Wed,April 29,2009

「SUPERNATURAL」#57+α

レッドクリフの前にコレを。といっても本当にまとまるのかあんまり自信ないなあアレ。いっそ箇条書きにしたほうがいいかもしんない。

ま、それはさておき本日はスパナチュです。

■#57「恐怖の館(Ghostfacers)」…ゴーストフェイサーズ。死の木霊。そして悪霊。

今になって彼等に再会するとは思わなかったよ!エドとハリスっていつ出たんだったっけ彼等。シーズン1?2だった?タイプ的にシーズン1のような気がしてならないんだけれどもあんまり自信ない。
とにかく、未だに懲りていなかったのねっていうか、あの後どうしたんでしょうっていうか……。
更にメンバーが増えているし!女性までいるし(エドの妹らしいけれども)ゲイまでいるし。モー。

続きを読む
posted by sei at 00:03 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(etc) | 管理用

Tue,April 28,2009

とりあえず一言近況

レッドクリフパート2を見てきたのです。だから感想をばりばり書きたいのです……が、今回ツッコミどころが多すぎてちっともまとまらないのです。

なのでとりあえずテンプレデザインだけレッドクリフにしておこうと思います。何がとりあえずなのかサッパリ分かりませんが。

ただ、以前も使った時に思ったのだけれども、やっぱりパート2用のほうは文章が読みにくい!少なくとも私は読んでいてちょっとウンザリしてしまうのです。目が疲れるというか、どうにも長い文章を読む気になれない。
私の記事は残念ながら無駄に長いので、ちょっとデザインが向きません。少なくとも私が読めない!自分で書いたものが読めないとはこれいかに。大体ブログって書いた人が一番の読者なんだから、自分が読めなくちゃ意味がないのです。とはいえ勿論なるべく他の人にも読みやすいように心がけはするけれども。流石に自分だけが読めてもしかたないし、読んでくれている人がいるのも、今では知っているわけだし。

話がずれましたが、そんなわけで体調も回復しつつあった気がしたので頑張って見に行ったのですが、わりと元気だったし咳も出なかったので、その後、これは治ってきたのね!と、余分に貰っていた薬を止めたらあっさり悪化したので、もう少し大人しくしておこうと思う所存です。仕事もなかなか進んでいないし。ダメじゃん。

……そういや明日は祭日だったっけ……。この連休に病院のお休みってどうなってるかな。今日確認しておいたほうがいいかも。薬切れるとヤバイかもしんないし。

と書くと今流行の豚インフルじゃあ、とか言われかねないので書いておきますが、熱も身体の痛みも何もなくただの咳なので、いつものアレルギーにその前の風邪が加わってイヤなことになっているのだと推測されます。
とはいえ、豚インフルはここ数日であっという間に騒ぎになったかのように見受けられるけれど、規制がかかったりしていたのかなあとか、なんか余計な事を考えてしまうわ。

今のところ
WHO、豚インフルエンザの警戒レベルを「フェーズ4」に引き上げ | Reuters.co.jp
ということで、とうとうフェーズ4になってしまったので、やっぱりやばいなとは感じてしまうけれど。既にフェーズ5レベルに近いんじゃないのという気もするし。

とりあえず、
■豚インフルエンザの症状および予防措置 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2596667/4080711
■症状
 38度以上の急激な発熱、咳、頭痛、関節痛、鼻づまり、倦怠(けんたい)感

■予防対策
- マスクを着用する。
- 他人とのキスや握手はさける。
- 食事中、他人と同じ皿の料理を食べたり、ナイフやフォーク類、コップなどの共用を避ける。
- 自宅や職場での換気を徹底し、電話などの共用品を清潔に保つ。
ということで、予防に努めたいと思います。ここんとこずっと気をつけていることではありますが。なんせ風邪ひいているからね。風邪……だと思うけれど、ちょっと気管支炎かな。
posted by sei at 13:30 | TrackBack(0) | 雑記 | 管理用

Sun,April 26,2009

CSI:ベガス8#4&CSI:NY4#16

ちょっと本日余裕がないんでベガスのほうは簡易バージョンで。というか単にまだマニキュアが乾いていななかったのよ、放送が終わった後。ごめん。

■CSI:8#4「怖い水」

首吊り死体。男性だと思ったそれの胸がふくらんでいて……。
そして工事現場から出てきた白骨。

続きを読む
posted by sei at 00:03 | TrackBack(0) | CSI: | 管理用

Fri,April 24,2009

ただいま「立体ピクロス」に夢中

療養中はどうした、って話がないでもないですが、それもあってウッカリ買ったのですこのゲーム。ここのところwiiでプレイしているゲームはもう少し元気な時じゃないと出来ないし、横になってプレイ出来るDSのゲームが欲しいなーそういやこのゲーム欲しかったのよねー、と思って買ってしまったのです。

ヤバイ。

そう、そもそも私はピクロス系のパズルが大好きで大好きで、そりゃあもうきりなくプレイしてしまうくらい大好きで、だから危ないのですこの手のゲームを持たせておくと。
もう一問、あと一問だけ、今失敗して気分が宜しくないからもう一問、調子がいからもう一問、といったかんじで、本気で終わらせることが出来ません。危険すぎ。

更に、「立体」ピクロスというのはある意味お初のゲームです。どんなもんかなと発売前は思っていたのですけれども、TVCMってやっぱりうまくやるとでかいわ、と思ったのですけれども、ざくざく削っていって犬が出てくるアレ、見たらもうこれはプレイしないと!という気になってしまったんだわ。で、私の行く病院の近く、それこそ歩いて1,2分くらいのところにお店があって売っているのもマズイ、ついつい熱に浮かされたかのように買ってきてしまったというわけです。
と、書いているこの文章もなんだか熱に浮かされたまま書いているようだわ。

ま、とにかく面白いです。まだ中級編くらいまでしか行っていないのだけれど、どんどん腕があがっていくかんじがまたたまりません。上級編になったら積みそうな気がしないでもないんですけれども、今のところはなんとかなっているかな。

下手をすると複雑になりそう、マークをする時にウッカリミスが多発しそうなパズルなのに、そのへんもうまいこと作られている気がします。
最初は、削るのに↑、削らないマークに→、というのがうっとうしかったのですけれども。難易度の低いパズルだと、ずーっと何かを押しているような感覚になるから。でも、難易度があがってくるとこのシステムがとても理解出来るのです。これくらい制限しておかないとマズイよねコレ、って。
ま、そういいつつ、それでもケアレスミスは多いのですけれども。よく「0」のブロックの一気消しをしている時に他のところまで削ってしまってミスっているから。ダメそう。

とにかく楽しいです立体ピクロス。と、書いている途中でもまた手が伸びそうで危険すぎ。
立体ピクロス立体ピクロス

任天堂 2009-03-12
売り上げランキング : 52
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 22:52 | TrackBack(0) | Game | 管理用

Thu,April 23,2009

映画「おくりびと」&本「納棺夫日記」

寧ろ書き記しておきたいのは本のほうかもしれないけれども、せっかく見に行ったのだから書いておこうと思います。

さて映画ですが、少し前になりますが付き合いで見に行きました映画館に。私がこの手合いの映画を映画館で見るというのは付き合い以外の何者でもない、上に、付き合いでもまず行かない可能性のほうが高いのだけれども、見る前に、多分想像しているより内容軽いよと聞いたので、それならまあなんとかなるかなと。

重い内容を淡々と描いているところと、最初のとっかかり部分がコメディタッチだったのはうまいと思います。とっつきやすいのよね。いかんせんテーマ自体は重くなりがちなものだから、ここからきついとちょっとつらかっただろうと思うのですが、くすっと笑えるレベルのネタが細々とあるのはいい。後半になるに従ってそういう部分がなくなってしまうのは残念に感じましたが。

殆どの俳優さんもいい味が出ているし、風景や部屋のセットの雰囲気も独特で面白い。映像が綺麗なのはいいです。田舎の風景と、古ぼけた建物、大正風味の和洋折衷。事務所の上にある「社長」の部屋は実に赴きがあって面白かった。そこに存在している住民を含めて。

そして多分評価された一番の部分はこの独特なテーマなんだろうなと思います。
少し前に「悼む人」が直木賞をとったり(これもなかなか凄い小説だった)、なんとなく今の時代の流れがこれなのかなという気がするのです。なんていうんだろう、「死」を見つめること、というか。少し前まで、いや今だって人によっては、場所によっては、死ってタブーなんだろうと思うし触れにくい部分ではあると思うのです。やっぱり縁起悪いとかって思うじゃない。
でもそういうものではないんだよと、見つめて受け止めていかなくちゃならない、誰しもが迎えるものなのだから考えるところなのだよと、この「時代の流れ」が言っているような気がするのです。

あんまり語りたい事ではないのは凄く分かるし私だって嬉しいことだとは思わないのだけれど、でも、考えたほうがいいのだとは思います。
……やっぱりうまくまとめられないなあ。ここが難しくてずっと手が止まっていたのだけれど、結局ここで止まっちゃうのね、私は。これを語らずに映画の感想だけにしておけばいいのでしょうけれども、この映画が今認められたというのは多分そこなんだろうと思うものだから、結局触れたくなってしまうのね。それが問題です。

というわけなので挫折することにします。……今までひっぱってきた意味がないし。

評価は、つまりそういうことかなと思うのです。テーマだと。やはり死を扱ったテーマだろうと。それをあまり重くならず見た人を多分素直に死に向かわせられるような作り方だと。この作品に触れた事によって類似した話を考えさせてくれる、それだろうと。

ただ、ストーリーは短絡的だなと思ってしまわないでもなかったし、時代がよく分からなくて混乱させられた部分があって、それが残念だったかなと思うのです。

時代の違和感ですけれども、最初から奥さんが「webデザイナー」だということで「現代」だと認識するんですけれども、田舎に戻ってからのそれは、明らかにちょっと時代が違うことない?ってかんじがするのです。偏見に関しても、メインになっている仕事に関しても。田舎だし、と思ってもちょっとヘンな気がします。
これは多分その部分から切り離されているような存在の奥さんの雰囲気を出したかったのかなと思わないでもなかったのだけれども、彼女をこんな現代にしかあり得ない仕事にしなければ、そしてそれを冒頭で言ったりしなければ、私はここまで違和感を感じなかっただろうに、と残念に思ったのでした。


そのあと、元になったという「納棺夫日記」を読んだのです。
これで納得。
この、元のインパクトの強い部分を取り込んでいるにもかかわらず、現代の話にしようとしたから生じた違和感なんだわ、映画のあれは。だって本のほうの時代はもっと古いのだもの。そして、こちらは読めば普通に納得出来る内容なのです。本当になんだかちょっと勿体ないと感じました。

しかしこの本が面白い。著者の、なんていうんでしょう、試行錯誤した心みたいなものが強く伝わってくるのです。中にある、「『納棺夫日記』を著して」を読むと、書いているその時やその後の様子も書かれていて、それが、面白いというのは違うかもしれないのだけれども、実に面白い。途中の親鸞に関する、宗教の話は少々小難しく理屈っぽいと感じますが、私には納得しやすいものでした。

これから、自然死であるにしても人の大量死が出る時代になってしまうから、そうなるとやっぱり死を見つめて生きていくというのは大事な事なのだろうと感じます。考え方を変えれば、多少は、直面した時につらくない、かもしれない。全くそうではないかもしれない。ただ、知っておくということは悪くないと思います。

そしてこの「納棺夫日記」に出会うきっかけを作ったくれた作品として、私は「おくりびと」には感謝したいのです。それはそれで失礼かなと思うのだけれども。
あと、やっぱり、たくさんの人を「死」に向けさせた力は凄いと思います。それが忌むべきことでもなんでもないのだということと共に。
おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
本木雅弘, 広末涼子, 余 貴美子, 吉行和子, 滝田洋二郎

アミューズソフトエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 11
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

納棺夫日記 (文春文庫)納棺夫日記 (文春文庫)
青木 新門

文藝春秋 1996-07
売り上げランキング : 60
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by sei at 23:59 | TrackBack(0) | Movie(etc) | 管理用

Wed,April 22,2009

「SUPERNATURAL」#56+α

昨日珍しいものを書いたせいでドラマの感想が続いてしまうじゃないのよ。
とはいえ、ドラマの感想以外はちょっと休んでおこうと思っていたので(本気でまだ体調が良くないのであります)、結果的に毎日更新になっているじゃない、って話がないでもないのだけれど。
昨日他の病院に行きまして(前回は出先だったから)新たに薬を処方して貰ったのだけれど、薬、漢方薬が一つ増えてしまったのだけれども、これがけっこう効いてくれている気がします。前より咳が止まっている時間が長くなった気がするから。でも喉はまだ強烈に痛くて、コレが怖くてかなわんです。喉の炎症って、すぐ熱が出るでしょ。あれがいやん。

さて、スパナチュです。

■#56「新たなる先導者(Jus In Bello)」…サムを敵視する悪魔、白い目のリリス。

見ている時は緊迫感があってスパナチュにしては珍しくかなり集中して見てしまったのだけれども、感想を書くとなると悩む、そんなエピソードだった気がします。

続きを読む
posted by sei at 00:21 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(etc) | 管理用

Tue,April 21,2009

リ・ジェネシス4#2&ミディアム4#2

先週から増えているドラマ観賞、久しぶりの月曜日wowow枠、リ・ジェネシスとミディアムですが、この二つはお気に入りのドラマのわりには感想をいつも書かないのよね。それはそれでアリだと思っているのだけれども、スパナチュを書いているのになんででしょう、という気がしないでもないんでした。好きランクが高ければ感想を書いているというわけでもないのよね多分。ツッコミどころが多いものとか、何か書き記したくなるものになるのよね、多分。HEROESなんてその最たるもんだと思っているし。

でも今回はちょっとメモがてら。大体リ・ジェネシスは本当にいつも忘れがちでやばいのよ。一気に見るべきなのよ。シーズン1,2は先行放送がそうだったのにねwowow。あれは大変だったけれどもかしこかったと思っているわ。お盆の蒸し暑くて大変な時期にちょっと救われたことと、忙しい正月にやってくれて参ったこと、未だに忘れない。

続きを読む
posted by sei at 00:15 | TrackBack(0) | 海外ドラマ(wow系) | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。