Wed,August 25,2010

コメディ映画「ギャラクシー・クエスト」

レンタル屋の説明に「サボテン・ブラザース風」と書かれていただけで手に取った作品です。暑さで弱っていて色々な事が出来なくなってくるとこういうものに走るらしい。それでもレンタルしようという気があるだけマシなレベルという話もあります。相変わらず暑さに激しく弱いです。

確かにサボテン・ブラザーズ風で、昔大流行したSFドラマを演じている、今は落ち目の俳優が本物と間違われて宇宙の危機(というか、とある種族の危機)に駆り出されるお話。
基本はスタトレシリーズをパロっているので、スタトレシリーズをそこそこ知っているに越したことはないのですけれども、多分知らなくても大きな問題ではないと思います。多分。あんまり自信ないけれども、ただ、スタトレ特有のネタをマニアっぽく使っているわけではないから大丈夫じゃないかなと。設定をなぞっているところは多いにあるのだけれども、それだけだから。いわゆるパロディ作品ではないから。

そんな内容なので、これはB級色の強い適当な作品かと思いきや、実に細かく作られた出来のいい映画で、よく見れば出演者も豪華です。
シガニー・ウィーバーがセクシー金髪美人を演じているところも面白いし、モンクさんの中の人(すいません名前が分かんない)がマイペース且つ環境に激しく順応してしまう機関士さんみたいな役所を演じているのもいいです。あと、脇に出てくる宇宙人のこの人は、顔よく知ってるんだけれども誰でしたか!としばらく悩んでいたけれどもそういやヴェロニカ・マーズのとーちゃんじゃないの、とか。ドラマの人って、顔良く知ってていても一瞬誰だか出てこない事少なくないよね。モンクさんも一瞬悩んだし。
あと、Mr.スポックのオマージュと思われるトカゲ男を演じているのがアラン・リックマンとか……。最後の人は実はしばらく分からなかったんですけれど。見たことある人なんだけどなあとは思っていたものの、ハリポタの先生とはなかなか重ならなかったよ!だってあんなんなんだもの!あんなんとは失礼な。ある意味一番オイシイ役所とも言えましたが。ごはんが、他の皆さんはご自身の大好きなもの、地元のステーキとかだというのに、彼はトカゲなので虫だとか、寝るベッドもなんか大変なものだとか、オイシイです。勿論用意してくれている宇宙人達は大いに真剣で出来うる限り接待してくれているつもりだからたまらんです。

そう、この宇宙人達がまたかわいらしい。勿論造形の話ではなく、中身が。疑うことを知らず嘘と知ると倒れてしまうような純粋な種族。だからこそ他の種族に星を乗っ取られたり支配されてしまう。可哀想に。とはいってもこれでよく今まで無事でいられたわねレベルなわけですが、広大な宇宙の中で接点がなければそら問題はないか。

内容にしても、それなりに伏線が張られていて、それをいちいち細かく拾っていてきめ細かい出来という風。とにかく見ていて気持ちが良いです。内容は大変くだらないんですが、でもこれは面白いわ。B級はB級かもしれませんが、上質のB級映画です。今まで知らなかったのがちょっと勿体ないくらいよ。この手合いのは意外と情報が入らないのでしょうがないかもしれませんが。そしていまいち能動的に調べない私が悪い。

  • お笑い度…★★★☆☆ 笑えるというより、楽しい、面白かった作品。なんて言ったらいいんだろ
  • 下品度…☆☆☆☆☆ 思い返しても、ナイ。これはビックリ
  • えろ度…★☆☆☆☆ ゼロに等しい1。シガニー・ウィーバーがせくしーなので。なんというお子さまにも安心映画でしょう。問題はスタトレのオマージュだから子どもには分からないでしょうってことくらい?それはけっこう問題か
  • パロディ度…★★★☆☆ パロディというかオマージュだけれど、全面にスタトレの空気が漂っています
  • トカゲヘッ度…★★★★★ 下らない事言ってる場合では。それはさておき「トカゲヘッドの名にかけて」オイシイところ持っていきまくりだと思います

ギャラクシー★クエスト [DVD]ギャラクシー★クエスト [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2009-04-10
売り上げランキング : 11978
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 22:42 | TrackBack(0) | Movie(Comedy) | 管理用

Tue,August 24,2010

Daishi Dance × →Pia-no-jaC←「PIANO project」

音楽関係の事書くの久しぶり。書きたいものはそこそこあった筈なのに久しぶりなのはなんででしょう。Sealの「ソウル」もレ・フレールの2枚も書いていないっていうね……。どんだけパワーがなかったのか。まあしょうがないか。
そしてそのへんを書いていないのにこれは書いておきたいというのもどうかと思うんだけれども、Daishi Danceと→Pia-no-jaC←のコラボアルバム「PIANO project」です。

そもそも私はDaishi Danceのほうは全く知りませんし、今でもこのアルバムの中でしか知りません。どこをどう担当しているのかも分からないレベル。興味は出ているのですがまだそこで止まっています。
だからつまり→Pia-no-jaC←のほうに興味があって購入したアルバムです。

元々→Pia-no-jaC←は話にだけ聞いていて、とにかくピアノ音が好きな私ですからそりゃあ一回は聞いてみないと、と思っていて、でもなんとなく機会がなく気がついて探す時でも目に入らずにいたのですけれど、たまたま出張先でヴィレッジ・ヴァンガードに寄ったら絶賛発売中だったので、せっかくだからと買ってみたのがコレです。
勿論コラボというところは、最初に買うアルバムとしてどうなのと気になったのだけれど、いかんせんタイトルが「PIANO Project」。そら買いますとも。ただ、その時はこれがヴィレッジ・ヴァンガードの先行販売版だということに気づかなかったので、crossreview(クロスレビュー)に書き込もうと検索した時にジャケットカラーが違った上にまだ販売されていないっていうんで、私は何を買ったんでしょうと焦ったものでしたが。このへんはついったで教えて頂きました。その節は本当にありがとう。……最近何かとこの手合いのネタはついったに助けられているような気がせんでもないです……。

ちなみに私の持っているバージョン↓。一応DVD付き。
pianoproject.jpg

で、アルバムですが、真夏の超暑い時期に購入、えーと7月の23日だったかなんかそのあたりだったと思いますが、そのあたりで購入して聴いたので、時期も気分的にぴったりだったんじゃないかと思います。汗だくで出張先の宿泊場所についてシャワー浴びてその後聴いたのも良かったかもしれません。最初の印象とかタイミングって大事だと思っているということですが、つまりどんぴしゃではまったのです私には。聴いていると凄く気持ちよくてパワーが出るかんじ。カホンを叩きたくなります。ピアノを弾きたくなります。そんなかんじ。実際出来るかどうかは些細なことです。多分。可能性はゼロじゃないよ!

ノリが良く飛び跳ねた音が魅力的、ちょっと打ち込み系のデジタルが邪魔に感じる部分もあるものの、基本の音がピアノ(いわゆるキーボードですが)とカホンなのでシンプルで心地よく響きます。……この一言につきてしまうんで他に書くことはないかもしれない……。

ただし、これ多分その場の勢いで弾いたものまんまなんでしょうか、ノリは凄いし面白いからいいけれども、最初CDちょっとイカレているのかしらと思ったレベルでテンポが暴走している曲が……。特にカホンの暴走っぷりがたまらんです。ピアノもアレによくついていっているなあ……ということは計算ずくなんでしょうかひょっとして。それはそれでオソロシイよ。
これ、それでもCDで聴いていただけの時はただ面白いで済んでいたのですが、付属していたDVDを見たら流石にちょっと気持ち悪かったわよ。どう説明していいのか分からないけれども。気持ち悪いっていうか……なんだろう……そんなに強い感情じゃないわね、違和感というか、そういきますかみたいな予定調和ではない音、いや音じゃなくてテンポ。というわけで見ていると頭が少し混乱するので、音だけ集中して聴くことにしました。でも、ライヴ見てみたい。矛盾。

とはいえそんなわけで演奏している所は見てみたかったので、このオマケは嬉しかったわ。欲を言えばもう一曲くらい入れて欲しかったけれども。まさか一曲しか入っていないとは思わなかったのよね。コラボなんだから二曲は入っているだろうと思ったのよ。でも「Pulse of the earth」の一曲のみ。けっこう気合い入れて見るつもりだったのにちょっと拍子抜けでした。いやオマケだからね!とは思うんだけれど、でも(くどいので略)
そしてやっぱりカホンが叩きたくなりました。言えばいつでも叩かせて貰えるだろうところにカホンはあるので、やろうと思えば出来る。あれやってるとお尻が痛くなるんだけれどもね!

……なんか全然感想になっていないというか余計な事しか書かなかった気がします。駄目そう。
とにかく私はこのアルバムがとても好きです、という話でした。そのうちに→Pia-no-jaC←の他のアルバムにも手を出そうと思っています。Daishi Danceのほうはどうなのかな。打ち込み系というか加工系なんでしょうか。そういう事も全然知らないからね。そのうち気が向いたら調べてみようと思います。
PIANO project.PIANO project.
DAISHI DANCE × →Pia-no-jaC←

urban sound project. 2010-08-04
売り上げランキング : 299
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 00:08 | TrackBack(0) | Music | 管理用

Mon,August 23,2010

最近(?)見た香川氏の出演作品とか

一応「最近見た番組とか(龍馬伝関係)」の続きのようなもの。
そんなわけでここのところ無駄に香川氏出演作品を見たので、そのへんをまとめて書いておこうかなと。もっとも、前述の記事に書いたように、香川氏を見るために見たんではなかったりしますがそのへんはご愛敬。

■最後の忠臣蔵

最後の忠臣蔵 [DVD]
前述の記事に書いた通り。以前見たドラマですが、第一話だけ見ていなかったのと、やっとレンタルで見かけたので見るに至った作品。嬉しさもあり懐かしさもあり、借りてからこればっかりリピートしていた時期もありました。

香川さんの役は瀬尾孫左衛門。劇中で主役の吉右衛門が彼の夢を見て魘される場面のチープっぷりがイカス。見るたび笑っていたけれども。あれはもう少しどうにかしても良かった気がするのよ。
でもラストシーンの切なさは……。思わず孫ー!孫左ー!と叫んでしまうレベル。
切ないキャラなので、笑っているシーンが一話にしかないっていうね……。いやそこまでじゃないか。でもイメージではそんなかんじ。そもそもリアル孫左の出番自体少ないんだけれど。

■憑神

憑神 [DVD]
これはコメディ(だと思っている)映画なのでまた単独で書く予定ではあるのだけれど(予定は未定です)、出ていたので一応リストの中には入れておきます。作品の感想はのちほど。(※追記。書きました→tagebuch-zweit: コメディ?映画「憑神」)
でもコレ香川さんの無駄遣いでは。という香川さんは蕎麦屋の親父。いい味が出ているキャラではあるのだけれど。

■MR.BRAIN

MR.BRAIN DVD-BOX
これを見る羽目になるとは思ってもいなかったよ……。なんか口車に乗せられたよ……。何故私がCSIのパク、もとい、えーと、まあそんなような、しかも主役が彼のドラマを見ねばならんのですか。彼の演技苦手なのに。苦手っていうか、彼が彼にしか見えないからドラマの世界に入れなくて駄目なのに。
でも
「トータス出るよ」「その程度では見ません」「香川さんも出てるよ」「じゃあ見ようかな」
という流れで見ました……。……いやもうスイマセン……。だからこれはある意味「香川さんが出ていたから見たドラマ」ではあります。

ドラマ自体も、期待していなかったぶんわりと楽しく見れました。ずいぶん豪華な作りよね。お金かけているわよねコレ。
最終話には慎太こと上川隆也氏も出ていて、ゲストも贅沢なことこの上なく。そういや以蔵も出ていましたか。……MacのATOKはいぞうを変換してくれない。ビックリした!

えーと、香川さんは刑事さん役。どんだけ引き立て役なんでしょうかと思っていたけれども私が見る限りではそんなには感じませんでした。頑固そうなキャラだなと思ったのにそうでもなかったし。ベテラン刑事さん的な?なかなかツンデレキャラでいいかんじでありました。弥太郎ほど大変なツンデレではないけれども。

■救命病棟24時 第3シリーズ

救命病棟24時 第3シリーズ DVD-BOX
これも前述の記事に書いた通り。洋ちゃん見ようと思ったら香川さんも出ていた的な何か。ドラマ自体をかなり楽しんで見れました。

香川さんは医局長役で、っていうのも既に書いてしまいましたが、そんなわけでビジュアルが大変好みでした。中身も好きだわ。

これまた長すぎ
posted by sei at 21:30 | TrackBack(0) | Television | 管理用

Sun,August 22,2010

最近見た番組とか(龍馬伝関係)

先週の龍馬伝は身内がそれなりに揃った中、酒盛り中にBGM程度につけていただけだったのですけれど、その中で結論が出ましたよ。
やっぱり高杉晋作が男前で数字がとれます。少なくとも私の身内内では。あれだけ第二部の終盤で、こんなつまんないドラマつけておくのも嫌とか言っていたMutterも、今は彼がカッコイイから良し、だそうな……。なんて単純な。勿論母の大変苦手というか正直かなり嫌いだったらしいキャラがもう出ないからというのもあるようなのですが。どうして私の身内は彼の嫌い率が高いのか、それも不思議ではあるけれども、これが血筋というヤツなのでしょうか。大体飼い猫ですら嫌いだという意味が分かんない。ちなみに飼い猫は基本は見目貧相だけれど元気なのが好きなようで、一番好きらしいのはCobra11シリーズのゼミルなのだけれど、龍馬伝では何故か亀山社中のシーンがかなり好きらしいので、多分洋ちゃんファンです。一番の飼い主がやたらと水曜どうでしょうを見まくっていたからだと推測されますが。あのシーンだけ夢中で見ているんだもの。普段テレビに殆ど反応しない癖に。いやたまに弥太郎には反応しているけれども。彼もわりと見目貧相で(失礼)元気がいいタイプなので好きなのかなとは思います。ちなみに私は弥太郎ファンです。
高杉晋作の人は、ホントにコレをやるために存在しているんじゃないのレベルでぴったりでカッコイイと思います。あの、少し狂気をはらんだ目力とか、たたずまいのしゅっとしたかんじとか、もうぴったりすぎです。
彼が気になったので一応「白州次郎」の再放送も、せっかくだから少し見たのですが、内容が苦手系だったのでちょっとだけ。それでもかっこよかったです。「スキヤキウェスタン・ジャンゴ」の時は特に感じなかった気がしますが、あれは単に作品が作品だから……という気がせんでもないです。ちなみに私は弥太郎ファンです。くどいようですが。そういや弥太郎、じゃなかった、香川さんもスキヤキウェスタン・ジャンゴに出ていたっけね。なかなか大変なキャラだった……。

……なんの話をしたかったのかだんだん分からなくなってきてしまいましたが、龍馬伝の話というか、龍馬伝に出ている皆さんが出ていた番組の話をちょっとずつしたいんだった。まとまらない気配濃厚すぎですが。ゴメン。

長すぎ
posted by sei at 22:27 | TrackBack(0) | 大河 | 管理用

Sat,August 21,2010

CSI:ベガス9#18+コールドケース6#6

今夜はNHKのほうも見たかったので一瞬悩んだのだけれど(私は特に福山雅治が好きというわけではないけれども、この時期にトップランナーに出るなら見たいよって話)、今ならMHKは裏で録れるのでそっちに回してCSIにしたのだけれど、そうして良かった!200回記念デーだったとは。
……と、本編始まる前は思ったんだけれど……。というあたりは感想のほうに書きます。

でランキングを慌ててメモしたんだった。

5位.ラングストン教授9#11「レベル1」
4位.ウォリック9#1「さらば友よPart2」
3位.ホッジス7#20「模型の鍵」
2位.ニック5#25「CSI"12時間の死闘"後編」
1位.グリッソム9#10「最後の授業・後編」

なんといってもホッジスの3位が光るよ光りすぎだよ。でも教授の5位もかなり凄いと思います。
ところで、いつこんなアンケートとっていたのかしらね。少なくとも私は全然知らなかったよ。知っていても投票したかどうかは分からないけれども。今ならラングストン教授に入れるかな。

※現在→CSI:シリーズ スペシャル | WOWOWオンラインでこの部分だけ動画があったので追記。
途中経過だった模様です。9/30まで受け付けているって。投票しようかな。まだしていないのだけれど。
ところでベストエピソード、教授とホッジス、ニックは納得なのだけれど、後の二人は降板エピなのよね。ないわー、と思うけれど、出番が色々ありすぎて極端に目立つのがないといえばないからしょうがないのかもしれません。私も、じゃあどれを選ぶかと言われたら悩むだろうし。
※追記ここまで。

さて本編のほう。

■CSIベガス9#18「オグンのいけにえ」

通りで捻り殺された女性。彼女はラングストン教授の教え子だった。

続きを読む
posted by sei at 23:54 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Sat,August 14,2010

CSI:ベガス9#17+コールドケース6#5

お盆にかかってしまっている田舎はなかなかにして忙しいものなので、というわけでもないこともあるのだけれど、基本人口過多になってごたごたするので、今夜CSIとコールドケースをきちんと見ることが出来るかどうか甚だアヤシイところではありますが一応。録画はきちんとセットしたよ!

……というのは勿論見始める前に書いているわけですが、実際どうだったか書けるところまで起きているかどうかが本気でよく分かんない。なので基本的に短くなる率が高そうです。

■CSIベガス9#17「コード4」

ハッチャー家の前で射殺された自警団の団長と流れ弾に当たってしまった少年、そしてギャング団の一人。

続きを読む
posted by sei at 23:51 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Tue,August 10,2010

Seesaaのメンテ

せっかくタイミングが良かったのにウッカリしていたので今更だけれど、この後Seesaaは長めのメンテに入る模様です。

■Seesaaブログ システムメンテナンスのお知らせ及びアカウント登録情報確認のお願い:Seesaaからのお知らせ
http://info.seesaa.net/article/157625107.html
■作業日:8月10日(火曜日)

■停止サービス
Seesaaブログ

■予定している停止範囲及び時間:
・ユーザー様が作成されたブログの表示及びSeesaaブログトップページ等マイ・ブログ以外の表示
8月10日(火曜日) 午前2時 〜 午前10時

・記事投稿、デザイン変更等のマイ・ブログでの操作及びユーザー様が作成されたブログへのコメント投稿、トラックバック受信、メール投稿
8月10日(火曜日) 午前2時 〜 午後2時

*メンテナンス終了時刻は、作業状況によって前後する場合がございます。
※2箇所改行を加えました。

マジで長いです。12時間予定。でもきっとそう簡単に終わらないでしょう。お疲れ様です。と先に言う。

そして表示もされなくなるので(こっちは一応10時まで)、一応ピックアップしておかないとね。
とはいえ最近なかなか記事を書かないのでわざわざ言うまでもないところもないではないんだけれど、それはそれこれはこれ。というより、今さっき更新したばかりだというのに、そしてついでに書こうとしていたのに忘れたからよ。それだけの理由です。スミマセン。

……内容があまりにもないので、最近撮ったねこえもんズのシルエット写真でお茶を濁しておきます。以前既にTwitpicにUpしたものですが。
cat100718-01.JPG
ちょっと夏っぽい?
posted by sei at 00:59 | TrackBack(0) | Web(&パソコン) | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。