Thu,December 29,2011

2011年にプレーしたゲームetc

いつもの。
今年の問題は、わりと感想を書いていないんじゃないかなというところです。意外なものをきっちり書いている事もあるので、どっちもどっちだけれど。数はどうだろう……。今年もまた同じような時期に体調を崩してどうにもこうにもならなかった、上にその時期少々多忙だったので、去年よりずっと記憶がぶっとんでおります。
とにかく遡って書いていきたいと思います。

おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!
おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!
昨年から年またいでプレイしていたゲーム。相変わらずのちびロボでした。やっぱりちびロボはお掃除するほうが良いね。しかしイベントのテンポの悪さも相変わらずなので、周回したいのにしにくいのも相変わらず。
2009年発売。
私のレビュー記事はコレ→ [Game]「おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!」のこと

長いので
posted by sei at 22:56 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Wed,December 28,2011

CSI:マイアミ9#12「ダービーガールの死に様」

遅くなってしまいました。一応見てはいた、と思うのだけれど、全然集中出来なかったし感想も流石に無理だったので、後で……と思ったらそのまんま忘れていたとか、そんなことは秘密です。年末は色々ばたばたしていけません。

というわけで激しく簡易版のマイアミ感想。元々マイアミは感想短いけれど。初期は一言感想だったなあと今思い出しました。あの頃はなかなか絶望的(まだネタとしていまいちふっきれていなかった)なシーズン4だったせいもあるけれど。

■CSI:マイアミ9#12「ダービーガールの死に様」

ローラーダービーの選手が死亡する。

続きを読む
posted by sei at 01:10 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Tue,December 20,2011

CSI:マイアミ9#11「落ちるときはIBW」

土曜日はTHE MANZAIを見ていたものですから……。というより単に録画を失敗して、月曜日の再放送を待つしかなかったのだけれど。
しかしコールドケースが終わってしまって寂しい。

■CSI:マイアミ9#11「落ちるときはIBW」

運転中、頭を撃たれて消火栓につっこんだと思われる女性と、側に撃たれて倒れていた男性。

続きを読む
posted by sei at 18:07 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Mon,December 19,2011

[Game]ゼルダの伝説 スカイウォードソード

ゼルダの伝説25周年記念のトリをつとめるのはwiiの新作スカイウォードソード。というわけで勿論購入してプレイ致しました。残念ながら金の延べ棒がついた限定版は購入出来なかったのですが、あんまり真剣にゲットしようとしていたわけでもないので良し。良しだけれど、リモコンプラスを一個持っていてもいいなと思っていたのでいいタイミングだったんだけどなあ、と、自力で全く動かなかった癖にまだちょっと思っているのでした。でもまあいいや。

相変わらずのゼル伝なので流石ゼル伝で面白くて面白くてたまらないのですが、ただ、今回は最初のとっかかりがけっこうキツイかもしれません。私的には、楽しい!もっとプレイしたい!と思うまでが長かったのよね実は。これは下手すると客に逃げられるのでは、というレベル。私の気が短くなったのだという話もありますし、プレイし始めた時の状況が良くなかったというのもあります。発売日に買えなかったし(出張中)、だから当然プレイも数日出来ず、戻ってきてからすぐに手を出すわけにいかず、それでも、少しでもプレイしたいから、と手を出すには厳しいゲームだと思うのです。据え置き型なんだからそういうものでしょうと言われると反論出来ませんが。

とにかく最初のイベントイベントまたイベント、の流れが私は正直とても嫌いです。昨今このパターンがとても増えてしまいましたが、ゼル伝って本来こういうゲームじゃなかったからね……。オープニングはそこそこムービーで済ませてくれて(そして飛ばしたければ飛ばせる)、チュートリアル込みのイベントに従って基本のアクションを覚え(これは今回もやってくれている)、少しずつ動ける範囲が増えるけれども、その中ではそれなりに自由に動き回れる、というかんじ。
それが今回少し狭めすぎではないかなと。
でもコレ、私がここのところ古めのゼル伝をやりすぎてしまったというのも大きいと思うので(一番最近は「夢をみる島」、その前が「4つの剣」、その前が「時のオカリナ3DS」、更にその前は「ゼルダの伝説」じゃなかったかな……)、ああ昔は良かったなあと余計思ってしまうところかもしれません。ゴメンナサイ。

とにかく先ず剣をゲット出来るまでが長い。イベントがたらたらありすぎというかんじ。そして剣を持って動けるようになったと思っても次は鳥に乗って試験ですよとか、そんなんいきなり言われても……というかんじ。これは勿論勝てるようになっているのでそのへんは親切設計と言えなくはないのだけれど、正直どうにも微妙感が漂います。

そもそも鳥に乗る必然性がいまいち……という気が、少し。鳥に乗ること自体は楽しいのだけれど、楽しいっていっても基本はただ乗っているだけなので、後になるにつれてうざいなあと思ってしまうのよね。このへんはDSの2作と風のタクト的な、移動時間のつまらなさと近いものが……いや、風のタクトと夢幻の砂時計はそれなりに面白かったと言えなくもないので、大地の汽笛くらいのかんじ、かもしれません。あまり使いやすくないワープがあるのも近いかも。とはいえ多分大地の汽笛のほうが苦痛かなと思いますが。
これ、勿体ないなと思うのよね。だって鳥は無機物じゃないもの。生きているもの。もう少し何かやりとりがあったら良かったんじゃないかなと思います。最初にかなり「特別な赤いロフトバード」という言われ方をしているのに、使うこっちは全然そんな気がしないし、ロフトバードとそんなに仲良しという気がしない、ただの乗り物なのよね。なんて勿体ない。「AZEL パンツァードラグーンRPG」のドラゴンみたいに、名前がつけられたり(デフォルトの名前がいくつかあると私はすごくありがたいけれど)、キャンプはって撫でたり出来れば良かったのに、とちょっと思います。世界観違いすぎ、と言われそうですが。

……えーと、だらだら一気に書いてしまいましたが、あとはもうちょっとまとめようと思います。

■良かったところ

  • なんのかんの言ってゼル伝ですから。とにかく全体の濃さが良いです。やっぱり楽しいです。と、これに尽きる。こうまとめてしまうから良かったところの数が少なく見えるけれどそんなことはないのよ!ゼル伝の良さはホントにこの安定感だと思うの。

  • モーションプラスの感覚が、慣れると楽しいです。縦切り横切り斜め切り突き、これはホントに慣れると雑魚戦でも楽しくなる。でもこれはマイナスにも直結してしまうのよね。

  • セーブポイントが多い。おかげさまで中断はしやすいです。今これがないとツライ。というか、昔のゲームが出来ないなと思うのはこれだったりするのよね。まとまった時間はそうとれないから、セーブポイントは本当に大事。
    あと、ダンジョン内のセーブポイントからは即外への脱出が出来ることと、外のセーブポイントからは、どこからでも空に戻れるという作りはすごくありがたいです。


■いまいちなところ

  • イベント多いです。だらだらやりすぎです。Aボタン押さないと進まないから放置も出来ません。これはストーリーが濃いとも言うかもしれないけれど、私には殆どが邪魔。ゼル伝にたいしたストーリーなんぞいらないと昔から思っているかも。設定全部一緒でもいいのよ。言い過ぎ?特に最初のとっかかりのだらだらっぷりは、既にさんざん書いたけれども歴代ゼル伝の中では最悪のレベル。ゴメン。

  • ダンジョンのボス戦前にたまに出てくる敵キャラのイベントがうざいです。しかも再戦時に飛ばせなかったりでガッカリします。更に言うとああいうキャラづけ嫌い。ナルシー系のああいうのはゼル伝の世界にはどうなんかな……。

  • せっかくの鳥がいまいち生きてません。移動が面倒なだけ。

  • モーションプラスにより操作が煩雑化してしまっており、自分の腕というより操作慣れしていないが故にミスる、ということが多発しがち。これはホントに慣れると面白いのだけれど、それまでに投げてしまう人もいそうなかんじ。

  • アイテム欄が限られていて、自分で選択しないとならない&強化も自分で選択しないとならない。自分でやってもいいけれど、ゼル伝ってそういうゲームじゃなかったと思うんだけれど……。こんなところでこんな自由度と制限はいらんです。全部持ちたい、全部。強化するほうはまあまあ嫌いじゃないけれど、持つのは全部持たせて欲しいです。

  • 盾に耐久度があり、壊れる。この必要性が分からないの。しかも最強の盾ゲットは完全なるオマケイベント。サブイベントですらないものとか、どうだろう。

  • ナントカ集め系のアクション多すぎでは。斬りまくることが出来ないシーンがちょっと多い気がします。サイレン4つもやんないとならないとか、水中の音符集めとか、ちょっと意味が分かりません。

  • ファイの台詞に意味がないものが多すぎ。半分以上はその直前の会話を反芻するだけなので、本気でテンポ悪いです。中断後に何をやっていたかについては、ロード画面で簡単なことが分かるようになっている(これはすごく嬉しかった!)のであんまり必要ないものの任意で教えて貰えるので、あれは良かったのだけれど……。あと、個人的には電池切れそうよと教えてくれるのはありがたかった。

  • ハープ演奏がつまらんです。いつもかったるいなあと思いながらやっていたよ。そのシーンの音楽の印象もそれ故に宜しくないという。

  • お宝ゲットアクションが、ロードの度に新規に出る。これは激しくうざいです。


……どうしよう……問題点多いなあ……。まだありそうです。ゼル伝には期待している分辛くなってしまうのは自分でも分かっているのだけれど、それにしても多いわ。
ただ、先に書いたように、全体的には面白いんです。一回プレイする分には十分だと思う。最初の入りで挫折しない限りは。ただ、ゼル伝っていったら何度プレイしても楽しい、そんなソフトが多かったので、二回目すらあんまりプレイしたくないかもしれない作りになってしまっている今回のものは、やっぱりちょっと残念です。普通に斬りまくって進むところは楽しいだけに、残念でなりません。
posted by sei at 12:47 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Wed,December 14,2011

CSI:マイアミ9#10+コールドケース7#22

見てはいたのだけれど体調の問題で感想書くパワーが持続せずに今になってしまいました。……数日ウッカリ忘れていたとかそんなことは……。

■CSI:マイアミ9#10「億万長者と出会うには」

プールに潜むワニ。襲われた男。

続きを読む
posted by sei at 11:43 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sat,December 03,2011

CSI:マイアミ9#9+コールドケース7#21

ゼル伝をプレイする時間が足りません……!というかんじで、なんでこんなに時間が足りないんでしょう。どこでこんなに時間の使い方が下手になっているのか。多分ソニックツイートやっているからだと思います。ツイッター使っている時間が前に比べて長すぎるのよ。ちょっと反省。

というところで、でも土曜日の夜は相変わらずのドラマデーなのだった。

■CSI:マイアミ9#9「天使が生まれた日」

妊娠中の妊婦が暴行を受ける。車は行方不明。

続きを読む
posted by sei at 23:58 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。