at 22:51 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。