Sat,April 30,2011

孫子《兵法》大伝#14〜18

いつものまとめ。
今月分は1話多いのよね。4月は土曜日がちょっと多かったので。しかしもう4月末とか、既にゴールデンウィークに入ってるとか、ちょっと早すぎて気が遠くなりそうです。間違ってるわ。

※以下に出てくるリンク先(別窓で開きます)は私のtumblrです。コピペまとめですが、一応。

Notizen - 孫子《兵法》大伝#14

■#14「奔走」

申包胥(しんほうしょ)が来る前に孫武は先回り。埋伏攻撃を仕掛け、申包胥を包囲することに成功する。
イラがあり得ないレベルでウザイです。もうここまで行くと切って捨てたらいいじゃないと言いたくなる勢い。流石に邪魔だわ。ショウリの民も「桃をお与え下さい」じゃないっつの。何このギブミーチョコレート。

レイエツ姫を逃してしまった孫武がどう言い訳するのかと思っていたんだけれど、言い訳しない!何堂々と「開放しました」とか言ってるのよ潔すぎる。ただし、これは恩返しかと思っていたのだけれど、孫武的には計画の一つだった模様。…ホント?
でも実際のところは彼女を逃がすのは得策でないわよね。だって彼女が楚のブレーンなんだもの。それはそれでどうよって話ですが。

孫武と常との会話はうけたわ。「早いもので私も30を過ぎた」「正直40過ぎに見えます」って、視聴者がツッコミ入れていた事を素直に言うとは思わなかったよ!

そしてラスト。そんな孫武のドヤ顔止めで次回に続くってどうなの。

続きを読む
posted by sei at 09:20 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(wow系) | 管理用

Fri,April 29,2011

[Cobra11]アラーム・フォー・コブラ11シーズン#15,16(ワイルド・ランナーXX 第一容疑者)

これでこのシーズンはラストです。少なくとも日本でDVDになっているのはここまでなので一応は。全部はそう簡単にDVDにならないのだった。
しかしけっこう出してくれたなとは思うのです。とても嬉しい。適当にエピソードはチョイスされているようだけれど。

■#15「目撃の真実(Fieber)」

風邪気味のボンラートがヘルツベルガーと共に向かったドラッグストアの駐車場で襲撃事件が発生する。

続きを読む
posted by sei at 23:40 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(etc) | 管理用

Thu,April 28,2011

アクションコメディ映画「ダブルマックス」

これはタイアクション映画としてレンタルしてきたのであり、コメディと位置づけていいのかどうかというギリギリの路線じゃないかとちょっと悩んでしまいますが、流石にこれはコメディだと思います、「マッハ ! 」と違って。あれはコメディタッチの少し入ったアクション映画、こっちはコメディ+アクション映画。そんなかんじ。

というわけでたまたまレンタル屋でトニー・ジャーの名前を見つけてレンタルしてきたのですが……正直騙されました。パッケージにはなんて書いてあったんだったか、きちんと読まなかった私が悪い気はします。トニー・ジャーが出ているのね、そして主演は「マッハ!」に出ていた人なのね、という情報だけ見つけて借りてしまったから。確か時間があんまりなかったんだと思います。時間がないのにレンタルするなって話がないでもない。

たまたま私が見る前に身内が見るという順番になって、軽く内容……内容じゃないわね、トニー・ジャーの事を聞いてしまったので冷静に見ることが出来ましたが、そうでなければ多分ずっと「いつになったら主役は出てくるの?」とか思いそうです。少なくとも「もう一人のメインはいつ出てくるの?」とは思ってしまいそう。
つまりトニー・ジャーは特別出演というか友情出演にしかすぎず、出番はほんの数分という……。これはホント、詐欺に近いよ。少なくともDVDに入っていた「日本版劇場予告編」を見て楽しみにしてしまった人達がいたとしたらそれは本気で詐欺だと思う、そんなレベル。一応「特別出演」とは書いてあるものの、トップの目玉の映像が、その僅かなトニー・ジャーのアクションシーンなんだもの、期待するわよあんなの見たら。本編でも殆どあれくらいしかないというのに。

という、詐欺っぽい売り方が本気でどうかと思うのですが、多分それを売りにしないと見る人いないだろうなと考えたであろう日本の宣伝方法はある意味間違ってはいないと思うのです。詐欺だとは思うけれど。だってそうでもしないと多分殆どの人は見ないと思うから。
マッハ!で友達を演じた彼が主演で監督というのは一応売りにはなると思うのですが、彼メインのコメディアクションと言われても見たい人が日本にそんなにいるとは思えないのよね。タイ文化に通じている人であればアリでしょうけれど、普通の場合は無理だと思うの。私も多分、それだけでは手を出さないと思うのよね。他のアクションスターを発掘したよ、ってタイプなら見る可能性はあるでしょうけれども。

さて実際の内容はというと、それを踏まえて見ればまあまあ面白いかな……。お笑いネタは分かりにくいところもあるものの、ベタなものも少なくなくてそこそこ笑えるかなと。アクションは正直かったるい気がするけれど、冒頭の銃撃シーンは動きがコメディタッチな所が多くて楽しいし、小デブな主演……名前覚えられないんですけれど、ペットターイ・ウォンカムラオさん。ダメだわこの名前は私には複雑すぎる。えーと、その彼のコメディタッチなアクションはなかなか楽しいです。
昔懐かしの香港映画のオマージュがいくつもあって、寧ろパロディ的なところもあり、ああこの人映画好きなんだなあというのがひしひしと伝わってくるのは良いです。
ラストのアレは、彼有名な人なのかな……知っていればより面白いだろうなと思いつつも笑えたわ。知らないまでも、劇中の彼はあんなんだったわけだから(※一応ぼかしておきます)。
あと、ヒロインが「マッハ!」の彼女だったのが嬉しかったわ。かわいいよね彼女。

とはいえ、時間にするとそんなに長くない筈なのに途中で飽きてくるのは、やっぱりちょっと作りがもたもたしすぎなのかも。一部倍速で見てしまったよ。ゴメン。
そして、こういうのを見た後「マッハ!弐」でも見たら、そりゃあアクション素晴らしい!と思うだろうなとも思ってしまった。色々ゴメン。タイのアクション映画は、見る順番もものをいいそうです。
  • お笑い度…★★★☆☆ ネタ的にもテンポ的にも分かりにくい部分もあるのでこのくらい。ベタで笑えるものも多いけれど
  • 下品度…★☆☆☆☆ 主役が裸で走り回ってる程度でしょうか
  • えろ度…★☆☆☆☆ 何もないに等しい
  • アクション度…★★★☆☆ 他のトニー・ジャーものと比較してしまうとこのくらいかな
ダブルマックス [DVD]ダブルマックス [DVD]
ペットターイ・ウォンカムラオ

ジェネオン エンタテインメント 2006-03-24
売り上げランキング : 44183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 23:38 | TrackBack(0) | Movie(Comedy) | 管理用

Wed,April 27,2011

[Cobra11]アラーム・フォー・コブラ11シーズン#13,14(ワイルド・ランナーXX 第一容疑者)

昨日まとめようと思っていたのにウッカリしてしまいました。なんで忘れたんだろう。既に忘却の彼方。……本当に昨日の夜って何してたっけね私……。パソコンにはそこそこ向かっていたと思うのだけれど。クリマイ見るとかTwitterに書き込んだ覚えがあるし。
まったく思い出せませんが、思い出せないからといって何か問題があるわけでもないので(あるとしたら私の脳)、昨日書く予定だった13,14話分を。

■#13「第一容疑者(Kleine Schwester)」

雨のアウトバーン。追われている赤い車。

続きを読む
posted by sei at 22:26 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(etc) | 管理用

Mon,April 25,2011

[Cobra11]アラーム・フォー・コブラ11シーズン#11,12(ワイルド・ランナーXX 復讐の炎)

気候が不安定すぎて、春というより夏のようです。夕立が来るんだもの。夕立ってほどの雨ではないけれど。でもその後一気に冷え込むので体調を崩しがち。気をつけないとね。

さて今夜もカークラッシュドラマの感想を。ホントに今回珍しく一気に見ているわ。だからそれは一本に4話も(以下略)

■#11「正義ある信念(Zivilcourage)」

ゼミルとトムはボンラートの息子ヨッヘンから相談を受ける。その後、麻薬売買をしている少年を捕まえるが……。

続きを読む
posted by sei at 22:58 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(etc) | 管理用

Sun,April 24,2011

コメディ映画「フィリップ、きみを愛してる!」

コメディ映画っていうかラブコメ映画っていうか脱獄映画っていうか、見る人でどこをメインと考えるか分かれそうな作品だと思います。全部だけれど。そもそもこれを脱獄映画だと言ってしまうと歴代の素晴らしい脱獄映画に失礼な気がするけれど。大脱走とか勝利への脱出とかショーシャンクとか……きりがないのでやめておきますが。そもそも二つ目に出した「勝利への脱出」は、個人的にはスポーツ映画。それはそれで違うか。

そしてコレ、見るまで知らなかったんだけれど、ゲイものなのね。いきなり露骨にそういうシーンが入るからビックリしたよ。ジム・キャリーだし出だしのかんじからすると軽いコメディものなのかなと勝手に思っていたので。
しかし違和感ないのが怖い。コメディだからさらっと「俺はゲイだ」とか言われても、ホンモノでもネタの一個として捉えてしまうから違和感ないというか問題ないというか、そんなかんじ。ジム・キャリーの癖の強い演技とお笑い部分に更にアクをつけても特に問題ない、ってかんじでしょうか。
更に相手役のユアン・マクレガーがまた凄い。オネエ役をやっているのだけれど、ほどほどの気持ち悪さ(ノンケの人が見た場合のちょっとした違和感程度)を醸し出しつつ、視点がジム・キャリー演ずるスティーブになるのでだんだんかわいく見えてくるというマジック。怖。二人ともうまいよホントにうまい。知っていたけれどもうまい。無駄に感心してしまいます。とはいえこのへんは私が女だというのもあると思うので、こればっかりは同姓である男性に感想聞かないと分からないところではあります。女から見る分には見やすいんじゃないかな。

……最初に唖然とした話から入ってしまったのでこっちの話になってしまったけれど、ストーリー的にはスティーブの詐欺と脱獄話。実話が元らしいけれど、IQが高くて詐欺がそりゃあもううまくて金儲けしまくってついには捕まってしまうのだけれど、牢獄で会ったユアン・マクレガー演ずるフィリップに惚れてしまう。二人は牢から出た後晴れて仲良く二人暮らしを始めるのだけれど、スティーブの詐欺癖が抜けず、結局彼は再び捕まる。でもフィリップ会いたさに脱獄を繰り返す……というような内容なんだけれど、矢継ぎ早に繰り返される脱獄ネタに笑っていると、笑い事じゃないトンデモな脱獄をされてしまうというね。あれはCGでしょうかジム・キャリー。というかあれまんまやったら死んでしまうよねと思うレベルなんですが。のぼさん演じた香川さんだって低血糖でふらふらしまくっていたという話だし(※「坂の上の雲」)。ある程度の減量はされたのかなと思うものの。
ってそんなこと考えている場合じゃないです。とにかく手段が強烈。この話でそう終わるわけがないと思っているのでまさかとは思うのだけれど、いやいくらなんでもそんな無茶は……と思ってしまうのよね。これが実話だっていうんだから凄い。

とにかくスティーブの手段が凄い。他の部分での力というか頭脳も凄いし実行力も強烈。これをさらっとダイジェストのように見せてしまう演出というのかな、構成かな、それも好き。普通のシリアス脱獄ものはこのへんを丁寧に見せてくれるものですが、コメディ構成のせいもあってあっさり展開するのが良いです。全体が短いのもね。よくまとまっていて気楽に楽しめる、でもちょっとしんみりもさせちゃうよ、という、いい映画でした。
  • お笑い度…★★★☆☆ 流石ジム・キャリーというかんじ?だから苦手な人も多いだろうけれど
  • 下品度…★★☆☆☆ ジム・キャリー作品のわりには少ないと思う。多分。あんまり自信ないけれど
  • えろ度…★★★★☆ 全体として多いわけではないけれども、直接的で露骨だからこんなかんじで。家族で見ると気まずいと思うよ色々と
  • ゲイ度…★★★★★ そういう作品ですから
  • 詐欺度…★★★★★ そういう作品ですから
フィリップ、きみを愛してる! [DVD]フィリップ、きみを愛してる! [DVD]

Happinet(SB)(D) 2010-11-04
売り上げランキング : 2792

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 00:30 | TrackBack(0) | Movie(Comedy) | 管理用

Sat,April 23,2011

CSI:ベガス10#3&CSI:NY6#16

今夜ベガスが再開して2話目よね、とか思っていたのに、今取り出したら3話目でびっくりした!何この一週間というか4月半ばのはやさ。あり得ないわ。3月上旬からずっとそう言っているような気もしますが。ある意味長いんだけれど短いのよ。なんか記憶がはっきりしないというか、そんなかんじ。
しかしベガスはそういえば先週今更ポール・ミランダーの名前が出てきてびっくりしたんだっけね。今自分の先週の感想見て思い出したわ。

■CSI:ベガス10#3「大脱走」

森の中の惨劇。鉈で殴り殺された男性。

続きを読む
posted by sei at 23:50 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。