Wed,March 31,2010

CSI:マイアミ7#24&CSI:NY5#12

そんなわけで再び出張でずれました。マイアミのシーズンフィナーレは本放送で見たかった気がする、と思っていたのだけれど、シーズンフィナーレではなかった模様。話数間違えたかと思ったよ。今シーズン25話あるのね。多いなあ。

そして今気づいたけれども、一時期スト関係のせいでおかしくなっていた組み合わせ、今かなりきちんとされているのね。マイアミが終わる時にNYが半分終わりってことは。調整したwowowお疲れさま、というかんじ。

■CSI:マイアミ7#24「別れのバラード」

自宅のパーティで自分の犯罪を自慢げに話していたジミー。彼の友人であるサリスと言い合いになり、プールに落とされる。そしてジミーの身体が溶け始める。

続きを読む
posted by sei at 18:12 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Thu,March 25,2010

[Game]「いろづきチンクルの恋のバルーントリップ」のこと

前作はプレーしていないのですが、貰ったのでやってみました。

チンクルといったらゼル伝のキャラなのはいいけれども、35歳独身のキモオタニートなので……って実際自力で文字にすると破壊力抜群。というかキモオタだったっけチンクルって。あ、妖精さんになりたい人だからそれっぽいか。まあとにかく強烈でキモいわけですが、それを思う存分出したゲームなんだろう……!と私は信じていたのですが、思ったより数段ファンシーでファンタジーでビックリです。

基本の世界観がファンタジーなのよね。そして作りがファンシー。すごくかわいくて優しい。
でもそこにあのチンクル。
……というギャップ狙いなのは分かるんですが、今回のチンクル、中身はただの一般人っぽいので、そんなに強烈ではないというか、自分で操ることになるからかもしれませんが、インパクトには欠けていた気が致します。これはやっぱり主人公だからかな。チンクルがあのキャラで光るのは多分強烈な脇役として、なんでしょう。そもそもこのゲームだと台詞がなくなっちゃっているから、そのせいかも。

話がちょっとずれましたが、だからといって普通のキャラではなく、そもそもビジュアルがキモいので、やっぱり出てくる女性全てに怖がられるという……。怖がるっていうか、嫌がられているんでしょうか。不憫な。中身たいしたことないのに。中身に問題があると、表面ににじみ出る何かで逃げたくなる場合というのはあるものですが、チンクル、中身普通なのに(※あくまでも今回の)。
……ただ、このゲームのメイン部分になっているっぽいラブプッシュシーン(女性達のごきげんをとるプレゼント攻撃のシーン)は、成功した時の演出が激しくキモくて女性達が可哀想になるので、やっぱり初対面時に女性陣が逃げたくなるのは当然なのかもしれません。

あんまりチンクルがキモいキモいと言っているのもどうかと思いましたゴメン。実際は多分そんなでもないと思います。私はもっと毒があると思ってたし。そういう意味では中途半端だった感もアリです。

さて肝心のゲーム部分。
基本アドベンチャー形式のお使いゲームで、演出がいちいちキュートで凝っていてカワイイです。
が、それ故にかったるい!全くもってユーザーフレンドリーでないのでかなり色々とイライラします。時間が勿体ないんですけれど、とか言いたくなる時もあります。これがなければもっとずっとボリュームないなと感じてしまうかもなのでそのへんの関係もあるのかもしれませんが、それにしたってくどいです。なんていうんでしょう、凝った演出に酔っていて、ユーザーの事まで頭いかなかったかな、と穿って考えてしまうかんじです。

小ネタ色々を細かい所まで凝ってあるのは楽しいものだし面白いんですけれど、基本一回でいいのよ。何回も見たいもんじゃないのよ。だから、どれだけ面白いものでも強制的に何度も見せられると、プラス思考だったものが一気にマイナス方向に行くよ!っていう話です。勿体ない。
セーブシーンは最たるもので、セーブするまでに一体何回クリックしなくちゃならないのかっていう。ただでさえタッチペンオンリー仕様で、ペンでカツカツやるのはボタン一回押すより面倒感が強いというのにあれはないよ。もう確認したくないので正確ではないですが、
  1. ぶたをクリック
  2. せいブーです(なんか台詞があるので飛ばす為にクリック)
  3. せいブーしますか?「はい」
  4. 本当にせいブーしますか?「はい」
とか、4回くらいはタッチペンでカツカツやんないとならないのが納得いきません。

そして、バルーントリップ。これ、けっこうやり込み度も高くて大いに使いたいものなのに、そのたんびにちょっとした会話イベントやアクションを毎回毎回見ないとならないのが納得いきません。出来るようになった直後なんて、どこにどう飛ぶのかいまいち理解していなかったからヘンなところで使ってしまって、戻ったらそのチャプターの最初からやり直しになってしまったりとかして泣いた泣いた。このシステムは本気でもう少しなんとかしていただきたかったです。過去に戻るほうはいいとしても、現在に戻るほうの仕様はヒドイと思うわよ。

それから、基本アドベンチャータイプでまったりした優しいゲームで、作り的には、チンクルというキャラが強烈ではあるにしても、わりとライトゲーマー向けだと思っていたのよね、長い間。プレーしやすいからアクションが苦手な人にも出来るゲームだなと。だから私の場合ちょっとしたところでぶーぶー言いたくなるんだろうとも(※私は少なくともライトゲーマーではないので。ヘビーでもないと思うけれども)。
なのにラストバトルの難易度は全くもってライトゲーマー向きではないというバランスの悪さ。少なくともある程度アクションの出来る人じゃないと厳しいような気がします。少なくとも私はイライラしました。一回ゲームオーバーになってしまったし。他が大体ターン制の頭脳戦なのに、なんでラストバトルだけ素早いアクションが必要なんでしょう、と。正確に言うとラストバトルだけということはないんだけれども、他はそう難易度が高いとは思わなかったので、やっぱりここだけ極端にバランスが悪い、そんな気がします。

……なんだか問題のあるところばかり並べ立ててしまいましたが、つまりは勿体ないのよこのゲーム。ホントに惜しい。これだけ丁寧な作りなのにいまいちユーザーフレンドリーじゃない、そんなゲームだと感じました。
面白いことは面白いよ。でもやっぱりちょっと残念な出来かなと思います。
いろづきチンクルの恋のバルーントリップいろづきチンクルの恋のバルーントリップ

任天堂 2009-08-06
売り上げランキング : 269
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 23:58 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Tue,March 23,2010

CSI:マイアミ7#23&CSI:NY5#11

今日見るとドラマ見過ぎになってしまうのだけれど。火曜日って一番多い日だし。でもそんなこと言っていられないので見る。そもそも昨日見ようと思っていたのに結果的にそれどころでなくなってしまっていたし、今回は特にまったりしている余裕がないので溜めている場合じゃないのよ。再放送を、とかいう余裕すらないし。
つまり、また数日したら出張です。ちょっと勘弁して頂きたい気持ち。

さてCSIです。

■CSI:マイアミ7#23「爆風、そしてダメージ」

レストランで会食中の家族のところに手榴弾が投げ込まれる。

続きを読む
posted by sei at 17:03 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Wed,March 17,2010

「24 season7」#18

夕方見て一気に書いてあったのに、その後up出来なくて今に至っています。火曜日に見るのはちょっと無理だったけれども、明日から出てしまうからしかたない。それならそんな時期にそもそも借りるなって話がないでもない。ちょっと反省。

ちなみに火曜日は今のところ22時からスパナチュ見てクリマイ見てプロジェクトランウェイを見るから、どの曜日よりも無駄にTVスケジュールがハードなんだった。ホントに阿呆ですか私は。でもプロジェクトランウェイで締められるのはいいことです。面白いし、楽しいからね、あれは。スパナチュとクリマイだけだと、内容はいいにしても後味悪かったりするから。

で、記事の内容は24の感想です。まったくもって失礼します。

続きを読む
posted by sei at 02:23 | TrackBack(0) | 「24」(season2-7) | 管理用

Tue,March 16,2010

ニンテンドークラブからマリオのポーチが届いたよ

長いこと放置していたポイントが大量にあるのでどうしようと思っていたのですが、そういやDS本体が二台になってしまって今現在一つはそういうものに入っていないので、入れてあげるのにちょうどいいかなとマリオのポーチを頼んでみました。

とはいえ以前あったDSのポーチは小さい、というかサイズがギリギリという噂だったし、だからこれもそうなんだろうな、ということは使いにくいだろうな、とは思ったのだけれど、形がキュートなので他の小物を入れておいてもまあいっか、ということで。

それでもせっかくだからDS入れにチャレンジ。先ずは無理そうなDSLite。
ninten100315-01.jpg
分かってはいました。しかもアドバンスのソフトつっこんだまま入れようとしないように、って話があるけれども、しかも私の好きなシリコンカバーつけたまんまとか無理でしょう、って話があるけれども、やっぱりどうしようもありませんでした。うーん残念。

というわけで次はDSi。問題はこっちもシリコンカバーをつけてしまっている、ということですが、それ以前にひっかかるんだよね、このケース。
ninten100315-02.jpg
↑の部分に。でも袋が伸縮するタイプではあるので強引につっこもうと思えば出来るし、だから使用上の注意に使い始めは本体を入れづらいことがありますって書いてあるのよね。使っていれば馴染むんだろうなと思います。多分。
とはいえ流石にDSiは入りました。アドバンスのカートリッジも刺さっていないし。でもやっぱりシリコンカバーもつけて更にポーチにも入れるほうが間違いなのかもしれません。私は長いことそうしてきているけれども。そしてそのほうがまとまりがいいのでこれからも続けるだろうけれど。

ただ、以前友人に貰って、もう長いこと使っているアドバンスの頃からのポーチ、これみたいに使いやいのって今ないのよね。私の場合は小物も全部セットで入れておきたい(充電器とイヤフォンとソフト6本入れるケースと小さいモニタ拭き)ので、そうすると向いているものがある事自体が奇跡だといわれかねんような気がして参りました。
でもホントに以前貰ったコレは、私が使うにはデザインがアレなんだけれど(ゼル伝柄だから!ちょっとというかかなり恥ずかしい)、でも便利で便利で手放せないんだった。↓使い込みすぎていてヘタレていて、そういう意味でもオハズカシイのだけれど。
ninten100315-03.jpg
(※ゼル伝柄は伏せてあります)
……ここまで書いて気がついたけれど、つまりコレ、普通のポーチを探せばいいんじゃない?クッション性の問題があるかもしれないけれども、ゲーム用だと思うからないだけだという気が、凄くしました。今気づくとかどうなのよ私。
ただ、ゼル伝のコレは中に細かいポケットがあったり、外にもこのように編み目のポケット(私はここにメモを一枚つっこんだりする)があったりとなにげに便利なのは間違いないです。黄色と黒っていう色合いも好き。絵柄がアレなんだけれども。まだ言う。ま、くれた友人もシャレでくれたんだろうし。……多分……。

話がずれました。
ニンテンドークラブのポイント、今あるものを見ると消えものが殆どないのよね。どうぶつの森のレターセットくらい?今レターセットって殆ど使わないし、もうちょいなんか気の利いたものを入れてくれたら嬉しいなと思ったりしてしまいます。難しいのかな。
ゼル伝グッズも、ポスターじゃなくてサントラだったらちょっと考えないでもなかったのに!とか我が儘を思ってしまうわ。他に、DSの小物、例えばタッチペンの洒落たのとかどうですか。今ゼル伝大地の汽笛についていた透明羽ペンが超お気に入りなのでそう思うのだけれど。
posted by sei at 00:14 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Mon,March 15,2010

「24 season7」#17

録画をミスったのでレンタルしてきたのですが、何話目か忘れてしまっていたので借りる時怖くて怖くて。何がって、後のほうをウッカリとってしまったらネタバレしてしまうから。まあこれは単に手前のほうを慎重に見ていけばいいわけですが、それにしても参った。きちんと見てメモしていかないとダメね。しかもブログに感想書いているっていうのに……。

更に今自分のブログを見て、アレ、ひょっとして一本抜けたんじゃあ、と焦ったんですが、よく見たら特に問題ありませんでした。なんであの一瞬そう思ったのか、その事自体か分かんない。

でも丁度キリのいいnoだったので、おかげさんで二話見れてしまいます。感想は多分別々になると思うけれども。見る時間帯がずれるのは間違いないから。

続きを読む
posted by sei at 20:54 | TrackBack(0) | 「24」(season2-7) | 管理用

Sun,March 14,2010

CSI:マイアミ7#22&CSI:NY5#10

昨夜見終わった後睡魔でぶっ倒れたので、結局次の日に書いています。というか、途中までは仕上げていたのだけれども全部は無理だったとも言います。そもそも見ている時も疲労を感じたくらいではあったのだけれど。しかもそこまで疲れていたのに夜中咳で起きちゃったのも、今日また疲れているというか眠くてしょうがない原因になっています。まったくもう。今日もゲームが出来ない!

話がずれすぎました。

マイアミのほうは最初の10分くらい見れなかったので事件がどんなんだったか分からないまま見ていたけれども特に問題はなかったように感じます。そんなんでいいんでしょうか。いや一応録画はしてあるんだけれども、最初の10分程度を見直すかどうかっていうと……。

とはいえその後もしばらくの間は集中して見るどころではなかったので、そっちのほうが問題かもしれない。でも一応ちょっとだけ書いてみることにしてみます。

■CSI:マイアミ7#22「花嫁は誰だ」


続きを読む
posted by sei at 23:47 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。