Sun,July 31,2011

CSI:ベガス10#15+コールドケース7#4

今回はちょっと色々やりながらだったのでまとまったんだかまとまってないんだか的なかんじですが、そのままupしてしまいます。雑。
しかしコールドケースを2本見たみたいな、ってのは言い過ぎですが、そんなかんじの感想になってしまった……。

■CSI:ベガス10#15「僕たちの失敗」

道脇にうち捨てられた少年の死体。

続きを読む
posted by sei at 00:24 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sat,July 30,2011

孫子《兵法》大伝#28〜31

いつもの孫子大伝まとめ。

ところで、7月23日に見たエピソードが30話というナンバリングであることに今更気づいたんですが、その前の分がtumblrのほうでミスっていたようです。たんぶらに書き殴っていると後で探すのが面倒なので実はEvernoteにクリップしているのだけれど、そのクリップ自体を忘れていたのに気づかなくてそのまま続けてナンバリングしてしまったようです。どんなミスですかコレ。反省。
理由は大体分かるのだけれど。私は多分このへんでChoromeを使うようになったのだけれど、何故かChoromeで使用しているtaberarelooが私のたんぶらと相性悪くて認識しないのです。理由はサッパリ分かんない。他の何かを使う必要があるのかもしれないなと思っているのだけれど、夏場で暑さのあまり思考回路が止まりまくっているので放置してしまったのがまずかったようです。孫子大伝の時だけでもchoromeやめとくほうが楽なレベル。今あんまり余計なことでパソコン使いたくない率高いしね。暑く&熱くなるから。

というわけで、元のたんぶら記事はもう今更直しませんが、こっちのまとめでは直しておこうと思います。ゴメン。

※以下に出てくるリンク先(別窓で開きます)は私のtumblrです。コピペまとめですが、一応。

Notizen - 孫子《兵法》大伝#27

■#27「不戦の進言」

孫武は民のため、隠遁暮らしを諦める。そして戦の残酷な本質を改めて思い返し、呉王に不戦の思想を説こうと思い至る。
「戦で誰も得をしなかった」って、確かに。でも闔閭はご満悦のようで。取り返されたけど一旦勝ったしね!ということですか。それはそうだしその前向きな考え方は嫌いではないけれど、戦続きで疲弊しているでしょうにそのまま次の戦に入ろうとか、昔の人は無茶するわね。それを理解していて止めるのが孫武なわけですが。でもホントにこんなの命がけだ。ところで孫武がここで戦止めていいんでしょうか。そんな人だったっけ?まあいっか。このドラマの孫武はそうかも……いやどうかな……。伍子胥がものすごく孫武寄りで、結果かしこそうになっているのも面白いというか……。

しかし真ん中あたりにいきなり邂逅が、しかもOPタイトル曲の別バージョンでしょうか、それが入ったのにはまいった。いや邂逅自体はいいのかな、音楽にびっくりしたのよね、多分。別バージョンとはいえ最初の入りは一緒だし。

それも含めて今回は色々ひっぱったなあというかんじ。多分次回分込みで一回分くらいなんでは……。

続きを読む
posted by sei at 08:56 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(wow系) | 管理用

Sat,July 23,2011

CSI:ベガス10#14+コールドケース7#3

前回分をウッカリしてしまっていたので続いてしまったという……。いや続くことはたまにあるけれど、日が殆ど続いているの等しい状態なのが珍し、いやそうでもないか。

■CSI:ベガス10#14「散り際の美学」

ライヴ中に感電したベーシスト。その電力から、事故ではなく故意のものだと判断される。キャサリン、ニック、グレッグ担当。
水死体。事故に見せかけた殺人。持ち物にCSIのものが。教授、サラ担当。

続きを読む
posted by sei at 23:52 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Fri,July 22,2011

CSI:ベガス10#13+コールドケース7#2

出張中だったので遅くなりました。無事に録画出来ていて良かった。

■CSI:ベガス10#13「暴走ストリート」

いきなり倒れた学生。死因がなかなか見あたらない。

続きを読む
posted by sei at 21:50 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Wed,July 20,2011

映画「かもめ食堂」

この映画を少し前から一度見てみたいと思っていた、その理由は、観賞メーターで「南極料理人」の感想を見ていた時に、「これは男性版『かもめ食堂』だ」と書いていた人がいたからです。私は「南極料理人」をとても気に入っていたので、それなら一度見てみないと、と。

正直に言うと、大変感想に困る作品だと思います。何か書き記しておこうと思った今でも、何書いたらいいか迷っているもの。それくらい、なんとも不思議な空気をまとった作品だった気がします。
ちなみに「南極料理人」と似ているかといったら、どうだろ……ごはんがおいしそうなところは確かにそうかも。あと、妙に淡々と進んで大きなストーリーのラインがないこと、あたり?まとっている雰囲気というか軸の部分がけっこう違うような気がしたので、私としてはなんとも言えないところです。
南極料理人が超現実っぽいとするなら、かもめ食堂はファンタジー。淡々と日常を描いていると見せかけて、かなりのファンタジー。そこが良いんだけれど、実に癖のある作品ではないかなと思います。

リアルに考えようとするとひっかかりがありすぎるのよね。考えないのが吉なんですが、お客さん全然来ないっていつから来ないんですかとか、食材どの程度用意してどうしてるんでしょうとか、ビザどうしてるんですかとか、お金大丈夫なんですかとか、無駄に心配になってしまうのね。日常っぽい世界だから余計ね。

でもこの作品の場合は、そういう事を考えるのは野暮だといわんばかりに全部排除。潔いというかなんというか。

……やっぱり書きにくいなあ。どうしよう。もう一回見てからチャレンジしようかと思うレベルです。

そんな非日常の世界なのだけれど(くどいようだけれど、表面の世界観は日常っぽい)、フィンランドという舞台の背景が綺麗、出てくるごはんがいちいちおいしそう(「食堂」の「普通」のごはんだからいけない)、メインの俳優陣がそれぞれ魅力的(というか「やっぱり猫が好き」メンツですが)、という、うまい組み合わせによって更に独特の雰囲気を出していて嫌味がない。ないってのは言い過ぎかもしれないけれど、狙いが見えるのにウンザリしないあたりは配役のうまさかなと。小林聡美も片桐はいりももたいまさこも最高。特にもたいまさこのキャラは、彼女独特の演技で色々とたまらんです。

ただ、そんなわけで狙いたいところは大体分かるし、ただの現実逃避と思われてしまえばそれまで、といった感もあるので、好き嫌いがさっくり分かれそうな作品でもあると思います。嫌いな人はとことん嫌うんじゃないかな。そしてその感情は理解出来るなとも思うのです。私はそれなりに好きだけれど。
あ、でもプールのシーンとか、どうしても理解しがたいシーンもあったかな。淡々としているのがいいのは分かるんだけれど、プールのシーンは正直二回目から早送りしてしまったよ。ゴメン。
かもめ食堂 [DVD]かもめ食堂 [DVD]
荻上直子

バップ 2006-09-27
売り上げランキング : 1253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 22:54 | TrackBack(0) | Movie(etc) | 管理用

Wed,July 13,2011

映画「GOAL!3」

1はテレビで見たものの、何故か2を映画館で見た作品です。時間が余ったから、という大変いいかげんな理由だった気はしますが。それで一応3も見てみたいと思ってはいたものの、びっくりするほど話題にならない上に殆どなかったことにされている、という段階である程度結果は見えていたのですけれど、それでも一応見てみた作品。

結論。
ヒドイ。ヒドイなんてレベルじゃないひどさ。どう罵倒しても罵倒したりないくらいひどい。もう何を言うこともないレベルでひどい。なんでこんな作品作ろうとしたのか意味不明レベルです。

元々私は、見てはいるもののこのシリーズは微妙だとは思っていたのです。サッカー好きだから見るけれど、でもFIFA公認なのが裏目に出ている出来だなと。トンデモに出来ないレベルでリアルな選手達、リアルな試合達を見せてくれてしまっているので、ヘンなことすると違和感が出て多分出来ないだろうなというレベル。それがお話自体をいまいち面白くないものにしてしまっているなとは思っていたのです。それでも、FIFA公認だしサッカーものだし見ておこうかな、というかんじ。

でも、3はそんな生やさしいレベルじゃない。
先ず一応シリーズものとして完全に破綻してしまっている。だって主人公が違うのだもの。出ては来るけれども完全に脇役なんだもの。いきなりある意味リタイヤしちゃうんだもの。それじゃあ見る人いないでしょうという判断でのあのDVDのジャケットなんでしょうけれど、完全に詐欺レベル。

そもそもこのシリーズは、サンティ(1,2の主役)が先ずあこがれの(?)欧州リーグにスカウトされて、そのリーグ(プレミアリーグ)で優勝する話。2はレアルというビッグクラブに移籍して、CLで優勝する話。だから次はワールドカップだ!……というわけですが、彼は一応メヒコ人でアメリカにいた……んだったっけ?国籍どこ?メヒコでいいのかな。1の話を殆どすっかり忘れていますが、多分そんな設定だったので、確かにワールドカップで優勝するとなると、今までの「リアルの映像入れてもある程度破綻しない」っていうのが通じなくはなると思っていたのです。
だからって、今までどこにもいなかったどこの馬の骨とも分からないキャラを主人公にされても困るわ。

しかも、それなら主人公が優勝する方向にするのかと思いきや、ただイングランド人にしただけで一応リアルは護られているので優勝も出来ないわけです。
それ以前にこの主役が気に入らないもんだから優勝して欲しいとは思わないってのが問題な気がするけれど。サンティだと応援したい気持ちにはなるのに。3の主人公二人はダメじゃないかな。一人のほう、既に名前も覚えちゃいませんが、まだ一人のほうは少し分かるの。でももう一人のほうはどう見ても主人公クラスじゃなくて、明らかに「ちょっとヘンで陽気なオイシイ脇役」レベルのキャラなので、主人公にされてもなんというか、冷めるだけです。……と思うのだけれど、私が彼を主役だと感じただけで、いや脇役ですよって話だったらどうしよう。それはそれでどうでもいいか。元々とにかく何がしたいのか何が描きたいのかはっきりしない作品なのよつまり。

少なくともサッカーがメインではないし、寧ろ適当に使われていて「FIFA公認」が邪魔になっているレベル。リアル選手達の映像はあるものの、ただ適当に流しているだけにしか見えないし主役達ともただの合成にしか見えない、というか多分そのまんまなので、とにかくサッカーはサブもいいところ。明らかにスポーツものではなくなってしまっている。
じゃあメインになっている、と思われる恋愛のシーンはどうかというと、これがまたどうかと思うレベルでチープでわけがわかりません、何がしたいのコレ。展開を全部ぶちまけても問題ないだろうと思うレベルでひどくて、でもネタバレだから一応避けますが、ただここですっかりネタバレしてしまって見なくていいよ、って語りたいくらいにはひどい作品。時間の無駄です無駄。かなり短いから少しはマシかもしれないけれど、少なくとも集中して見るような作品じゃないです。

そもそも「3」とついているのだからこれだけをいきなり見る人もいないと思うので1,2を考えての感想ではありますが、単発で見ても多分ひどい出来だろうと推測されます。なんでこんな作品わざわざ作ったのか、それがもう理解出来ない。
GOAL!3 [DVD]GOAL!3 [DVD]

ポニーキャニオン 2010-02-03
売り上げランキング : 42126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 21:28 | TrackBack(0) | Movie(etc) | 管理用

Sat,July 09,2011

CSI:ベガス10#12+コールドケース7#1

合間にウィンブルドンがあったので二週間ぶりのCSIです。
そして今夜からコールドケースのファイナルシーズンがスタート。しかしコールドケースはきちんと感想を書く癖がないので、やっぱり今まで通りにしようと思います。つまり、書きたい時だけ書く。ファイナルだし好きなドラマだし……とは思うのだけれど、そういう問題じゃないのよね、無理して書くと読んでも楽しくないものだし。

■CSI:ベガス10#12「1/100万のマジックショット」

ゴルフ場。カートに乗った男性の死体。

続きを読む
posted by sei at 23:52 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。